米国セールスフォース・ドットコム、モバイル・ユーザ向けに「AppExchange Mobile」を発表

The Business Webと次世代のワイヤレス・アプリケーションを提供
 
ワイヤレス・アプリケーション・テクノロジーのリーディング企業であるSendia社を買収

オンデマンド・アプリケーションがシームレスにモバイル環境下で提供可能となり、
現在60種類のモバイル・アプリケーションがAppExchange上で利用可能
 
2006年4月12日
米国セールスフォース・ドットコム
オンデマンドCRMサービスのテクノロジーおよびマーケットリーダーである米国セールスフォース・ドットコムは、本日、Sendia社を1,500万米ドルで買収したと同時に、次世代のモバイル・ア プリケーション「AppExchange Mobile」を発表しました。オンデマンド・プラットフォーム「AppExchange」とSendia社のモバイル技術の組み合わせにより、「 AppExchange」上で現在利用可能なオンデマンド・アプリケーションの60以上が、モバイルで利用可能になります。「AppExchange Mobile」を利用することで、現 在および将来のAppExchangeパートナーの全てが、オンデマンド・アプリケーションを、追加の開発コストを掛けることなく、また、モバイル端末への拡張が迅速かつ容易に行えます。
 
「AppExchange Mobile」は、さまざまなプラットフォーム向けに開発を行う必要性、開発および導入時に発生するコストおよび複雑さといった、モバイル・ア プリケーションの開発に伴う課題を大幅に軽減します。今日、ISV(独立系ソフトウェアベンダー)や開発者は、複数キャリアでの利用を可能にするために、数 多くのプラットフォームやOSに対応したアプリケーションの開発を余儀なくされています。そのため、開発、テスト、品質監査のサイクルの長期化につながり、開発費用が大きな負担となっています。「 AppExchange Mobile」は、開発者に新しい開発モデルを提供します。開発者は、オンデマンド・プラットフォーム「AppExchange」上でアプリケーションを構築するだけで、追 加のコーディングを行うことなく、モバイルPCだけでなく、様々なモバイル端末でも実行することができます。
 
セールスフォース・ドットコムの会長 兼 CEOのマーク・ベニオフは、次のように述べています。「『AppExchange Mobile』は、当 社の顧客とパートナーの双方にとって重要な課題を解決します。当社の顧客は、オンデマンド・アプリケーションを自宅や外出先で利用するモバイル・ユーザにも拡張する手段を切望しており、また、開発者は、こ れに対応する手軽な方法を必要としています。『AppExchange Mobile』によって、AppExchange上のアプリケーションを開発し、そ れをモバイルで利用可能にするために必要とされる追加のコーディングが不要になります。『AppExchange Mobile』は、モバイル・アプリケーションを民主化し、さらにオンデマンド・モデルの能力、創 造性、自由度とThe Business Webを拡張し、当社の顧客とパートナーの成長をもたらします」
 
Sendia社のプレジデント 兼 COOのアレックス・クリス(Alex Klyce)は、セールスフォース・ドットコムの「AppExchange Mobile」ビジネス部門の上級副社長 兼 ゼネラル・マネジャーに就任しました。
 
クリスは、次のように述べています。「私たちSendia社のスタッフは、セールスフォース・ドットコムの『AppExchange』において中心的な役割を担うことに興奮しています。『 AppExchange Mobile』により、開発者やパートナーは、最初にアプリケーションを開発して、その後でモバイルOSに移植するという手間を掛けずに、オンデマンド・アプリケーションとモバイル・ア プリケーションを同時に作成することができます。いまや、パートナー企業は、ワイヤレス・アプリケーションとモバイル・アプリケーションを『AppExchange Mobile』を利用して開発、販 売ができるのです」
 
オンデマンド・プラットフォーム「AppExchange」のモバイルへの拡張
「AppExchange」は、企業に単一のプラットフォームを提供します。顧客は、完全にカスタマイズ可能かつオープンな開発プラットフォーム上で、全てのアプリケーションを管理・実行可能です。「 AppExchange」は、また、一貫したセキュリティ・モデル、単一のデータ・モデル、一貫した知識をユーザに提供します。 2006年1月の発表以来、「AppExchange」か らインストールされたアプリケーションの数は、7,100以上に達しています。また、2005年 9月のプレビュー開始以来、100,000以上のテスト・ドライブが実行されています。「AppExchange Mobile」の詳細については、以下のサイトをご参照ください。
http://www.salesforce.com/appexchangemobile
 
「AppExchange Mobile」は、モバイル開発向けの重要な機能を提供します。この機能には、無線管理、セキュアで信頼性の高いデータ移行、RIM社の BlackBerryのような携帯端末やIntel社のCentrino、Palm OS、RIM OS、Windows Mobile(ベータ版)な どのモバイルOSおよびプラットフォームのサポートといった機能が含まれます。
 
「Salesforce SFA」「Salesforce Service & Support」「Salesforce Marketing」を含むオンデマンド・アプリケーション「 Salesforce」に加え、「AppExchange」上の60以上のアプリケーションが、本日より、「AppExchange Mobile」を通じて利用可能です。
 
株式会社 浅野歯科産業の代表取締役社長 浅野弘治 氏は、次のように述べています。「当社では、『Salesforce』の採用と同時に、『Salesforce Mobile Edition for au』の採用を決めました。スピードとフレキシビリティが要求される当社の営業活動には携帯端末の利用が不可欠でした。今回の『AppExchange Mobile』の発表は、世 界初の最先端のサービスであり、日本への展開に非常に期待しております」
 
また、某飲料メーカーでは「従来、営業活動にPDA と携帯電話の複数の端末を利用して、営業活動をしていました。しかし、リアルタイムに営業状況を把握するため、『Salesforce Mobile Edition for au』によりひとつの端末で、スケジュールや商談の更新ができる『Salesforce』の採用を決定しました。『AppExchange Mobile』の発表により、今 後利用の幅が格段に広がると期待しています」と述べています。
 
価格と提供について
「AppExchange Mobile」は、本日より利用可能です。Enterprise EditionおよびProfessional Editionユーザは、月額50米ドルで、U nlimited Editionユーザは、追加の料金を支払うことなく利用できます。
 
セールスフォース・ドットコムのSendia社の買収について
セールスフォース・ドットコムは、ワイヤレス・ビジネス・アプリケーション・プラットフォームのリーディング企業であるSendia社を、1,500万米ドルで買収することで合意に達しました。こ の買収により、セールスフォース・ドットコムの顧客は、携帯端末を通じて、世界で最も普及しているオンデマンド・アプリケーションにアクセスすることが可能になります。
 
Sendia社は、カリフォルニア州サンタモニカに拠点を構える従業員35名の企業です。Sendia社の79におよぶ全顧客はセールスフォース・ドットコムの顧客でもあります。
 
買収による会計上の調整、統合関連費用を受け、セールスフォース・ドットコムでは、今回の買収は、2007年会計年度の利益には影響を及ぼさず、一 般会計原則に基づく1株当たり利益および一般会計原則に基づかない1株当たり利益は、第1四半期でおよそ0.01米ドル、通年では、およそ0.03米ドル~0.04米ドル減少すると予測しています。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。