松下電工インフォメーションシステムズとセールスフォース・ドットコム、「Salesforce」と企業内基幹システムの連携ソリューションの展開において技術提携

- リアルタイムでの「営業の可視化」を支援 -
 
2006年1月16日
松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
株式会社セールスフォース・ドットコム
 
情報システムの企画から開発・運用・保守までを行うシステム・インテグレータの松下電工インフォメーションシステムズ株式会社(本社:大阪市北区、代表取 締役社長:河村 雄良、以下 松下電工IS)と オンデマンドCRM(※1)のマーケットおよびテクノロジーリーダーである株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都渋谷区  代表取締役社長:宇陀 栄次、以下 セールスフォース・ドットコム)は、こ のたび、「Salesforce」と企業内基幹情報システム(社内システム)の連携ソリューションの提供において技 術提携することで合意しました。このシステム連携により、営 業で得られる前線の情報を全社レベルで容易に把握できる「見える営業」を実現し、営業情報をす ばやく事業展開に活かすなど、前線・後方一体の事業活動を支援します。

「Salesforce」は、企業内の顧客情報、営業状況、売上状況などの重要な営業情報をリアルタイムで可視化し、生産性向上を支援することを目的としたオンデマンドCRMサービスです。ユ ーザはSFA(セールス・フォース・オートメーション※2)をはじめ、カ スタマーサービス&サポート、マーケティング支援、多角度分析など、C RMに必要とされる全てのアプリケーションをオンデマンドで利用できます。「 Salesforce」は、2005年10月 31日現在、全 世界で18,700社、351,000人に利用されています。

今回の提携に基づき、両社は、「Salesforce」と企業内基幹情報システムのSIソリューションを提供します。「Salesforce」との連携には、イ ンフォテリア株式会社の提供する情報システム連携ソフトウェア「ASTERIA」(※3)を用いる予定で、今後、「ASTERIA」に「Salesforce」と の連携をスムーズに行える機能を付加するオプションアダプタを松下電工ISで開発し、2006年4月を目処に、このSIソリューションを販売開始する予定です。

松下電工ISでは、今回の提携により、CRM分野でのソリューションの拡充をはかります。同社では、他のSFA支援システムとの比較検討の結果、短期間での導入、段階的な導入、ユ ーザ自身によるカスタマイズなどが可能な点を評価し、「Salesforce」を選択しました。
 
松下電工ISは、「ASTERIA」に関しては既に 50社近くの導入実績を持っており、「Salesforce」との連携ソリューションを提供することで、営業情報の活用度を高め「見える営業」実 現に向けてシステム支援を行い、さらなる顧客満足度の向上とビジネスの拡大を図ります。
 
「Salesforce」と社内システムとの連携については、特に大企業からの要望が高く、セールスフォース・ドットコムでは、この要望に応えることで、大規模企業での導入促進を図ります。また、今 後、松下電工ISの販売網での展開により、さらなるユーザ数の拡大を図ります。

インフォテリア株式会社代表取締役社長/CEO平野洋一郎氏は、次のように述べています。「今回の技術提携により、お客様の既存システムを活かしながら セールスフォース・ド ットコム社のCRMサービスとをシームレスに連携することが可能となります。また、セールスフォース・ドットコムの『オンデマンド CRM』とASTERIAの『ノン・コーディング』の強力な連携により、ニ ーズに合わせたシステム構築と改変がシームレスに実現でき、お客様の経営戦略に 必要な情報をタイムリーに入手することが可能となります。この新たな組み合わせが、多くのお客様のIT活用をさらに進化させ、ビ ジネスの伸張に貢献するこ とを大いに期待しております」

※1 CRM (Customer Relationship Managementの略)
情報システムを活用して企業が顧客と長期的に良好な関係を維持していく手法で、顧客データベースに蓄積した商品の販売履歴、保守サービス、ク レーム対応などの情報を一元管理して顧客の満足度と利便性を高めることで実現します。
※2  SFA (Sales Force Automationの略)
従来の経験や勘に頼っていた営業を、ITを用いて効率的に行い生産性向上や顧客満足度を高めるためのツールでCRMの一環として位置付けられる。
※3 ASTERIA
STERIA(アステリア)は、直観的なグラフィカル・プログラミングによって様々なシステムのデータを連携させることが可能な統合プラットフォームです。データベース、ウェブ、メール、XML、P DFなど、数 多くのデータフォーマットや通信プロトコルに対応したアイコンをマウスで「つなぐ」ことにより、様々なシステムの連携を極めてスピーディに行うことができます。レガシーからクライアント/サーバ、イ ンターネットに至るまで、これまで企業内外の業務に活用されてきた様々な世代のシステムを、データを介して橋渡しする基盤として、既に200社以上の企業に導入されています。 http://www.infoteria.com/jp/product/asteria

ASTERIA+Salesforce連携アダプタを介して、Salesforceと企業内基幹情報システムとのスムーズな連携を図ります。

【 松下電工インフォメーションシステムズ株式会社について 】
松下電工インフォメーションシステムズは、巨大なiDCと東名阪を結ぶ超高速ネットワークを核とした1800箇所を結ぶ国内ネットワークを有しています。 このインフラを基盤に40年にわたる豊富なシステム構築経験と運用ノウハウを強みとして、情報システムに関わるインテグレーション全般、アウトソーシン グ、ASPサービス、情 報ネットワークサービスなどの多岐にわたるトータルソリューションサービスを供提しています。特に流通や製造などの業務を熟知した SEを多く抱えており、お客様の経営課題に対し、コ ンサルティングからシステム構築・運用までのワンストップソリューションを提供しています。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。