セールスフォース・ドットコム、ビジネスアプリケーションの開発を可能にする「Apex」を提供開始

2007年1月18日
株式会社セールスフォース・ドットコム

世界初のオンデマンド・プ ラットフォームおよびプログラミング言語が利用可能に

マルチテナント環境およびオンデマンドで、リ ッチユーザインターフェース、ビジネスロジック、
データベース機能を備えた次世代ビジネスアプリケーションが提供可能に

あらゆる分野のアプリケーションがオンデマンドに切り替わる新時代の幕開け

オンデマンド・ビジネス・サービスのマーケットおよびテクノロジーのリーディングカンパニーであるセールスフォース・ドットコムは、本日ビジネスアプリケーションに革新をもたらすオンデマンド・プ ラットフォームおよびプログラミング言語「Apex(エイペックス)」を提供開始しました。セールスフォース・ドットコムの業界最先端のサービス「Salesforce(セールスフォース)」の21世代目となる「 Winter ’07」と同時に提供されるこのマルチテナント型の「Apexプラットフォーム」は、データ管理オブジェクト、ワークフローエンジン、ユーザインターフェースの生成、イ ンテグレーション用のWebサービスAPIなど、ビジネスアプリケーション作成に必要とされる機能を提供します。

「Apex」を用いて開発されたアプリケーションは、セールスフォース・ドットコムのサービス上で動作します。「Apex」は、ア プリケーション開発の際の複雑なソフトウェアインフラの購入や構築を世界で初めて不要にするものです。「Apex」は、すべてのビジネスアプリケーションを、セキュリティ、信頼性、アップグレードの容易性、そ してセールスフォース・ドットコムの最大の特長である高利便性を備えつつ、オンデマンドで開発・実行することを可能とします。

セールスフォース・ドットコムの会長兼CEOのマーク・ベニオフは、次のように述べています。「『Apex』により、当社のメッセージはクリアになります。これからはユーザ自身が、次 世代のセールスフォース・ドットコムを作り上げることができるのです。『Apex』の登場は、あらゆる種類のアプリケーションがオンデマンドで利用可能となる新時代の幕を開くものです。プ ラットフォームおよびプログラミング言語の『Apex』により、セールスフォース・ドットコムは、オンデマンドの技術革新を一段上のレベルに導きます。すべての開発者が、本日から、『Apex』を 用いて未来を切り拓くことができるのです」

オンデマンド・アプリケーションの未来を開拓するApex
「Apex」は、オンデマンドでのアプリケーション開発および実行を可能にするもので、アプリケーションの世界を大きく拡大します。開発者およびパートナーは、こ れまでオンデマンドでは不可能だった強力なビジネスアプリケーションを開発、ERPおよび在庫管理などの高度に複雑なアプリケーション、e コマースで利用され多くのトランザクション処理を必要とするアプリケーション、イ ールドマネージメントや金融サービスで必要とされる高度にインテリジェントなアプリケーションなどを企業内により深く浸透させることができます。また、開発者は、あ らゆるカスタムアプリケーションをオンデマンドで、従来よりも迅速かつ容易に、また強力な機能を持たせて開発することができます。

企業のIT部門の技術者は、「Apex」を利用することで独自のビジネス要件に合わせて「Salesforce」のコア機能をカスタマイズできます。またキャンペーン、ケース、商談といった「 Salesforce」のあらゆるコンポーネントに対するプログラムだけでなく、全く新しいコンポーネントの開発も可能になります。

「Apex」は、セールスフォース・ドットコムのサービス上で動作するもので、オペレーティングシステム、データベース、アプリケーション、Webサーバ、データセンター、そ の他のインフラの整備は一切不要です。「Apex」で作成・実行保存されるコードは、完全にマルチテナントで、コードエラーから顧客を保護するようにカプセル化されており、セールスフォース・ド ットコムのサービスと連動して自動的にアップグレードされます。開発者は、Apexプラットフォームの無制限のカスタマイズ機能と柔軟性の高いデータモデルを利用して、各 業界特有の要件を満たすB2BやB2Cアプリケーションを開発し、パッケージ化し、それらを「AppExchange(アップエクスチェンジ)」上で公開することができます。

サービスとしてマルチテナント・アプリケーションの開発を可能にするApex
「Apexプラットフォーム」の中核にあるものは、セールスフォース・ドットコムの主要な技術革新の1つであるマルチテナント技術です。シングルテナント型の競合製品とは対照的に、マ ルチテナント型プラットフォームでは集中管理される単一のインフラおよびコードベースをユーザが共有します。この共有型のマルチテナント・プラットフォームでは、各 ユーザのアプリケーションは物理的に分離されたハードウェアやソフトウェアを利用する場合よりも高い独自性とセキュリティが確保されています。「 Salesforce 」のようなマルチテナント・ア プリケーション、「Apex」のようなプラットフォームはすべてのユーザによって共有され、また同時にアップグレードされ、単一コードベースで動作するYahoo!、Amazon、e BayのようなコンシューマWebプラットフォームと似ており、アップグレードに伴う従来のような不便さを一切排除し、革新的な新規リリースを容易に利用できる利便性を提供します。マルチテナント機能は、サ ービスが次のバージョンにアップグレードされる度に「Salesforce」の顧客がカスタマイゼーションやインテグレーションを再構築する必要がないことを保証します。

