セールスフォース・ドットコム、世界初のオンデマンド・プログラミング言語およびプラットフォーム「Apex」を発表

2006年10月11日
株式会社セールスフォース・ドットコム

「 AppExchangeディレクトリ」を通じて、利用可能なアプリケーションの応用範囲が
大幅に拡張、あらゆるエンタープライズ・アプリケーションがオンデマンドで提供可能に


オンデマンド・ビジネス・サービスのマーケットおよびテクノロジーのリーディングカンパニーである米国セールスフォース・ドットコムは、ビ ジネス・ア プリケーションの未来を決定づける画期的なマルチテナント・プログラミング言語とそのプラットフォームである「 Apex(エイペックス)」を発表しました。「 Apex 」は、業 界をリードするセールスフォース・ドットコムのオンデマンド・サービスの構築を可能にしたのと同じ言語、プラットフォームをそのまま活用し、ユーザ、パートナーおよびデベロッパーを支援します。「Apex」の コードとアプリケーションはセールスフォース・ドットコムのサービス上で動作し、ユーザ企業が複雑なソフトウェア・インフラを自ら購入したり、自 社内に配備したりするためのコスト負担から解放される業界初の仕組みです。「Apex」は、技術革新のための完全な自在性を備えており、セールスフォース・ドットコムの最大の強みである安全性・信頼性・拡 張性および利便性を持ったアプリケーションをオンデマンドで作成し、実行させることができます。「AppExchange ディレクトリ」を通じて利用可能な「Apex」により、ユ ーザやパートナー企業はあらゆるタイプのビジネス・アプリケーションからそれぞれのビジネス要件に応じたアプリケーションを選択して利用できるようになります。

セールスフォース・ドットコムの会長兼CEOであるマーク・ベニオフは、次のように述べています。「今回の発表はセールスフォース・ドットコムがこれまでに行った発表の中で最も重要な発表です。当 社の独立系ソフトベンダーのデベロッパーやユーザは『Apex』を利用して、本来は当社のインフラ上のみで動作するコードを作成できるようになるでしょう。つまり、セールスフォース・ド ットコム独自のデベロッパーと同じ機能がユーザやデベロッパーに提供されることになるのです。『Apex』はソフトウェア業界にこれまでにないレベルの全く新しい技術革新をもたらすでしょう。なぜなら、私 達がセールスフォース・ドットコムのオンデマンド・アプリケーションで提供しているのと同じオンデマンド・インフラを世界中のデベロッパーにサービスとして提供することになるからです。ユーザは、オンデマンド・ア プリケーションの構築、配布、および提供のために、いかなるタイプのハードウェア、ソフトウェア、データセンターまたはインフラストラクチャも必要ありません。『Apex』と『 AppExchangeディレクトリ』がそれらの全てを実行可能とするからです。」

また、デル・コンピュータの会長 マイケル・デル氏は、次のように述べています。「セールスフォース・ドットコムは『Apex』によってオンデマンド・アプリケーションが持つ概念そのもの に変革をもたらします。当社は、『Apex』プラットフォームが数百のDell PowerEdgeサーバー上で動作していることに大変満足しています。私はセールスフォース・ドットコムが、産 業界がオンデマンド・ビジネスの革新のた めに注目している新しいスタンダードを確立したと信じています」

AMR社の主席調査員であるブルース・リチャードソン氏は、次のように述べています。「『Apex』によりCIOやIT部門の責任者がインフラではなくア プリケーションの革新に集中することが可能になります。企業は現在、サーバーやその他のインフラが動作をし続けることのみに対して時間と予算を使いすぎて います。『Apex』により、全 てのユーザがオンデマンド・アプリケーションの開発が可能になります。また、ユーザやパートナー企業はインフラ整備をアウトソースし、ITへの投資によってビジネスの価値を高めることに注力することができます」

今後のオンデマンド・アプリケーションの開発を加速させる「Apex」
「Apex」 により、オンデマンドで作成・実行されることが可能なアプリケーションの世界が大幅に拡大します。「Apex」はセールスフォース・ドットコムのサービス 上で完全に動作するため、オ ペレーティング・システム、データベース、アプリケーションおよびWebサーバー、データセンター、およびその他のインフラの 必要性を完全に排除します。「Apex」で作成、実行、保 存されたコードは完全にマルチテナントになり、不良コードをユーザが実行することがないように保 護され、セールスフォース・ドットコムのサービスと組み合わされ、自動的にアップグレードされます。

ユーザは「Apex」の活用により、それぞれ独自のビジネス・ニーズに応じたオンデマンドCRM「Salesforce」の展開において中核となる特長や 機能をカスタマイズすることができます。ま た、キャンペーン管理、案件管理あるいは商談管理といった「Salesforce」のコンポーネントのプログラ ム再設計や、完全に新しいコンポーネントを最初から構築することを可能にします。

