ジャパンシステム、新しい営業戦略を成功させるためのフロントシステムとして、オンデマンドCRM「Salesforce」を導入

2006年10月24日
株式会社セールスフォース・ドットコム
検討開始から1カ月で運用を開始。営業案件、売上予測の可視化を実現し、
管理件数も3カ月で約1.5倍に拡大
 
オンデマンド・ビジネス・サービスのマーケットおよびテクノロジーのリーディングカンパニーである株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都渋 谷区、代表取締役社長 宇陀 栄次、以下 セールスフォース・ドットコム)は、ジャパンシステム株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 知場 訓久(ちば くにひさ)、以下ジャパンシステム)が、従来の営業スタイルを見直し、新 しい戦略的営業活動を推進するフロントシステムとして、オンデマンド CRM「Salesforce」を導入したことを発表します。
ジャパンシステムは、2006年3月までは、各事業 部ごとに営業担当を配置し、受託開発業務を中心に事業展開を図っていました。同社は、戦略的、積極的かつ効率的な営業活動の展開を目的に、4 月に営業体制 を大幅に変更し、営業本部制へと移行をしました。ジャパンシステムは、新しい営業戦略を成功させるためのツールとして、3月に「Salesforce」導 入を検討開始し、わ ずか1カ月で運用開始に至りました。
「Salesforce」の導入により、組織変更後 すぐに、全社内で抱えている営業案件をフェーズごとに把握できるようになっただけでなく、売上予測も瞬時に把握できるようになりました。社 内での活用も迅 速に進み、管理レコード数は、導入時の4,000件から、約3カ月で6,500件に達しています。ジャパンシステムは、次の展開として、営業上の課題の確 実に認識し、分析を行い、積 極的な営業戦略を実行するためのツールとして「Salesforce」を活用していきます。
ジャパンシステム株式会社の代表取締役社長 知場 訓久は、次のように述べています。「当社は『Total Solution Provider For Innovation』のコンセプトのもと、コ ンサルティングからシステム運用管理までをトータルでサポートすることによって、お客様の『変革』をお手伝 いする事をミッションとしております。『Salesforce』を導入することで、営業活動の効率化、及 び、案件の深堀を可視化し、より迅速にお客様の課 題解決に取り組む事が可能になりました」
【ジャパンシステムについて】
ジャパン システムは1969年の創業以来、システム・インテグレーション、その保守・運用と品質向上に取り組んでいます。現在、全国約200の地方自治体、NTT グループをはじめとするコミュニケーション業界、金融業界、その他民間企業の顧客に対して、アプリケーション開発、パッケージ・ソフトウェアの生産・販 売、システムコンサルティング、インテグレーション、ネ ットワーク関連のサービスを提供しています。 http://www.japan-systems.co.jp/
 

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。