世界初のオンデマンド・アプリケーション・プラットフォーム「AppExchange」と「Salesforce」の最新版「Winter’06」を発表

2006年1月24日
株式会社セールスフォース・ドットコム
Web上でのオンデマンド・ビジネスを確立するための取り組み“ビジネスウェブ”を推進

Skype、ビジネスオブジェクツ、マクニカ、シャノンなど、
日本で20以上、全世界では160以上のオンデマンド・アプリケーションが利用可能


オンデマンドCRMサービスのテクノロジーおよびマーケットリーダーである株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 宇陀 栄次、以下 セールスフォース・ド ットコム)は、本日、世界初のオンデマンド・アプリケーション・プラットフォーム「AppExchange」と、オンデマンドCRM ソリューション「Salesforce」の最新版「Winter ’06」を 発表しました。この2つの新しいサービスは、Web上でのオンデマンド・ビジネスを確立するための取り組み“ビジネスウェブ” を推進するものです。

“ビジネスウェブ”について
“ビジネスウェブ”は、オンデマンド・アプリケーション、サービス、コンポーネント、製品開発といったネットワークで構成され、“ビジネスウェブ”を活用 することで顧客はすべてのビジネスをオンデマンドで遂行することが可能となります。 “ビジネスウェブ”は、ソフトウェアのサービス提供、インターネットとテクノロジーにおける新たな基準、そして革新、連 携とITの民主化に基づく設計理念 があって初めて実現するものです。“ビジネスウェブ”により、システム開発者やベンダーは、他の開発者、ユーザ、顧客企業、パートナーが統合、改良した新 しい機能やコンポーネントをオンデマンドで、迅速かつ容易に導入することが可能になります。“ビジネスウェブ”では、単一のプロバイダがアップグレードの タイミングをコントロールするというこれまでのソフトウェアモデルとは全く異なり、顧客は新機能の追加やアップグレードについて懸念することなく、システ ムの統合や導入を自身によって行うことが可能です。

“ビジネスウェブ”というユビキタスな環境においては、セキュリティ、可用性、信頼性、拡張性を提供することは、必要不可欠な条件です。また、“ビジネスウェブ”には、ウェブを利用することにより、従 来のソフトウェアよりもさらに効果的な業務遂行を保証する新たなプラットフォームによって生み出される、運用上のコアコンピテンシーが必要となります。

本日発表の「AppExchange」は、その単一データモデル、高いセキュリティ、拡張性、弾力性、オープンAPI、開発環境といった特長で、“ビジネスウェブ”に よる最大限の利益を得るために必要なオンデマンド・プラットフォームです。

セールスフォース・ドットコムの会長 兼 CEO、マーク・ベニオフ氏は次のように述べています。「“ビジネスウェブ”の世界へようこそ。『AppExchange』は、ウェブを利用して実施する 全てのビジネスにとってまさに革新的なプラットフォームです。『AppExchange』のパートナー企業リストを見ればIT業界がオンデマンド・モデル へとシフトしていることは一目瞭然でしょう。『 AppExchange』とパートナー企業は、オンデマンドで企業情報を管理、共有するために費やす多くの 企業リソースを肩代わりします。サービスの使いやすさ、迅速な統合と導入というオンデマンド・ソ リューションのメリットはこのサービスの改良をさらに促 し、既存の大企業が提供しているようなCRMのイメージを根底から覆すでしょう。当社のサービスを利用して成功したコミュニティの創造性をさらに活用する ことで、“ビジネスウェブ”は真の意味で『ソフトウェアの終焉』をもたらしたといえます。」

「AppExchange」について
「AppExchange」は、世界初のオンデマンド・アプリケーション・プラットフォームです。システム開発者やパートナー企業は、自身が開発した製品を、「AppExchange」上で「 Salesforce」の18,700の顧客企業と351,000のユーザに対して公開、販売、配布することが可能になります。「AppExchange」向 けに作成されたアプリケーションは完全にオンデマンドで管理されるため、データセンターやインフラの構築・管理の必要性がありません。パートナー企業は、セールスフォース・ド ットコムが提供するサービスを利用することで、自社のソリューションに対し、「Salesforce」の高いセキュリティ、拡張性、信頼性というメリットを付加することができます。

「AppExchange」上のアプリケーションは、「Salesforce」のオンデマンドCRM製品ラインを大幅に拡充するだけでなく、金融、電子署名、ドキュメント管理、プロジェクト管理、貸 付と回収、移動性労働力の管理、データクレンジング、プロフェッショナルサービス管理、人事管理など、数多くの新しい分野のアプリケーションを提供します。「AppExchange」の利用により、顧客は、全 ての企業情報をオンデマンドで容易に管理、共有することが可能になります。「AppExchange」の利用およびアプリケーションの試用は無料です。 パートナー企業が提供するアプリケーションは通常有料ですが、セールスフォース・ドットコムによって認定されたアプリケーションは当面、無料で提供します。また、セールスフォース・ド ットコムはパートナーが作成したアプリケーションの販売については手数料を徴収しません。

