世界初、携帯電話とWebサービスの直接通信による連携サービス「salesforce.com Mobile Edition for au」の提供について業務提携

-2005年8月より、無料サービスを開始-
 
2005年6月13日
米国セールスフォース・ドットコム
KDDI株式会社
最先端Webサービスを利用したオンデマンドCRMのリーディングカンパニーである米国セールスフォース・ドットコム(本社:米カリフォ ルニア州サンフランシスコ市 ニューヨーク証券取引所:CRM 会長 兼 CEO:マーク・ベニオフ 以下:SFDC)とKDDI株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:小野寺 正 以下:KDDI)の2社は、このたび、au携帯電話とオンデマンドCRMサービス「 salesforce.com」の連携に関する業務提携について合 意しました。この提携により、法人向けに携帯電話を活用した業務アプリケーション「salesforce.com Mobile Edition for au」を共同販売します。
 
今回のサービスを提 供するにあたり、SFDCは、KDDIが世界で初めて開発に成功したBREWR※1で動作するSOAP/XMLベースのミドルウェア※2上で、 「salesforce.com」専 用のBREWRアプリケーションを開発しました。これにより、ゲートウェイを介さず、au携帯電話と 「salesforce.com」サーバ間との直接通信がSOAPプロトコル※3で実現可能になりました。& amp; amp; amp; amp; lt; /td>
 
サービス名称:「salesforce.com Mobile Edition for au」
*URL: http://www.salesforce.com/jp/products/mobile-au.jsp 

料金:月額1,575円/名(税込み)
*「salesforce.com Professional Edition /Enterprise Edition」のいずれかのご契約が別途必要と なります。本サービスは、オ プションサービスとしてのご提供になります。

対応機種:W31K、W31SA
*Wシリーズ(一部を除く)について順次対応予定。
 
「salesforce.com」について
「salesforce.com」は、セールスフォース・ドットコムが提供する、マーケティング、営業、サポート部門を支援し、優良顧客を発掘、獲得、維 持することを目的としたオンデマンドCRMサービスです。インターネットに接続する環境があれば、24時間365日、どこからでも利用可能で、顧客の要望 に合わせたカスタマイズも容易に行えます。価格は、P rofessional Editionが7,875円(月額 / 1ユーザ、税込み)、Enterprise Editionが15,750円(同)、 Team Editionが100,800円(年額 / 5ユーザ、税込み)となっています。「salesforce.com」は11言語に対応しており、2005年1月末現在、全世界13,900社、 227,000人に利用されています。なお、セールスフォース・ド ットコムでは、新規導入を検討している顧客向けに30日間の無料トライアルサービスも提 供しています。
 
<提供する機能>
下記の機能により、携帯電話を活用したCRM/SFAの実現が可能になります。
1.「salesforce.com」サーバからau携帯電話へのデータのダウンロード。
2.au携帯電話上で、データの参照、編集および新規データ登録機能。
3.携帯電話、サーバ間のデータ同期機能。
4.オフラインおよびオンラインでの検索機能。
5.セキュリティ機能:携帯電話を紛失したときには、リモート操作により全データの消去が可能。
当面、携帯電話で顧客情報管理、商談管理、行動予定管理、スケジュール管理などの機能を提供し、順次提供する機能を拡大していく予定です。
 
「salesforce.com Mobile Edition for au」は、7月1日から数社への試験サービスを提供開始し、8月1日から無料サービス施行、1 0月1日より有料サービス化する予定です。
 
ま た、SFDCが、2004年12月に実施したユーザの調査結果から、携帯電話との連携に対する顧客の要望が70%以上という事実が明らかになっており、今 回のサービスの提供は、こ の顧客の要望に応えるものです。SFDC とKDDIは、双方のユーザ数拡大を目的に、営業活動を共同展開します。
 
※1:BREWRおよびBREWRに関連する商標は、Qualcomm社の商標または登録商標です。 <BREWRとは>。
Binary Runtime Environment for Wirelessの略称。2 001年1月にQUALCOMM社が発表したcdmaOne/cdma2000携帯電話向けのアプリケーション開発プラット フォーム。C言語/C++言語を利用してのアプリケーション開発が可能で、日 本ではKDDIがau携帯電話向けにサービスを提供しています。
 
※2:今回のアプリケーションおよびミドルウェア は、KDDI-MSP(モバイルソリューションパートナー)である、株式会社テクノフェイス(本社:北海道札幌市 代表取締役社長:栗田 好和)が 開発を請け負いました。テクノフェイスは、北海道大学、北海道中小企業総合センターおよび北海道内のIT企業等の出資により設立されたベンチャー 企業です。
 
※3:SOAP。
XMLをベースとして、インターネット上でアプリケーション間連携を実現するプロトコル。
 

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。