ユーザは「Salesforce」を始めとするオンデマンド・ビジネス・アプリケーションにより、これまでに収めてきた成功をさらに拡大させることが可能 になります。さらに、オ ンデマンドではこれまで不可能だった強力なアプリケーションとのエンタープライズレベルでの統合が可能になります。例えば、統合業 務ソフトパッケージや在庫管理のような極めて複雑なアプリケーション、e コマースで利用される高度のトランザクションが要求されるアプリケーション、およ び製造管理や金融サービス等で使用されるような極めて高度なアプリケーションを始めとするアプリケーションです。ユーザは、カ スタム・アプリケーションを オンデマンドで作成し、従来よりもさらに迅速に、簡単にかつ強力に実行することが可能となります。

Borland Software社のビジネス・オペレーション担当 副社長 兼 CIOのクリス・バービン氏は、次のように述べています。「セールスフォース・ドットコムの『Apex』は 今日のソフトウェア・エコノミーのトレンド、す なわちコントロールをユーザに戻すという、よりオープンでフレキシブルなシステムへの移行傾向を示しています。これはBoland社自身のソリューション 戦略と一致しており、お客様に対するプライオリティが高くなりつつあります。『Apex』は、当社の要求条件や、プロセス、および制約条件に適合したエン タープライズ規模のビジネス・ア プリケーションの提供を可能にする、信じられないほど強力な基盤となります」

「Apex」プログラミング言語について
「Apex」は世界初のオンデマンド・プログラミング言語です。ユーザやデベロッパーは、「Apex」の持つ機能を完全に活用することにより、カスタム・ コンポーネントの作成から、既 存のセールスフォース・ドットコムのコードのカスタマイズや変更、およびトリガーや保存されるプロシージャの作成、複雑なビ ジネス・ロジックの構築から実行までのすべて、およびセールスフォース・ド ットコムのマルチテナント・サービス上での完全な実行等、あらゆることを行うこ とができます。「Apex」はJavaに似た開発言語であり、安全性が高く、簡単で動作が高速であり、ど んなJavaプログラムとも強い親和性がありま す。「Apex」を活用して作成されたものはすべて、Webサービスとして利用することができ、SOAPやXMLを介してアクセスすることが可能です。

「Apex」プラットフォームについて
「Apex」はサービスとしてのアプリケーションを開発するための完全なプラットフォームです。「Apex」プログラミング言語に加えて、「Apex」プ ラットフォームを活用することにより、組 み込みマッシュアップ、分析、可動性、ワークフローおよび認証等のための機能が利用可能になります。さらに新しい APIを活用することにより「Apex」プラットフォームはインテリジェンスを提供します。同 プラットフォームに追加された新しい機能は次のとおりです。

■データ連携API:この機能は複雑なデータ連携、たとえばアカウントに関する一連の情報、購入してきた全製品、およびそれらのコンタクト先等のデータへ のアクセスおよび管理を単一のリクエストで行うことができます。この機能はデータベースのJOIN機能と似ていますが、「Apex」では、統合の速度と簡 素化の両方が強化されています。

■リアルタイム・メッセージングとインテグレーション:この新機能は、ミドルウェア・システム、メッセージ・バス、ソフトウェア・アプリケーションなどの アプリケーションで、新 規顧客の開拓や商談の終了といったビジネスでの出来事をオンデマンドCRM「Salesforce」に即座に通知することを可能に します。この機能により、複数のシステムにまたがるビジネス・プ ロセスをシームレスにかつ遅滞なく実行することができるようになります。

■AJAXツールキット:AJAXツールキットは「Salesforce」とGoogle MapsやSkypeのVoIPサービスを始めとする他のシステムとの間でビジネス・マ ッシュアップを作成するためのキットです。本キットは、新しい API機能をサポートし、他のAJAXフレームワークと統合化し、高速性と応答性を高めるために随時アップデートされています。

「Apex」および「AppExchangeディレクトリ」について
全ての「Apex」コンポーネントおよびアプリケーションはセールスフォース・ドットコムの「AppExchange」ディレクトリを介して共有すること ができ、これにより「Apex」は 全てのプログラムのアップデートや変更が可能になり、オンデマンド・コミュニティ全体に利便性を与えます。

「AppExchangeディレクトリ」は、セールスフォース・ドットコムが提供する世界初のオンデマンド・ディレクトリです。15万件を超えるテスト・ ドライブと14,000人のユーザー・イ ンストールがすでに行われています。「AppExchangeディレクトリ」上では、現在、400以上のアプリ ケーションが利用可能です。詳しくは、Webサイト http://www.salesforce.com/appexchangeをご覧ください。

サービスの価格と供給について
「Apex」プラットフォームは現在、オンデマンド・アプリケーションの最新版「Salesforce Winter ’07」と同時に提供開始する予定です。また、「Apex」プ ログラミング言語は2007年上半期に提供される予定です。セールスフォース・ドットコムの アプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。