オンデマンド・プラットフォーム「Apex」とオンデマンドプログラミング言語「Apexコード」は、ビジネスアプリケーション開発を次のステップに飛躍させるツールです。メ インフレームがクライアント・サーバへの道を開いたのと同様に、セールスフォース・ドットコムは「Apexコード」を用いたマルチテナント・アプリケーション開発を推進し、あ らゆるビジネスアプリケーションをオンデマンドで開発できるようにします。Apexプラットフォームは共通のセキュリティ、共有モデルおよびデータモデル、共有クエリ・エンジン、共有コードの実行を提供します。開 発者はインフラ増設が不要となり、新たな供給方法を用いてより迅速かつ容易なアプリケーションの開発が可能となります。
Apex:オンデマンド・プラットフォーム
「Apex」はアプリケーション開発のための完全なプラットフォームをサービスとして提供します。「Apexプログラミング言語」に加えて、「Apexプラットフォーム」は 組み込まれたマッシュアップ、分析性、移動性、ワークフロー、認定のための機能を提供し、新しいAPIと同時にインテリジェンスを提供します。「Apexプラットフォーム」に 追加された新機能には以下の機能があります。

・ Apex WebサービスAPI
「Apex WebサービスAPI」は、世界で最も広く利用されているエンタープライズWebサービスAPIの1つです。セールスフォース・ドットコムの2007年度第3四半期( 2006年8月~10月)における37億トランザクションの50%以上が「Apex WebサービスAPI」経由で行われました。「Apex WebサービスAPI」は、企業のアカウント、購入した全製品、全 コンタクト先などに関する一連の情報のような複雑な関係を持つデータにアクセスし管理することを可能にします。この機能はデータベースのJOIN機能と類似していますが、「Apex API」独自のものであり、イ ンテグレーションの高速化と簡素化の両面で効果があります。
・  リアルタイム・メッセージングおよびインテグレーション
この機能により、ミドルウェア・システムやソフトウェア・アプリケーションを始めとした他のアプリケーションに対し、「Salesforce」上に発生したイベント(新規顧客の発生や商談完了など)を 即座に知らせることができます。この機能を利用すれば、複数のシステムにわたるビジネス・プロセスをシームレスにかつ遅延なく実行させることができます。
・ Apexコード
「Apexコード」は、世界初のオンデマンドプログラミング言語で、「Apexプラットフォーム」の新しい要素の1つです。「Apexコード」は、セールスフォース・ド ットコムのサーバ上で実行可能なコードを書く機能を導入することで、「Apexプラットフォーム」の強力かつ実証された成功を拡張するものです。「Apexコード」は、完 全にオンデマンドで利用可能な新しいクラスのアプリケーションや機能の開発を可能にします。詳細は、本日発表の『「Apexコード」のプレビュー・プログラムを発表』のニュースリリースをご覧下さい。

開発者向けのApexコード・プレビュー・プログラム
「Apexプログラミング言語」のプレビュー・リリースにより、開発者は、「Apex言語」の機能、コードの書き方、アプリケーションの設計・作成方法に関するフィードバックを行うことができます。セ ールスフォース・ドットコムのすべてのユーザに対するベータ版の提供開始は、2007年後半を予定しています。「Apexコード」は、「AppExchange」上 で利用できるアプリケーションの幅を大幅に拡大し、すべてのエンタープライズ・アプリケーションをオンデマンドで提供することが可能になります。開発者は、以下のサイトから登録を行うことで、「Apexコード・プ レビュー・プログラム」を利用できます。
http://developer.appexchange.com

ApexおよびAppExchange
「 Apex 」は、次世代のビジネスアプリケーション向けのオンデマンド・プラットフォームです。従来のカスタマイズやインテグレーションの手法を刷新し、CRM にこだわらず、全 く新しいオンデマンド・アプリケーションを実現します。すべての「Apex」コンポーネントおよびアプリケーションは、「AppExchange」を通じて、共有、交換、インストールを容易に行うことができ、「 Apex」による革新がオンデマンド・コミュニティ全体に大きな利益をもたらします。「AppExchange」のWebサイト( http://www.salesforce.com/jp/appexchange)では、現在、全世界で500以上(日本では60以上)の アプリケーションが利用可能です。

Apexの提供について
「Apexプラットフォーム」は、「Winter ’07」と同様、本日から利用可能です。「Apexプログラミング言語」は、開発者プレビューが本日から利用可能で、一般ユーザ向けとしては、2 007年の上半期からの提供開始を予定しています。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。