鹿島アントラーズFC、地域密着型クラブ運営に「Salesforce」を導入

2007年3月19日
株式会社セールスフォース・ドットコム

 

~ リアルタイムにファンの声をプロモーションに反映、満足度向上に活用 ~
~ 「Google Maps」を利用したエリアマーケティングも ~


オンデマンド・ビジネス・サービスのマーケットおよびテクノロジーのリーディングカンパニーである株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 宇陀 栄次、以下 セールスフォース・ドットコム)は、このたび、株式会社鹿島アントラーズFC(本社:茨城県鹿嶋市、代表取締役社長、大東 和美、以下 鹿島アントラーズFC)が、地域密着型クラブ運営を目指し、オ ンデマンドCRMアプリケーション「Salesforce」を導入したことを発表します。

鹿島アントラーズFCは、ファンクラブ(FC)会員獲得および各試合の来場者増を目的に、1992年のチーム創設時からさまざまなプロモーションを展開してきました。1 993年のレギュラーシーズン開幕戦でジーコ選手(当時)がハットトリック(※注)を決めた直後からFC会員数や来場者数が急増、そこから得た会員情報などをデータ化し、有 効活用したプロモーションでさらなるFC運営を成功させられると判断し、1994年にCRMシステムを自社構築しました。当初はできる限りスタッフでやっていこうと試みましたが、規模が大きくなってきたため、F C事務局を業務委託しました。この業務委託に伴いコールセンターを東京に置いた結果、FC事務局からリアルタイムにデータを共有することが不可能になりました。

コールセンターで吸い上げたデータをプロモーションに活用するためには数日を要し、しかも把握できるデータはチケットの申し込み者情報、ファンクラブ入退会情報など限られたものでした。鹿 島アントラーズFCでは、コールセンターに寄せられた声をリアルタイムかつ、より詳細に取り込む方法を模索していました。ITシステムに掛けられる予算は全体の運営予算の10数%程度と限られていたため、東 京都内に置かれたサーバの移管と新たなシステムの開発は難しいと判断、これらの課題を解決し、顧客の生の声をリアルタイムで吸い上げ、プロモーションに反映できるシステムを探したところ、2006年6月に「 Salesforce」にたどりつきました。

鹿島アントラーズFCは、専任のIT要員を確保することができず、限られた予算の中、短期間でのスタートが可能で、かつサーバやハードウェアなどを購入する必要もないこともあり、2006年10月に「 Salesforce」の導入を決定しました。「Salesforce」の導入に伴い、2万5千以上のFC会員のデータベースを、約4カ月で移行し、2 007年2月からカシマサッカースタジアム内にて本稼動を開始しました。もう一度、地域に密着したファンクラブ運営を確立する上でも、FC事務局を地元・鹿嶋に移転することは必要不可欠でした。今後は、こ の顧客データを活用し、年間シートの案内、各試合のチケット告知や試合時イベント案内などに活用していく予定です。また、「Google Maps」とのマッシュアップを活用し、チ ケット購入者の地域分布を把握し、地域ごとに有効なプロモーションを行っていく予定です。

鹿島アントラーズFCの高島 雄大氏は、次のように述べています。「Salesforceの導入は、96年に掛かったシステム開発コストの半分以下で行うことができました。Salesforceは、我 々のような難しいITを理解できない者にとっても、直観的に使えるCRMだと思います。サポーターの方たちからの声を直接見て各々のスタッフがプロモーションのアイディアを出すことができます。今 後うまく活用してサポーターの方たちとの距離感を今一度縮められることを期待しています」
※注:ハットトリック
サッカーでは、1人の選手が1試合に3得点することの通称を「ハットトリック」と言う。

【鹿島アントラーズおよび鹿島アントラーズFCについて】
1991年2月、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)参加球団のひとつに、住友金属サッカー団を母体とし、鹿島町(現鹿嶋市)、神栖町(現神栖市)、波崎町(現神栖市)を 中心とする近隣地域をホームタウンとするチームとして選ばれました。 1992年4月から、それまでの住友金属サッカー団を解散し、プロサッカーチーム 鹿島アントラーズが活動を開始しました。鹿 島アントラーズFCは、鹿島アントラーズの運営をはじめ、チームのオリジナルグッズの販売、サッカー競技および その他のスポーツ競技会など各種催し物の企画・運営、ス ポーツ教室の運営並びにスポーツ指導員の養成、派遣、サッカー競技場等のスポーツ施設の運営を事業 内容としています。同社は、1991年10月に、地元5自治体と43企業(当時)の出資を受けて設立しました。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。