現在「AppExchange」は、日本で20以上、全世界で160以上のビジネス・アプリケーションを提供しています。これらのアプリケーションは、セールスフォース・ドットコム、顧客企業、開 発者やパートナーによって作成されたもので、Skype、ビジネスオブジェクツ、マクニカ、シャノンなどによるアプリケーションなどがあります。全てのアプリケーションは、w ww.salesforce.com/jp/appexchange上からダウンロードし、導入することができます。

「AppExchange」のシステムは、2005年9月から試験運用を行っていました。その期間には全世界で75,000以上のアプリケーションの試用が行われました。米 国での本サービス移行後は1,800ものアプリケーションのインストールが実行されました。

「Winter ’06」について
「Winter ’06」は、19世代目となるオンデマンドCRMソリューション「Salesforce」の最新版で、新しいユーザインターフェースやテリトリー管理を始 めとする200以上の機能を追加しています。「Winter ’06」は、本日より18,700の全顧客企業と351,000の全ユーザによる利用が可能です。「Salesforce」は、オンデマンド・モ デルの サービスのため、最新版への更新は自動的に行われ、世界中の全ユーザが追加料金なしで利用できます。さらに、全ての既存のカスタマイゼーションとインテグ レーションも、シ ームレスに最新版に移行されます。「Winter’06」には、チームエディション、プロフェッショナルエディション、エンタープライズ エディションがあり、導 入規模と企業規模によって製品を選択することができます。また、セールスフォース・ドットコムは、「Salesforce」の活用 を支援するサービスとして、「Salesforce Sandbox」「 Salesforce Service & Support」も併せて発表しました。

「Winter’06」の機能詳細
・ 次世代のユーザインターフェース
新しいユーザインターフェースは、これまで以上に無駄のない使いやすいインターフェースです。セールスフォース・ドットコムのユーザは、顧客やオンデマンド・ビ ジネスの情報に集中することができます。バージョンアップ後に、旧インターフェースを使用することも可能です。
・ テリトリー管理
テリトリー管理は、ワークフローでルールを割当することにより、重要なマーケットの開拓やビジネスチャンスの拡大を目的とした営業およびサポート組織の編成を可能にし、最 大限の効率性をもたらします。
・ 統合キャンペーンビルダー
統合キャンペーンビルダーは、より投資対効果の高い強力なマーケティングキャンペーンを実現する統合セグメンテーションウィザードにより、キャンペーン実行におけるプロセスを効率化します。
・ カスタマイザブル売上予測
カスタマイザブル売上予測は、完全な柔軟性と正確性を備え、顧客独自のニーズに合わせたレポート作成を可能にします。(数量別、担当者別、期間別、その他の指標別)
・ 分析機能の強化
レポート検索、新しいビュー、カスタマイズ機能を含む分析機能の強化により、迅速かつ確実な意思決定を支援します。
・ Outlook Edition 2.0
Outlook Editionは、「Salesforce」と「Microsoft Outlook」の同期を可能にします。新バージョンでは、ユーザの生産性向上、ユ ーザインターフェースの強化、ナビゲーションの向上、より強力な管理制 御およびオプションを実現する統合された同期機能を搭載しています。
・ Offline Edition 2.0
Offline Edition 2.0は、データ量に制限がなく、項目レベルの競合解決を可能にし、リードおよびカスタムオブジェクト関連リストを備えた完全に再設計可能なアーキテクチャです。

Salesforce Sandbox
「Salesforce Sandbox」により、企業は、ワンクリックで完全にコピーされた拡張性の高いオンデマンド製品環境を作成し、カスタマイズやインテグレーション、テスト、開発、ト レーニング目的に使用することができます。「Salesforce Sandbox」は、Enterprise Editionの追加オプションとして利用可能です。価格は、3,150円(月額 / 1ユーザ、税 込み)です。また、データを含まず、環境設定のコピーのみ可能な「Configuration-Only Salesforce Sandbox」は2,310円(月額 / 1ユーザ、税込み)で提供します。

Salesforce Service & Support 2.0
・ エージェントコンソール
エージェントコンソールは、迅速かつ容易なサポート業務を実現するための最適化されたインターフェースで、AJAXにより開発されたものです。
・ 推奨ソリューション
推奨ソリューションは、サポート担当者の効率向上を目的としたものです。同ソリューションを活用することで、サポート担当者は、ケースに応じたベストソ リューションを自動的に検出することができます。また、この推奨ソリューションは、多くのケースが解決されるにつれて、結果の精度が向上する自己学習アル ゴリズムを搭載しています。
・ オープンCTI(コンピュータ・テレフォニー・インテグレーション)
主要テレフォニーベンダー各社とのCTI統合機能を搭載しています。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。