セールスフォース・ドットコム、Salesforce Platform Editionを発表 アプリケーションに次ぎ、プラットフォームも提供開始

2007年4月24日
株式会社セールスフォース・ドットコム

 

~ Salesforce Platform Edition により、ユーザ、開発者、ISVは、CRMの領域を超えて
オンデマンド・アプリケーションの新しい技術、利便性、成功を企業全体に拡大 ~

~ オンデマンド・マルチテナント・プラットフォームのOEM版とエンドユーザ版を提供開始 ~

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2007年4月23日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
※今回の発表に伴い、これまでの「Apex」ブランドは、すべて「Salesforce」ブランドに変更いたしました。

オンデマンド・ビジネス・サービスのマーケットおよびテクノロジーのリーディングカンパニーであるセールスフォース・ドットコムは本日、「Salesforce Platform Edition」を 発表しました。これにより、ユーザおよびISVは、今回初めて、セールスフォース・ドットコムのCRMアプリケーションとオンデマンド・プラットフォームを切り離し、「Salesforceプラットフォーム」の みを利用できるようになります。「Salesforce Platform Edition」により、ユーザはCRMに限らず、人事・IT・法務・財務・R&D等、オンデマンド・ア プリケーションの新しい技術や利便性を企業全体にわたって利用できます。「Salesforce Platform Edition」では、「AppExchange」ア プリケーションのダウンロードやマルチテナント方式の「Salesforceプラットフォーム」機能を最大限に活用したカスタム・オンデマンド・アプリケーションの作成・実装が可能になります。

セールスフォース・ドットコムの会長兼CEOマーク・ベニオフは次のように述べています。「Salesforce Platform Editionの発表により、セールスフォース・ド ットコムはアプリケーションだけでなく、プラットフォームも個別に提供できるようになりました。Salesforce Platform Editionを使うことで、ユーザはオンデマンド・ア プリケーションの威力や利便性、成功を企業のあらゆる業務に容易に拡大できます。また、ISVも、Salesforce Platform Edition 上で独自のアプリケーションを顧客に直接提供することが可能になり、ユーザが全ての情報をオンデマンドで管理・共有できるようになります。最近の当社の成功事例である日本最大の金融機関、日 本郵政公社への納入はまさにSalesforceプラットフォームを基盤とするものです。Salesforceプラットフォームの活用により、今年後半の民営化に向けた極めて重要な各種アプリケーションの構築、実 装への対応が可能になります」

ルイジアナ州に本社を置く全米救急診療管理( Emergency Department Management )会社のThe Schumacher Group社CIO( 最高情報責任者 )ダ グラス・メネフィ氏は次のように述べています。「セールスフォース・ドットコムのプラットフォームを基盤にアプリケーションを構築し、またAppExchangeからパートナー・ソ リューションをダウンロードすることにより、契約、人材採用、資格認定、給与などの管理部門の自動化を実現しています」

「Salesforce Platform Edition」は、開発者やパートナー、ユーザの“Success On-Demand”(オンデマンドサービスによる成功)を さらに推進するものです。開発者やパートナーは、世界トップレベルのオンデマンド・プラットフォームを活用することにより、「AppExchange」上 でCRMに限らず新たなアプリケーションの作成と提供が可能になります。 「Salesforce Platform Edition」を利用することで、ユーザは新たな「AppExchange」ア プリケーションの実装に加え、CRM以外の分野でも信頼性の高いオンデマンド・アプリケーションの利用が可能になります。

オンデマンド・アプリケーションの将来性を拡大
ユーザ企業は、オンデマンド・ビジネス・アプリケーション「Salesforce」によって、企業全体にまで成功を広げられるようになります。ERPや在庫管理、電 子商取引で使われる高度なトランザクション処理アプリケーション、さらにはイールド・マネジメント(注1)や金融サービス向けインテリジェント・アプリケーションといった高度で複雑なアプリケーションなど、オ ンデマンドではこれまで不可能だった強力なアプリケーションの実装が実現します。

「Salesforceプラットフォーム」の中心には、セールスフォース・ドットコムの重要な技術革新の一つ、マルチテナント方式があります。シングルテナント方式とは対照的に、マルチテナント・プ ラットフォームは、1つの共通のインフラストラクチャと、集中管理されているコードベースを共有します。マルチテナント・プラットフォームを共有することで、ユ ーザはそれぞれ個別のハードウェアやソフトウェアを大量に用意することなく、独自のユニークなセキュリティモデルを実現することができます。マルチテナントの「Salesforceプラットフォーム」や 同プラットフォーム上のアプリケーションは、一般消費者向け Web プラットフォームの Yahoo!、Amazon、e-Bay によく似ています。つまり、すべてのユーザは1つのコードベースを共有し、そ れらは自動でアップグレードが行われ、新機能リリースによるメリットを、煩雑なアップグレード作業を伴わずにすべてのユーザが利用できます。

Salesforce Platform Edition
「Salesforce Platform Edition」の利用により、ユーザは同じ「Salesforce」のインスタンスで複数のアプリケーションを稼動することができ、社内の「 Salesforceアプリケーション」すべてを共通のセキュリティモデル、データモデル、ユーザインターフェイスで共有することが可能です。「Salesforceプラットフォーム」には、ビ ジネスアプリケーションの作成に必要な一連の機能が含まれています。(データを管理するモデルやオブジェクト、ユーザ間のコラボレーションを管理するワークフロー・エンジン、フ ォームや他のやり取りを処理するユーザインターフェイス・モデル、「Salesforceコード」、さらにプログラミング、マッシュアップ、他のアプリケーションやデータの統合を行うための「 Salesforce Web サービス API」など)

「Salesforce プラットフォーム」の機能は以下の通りです。

  • • Salesforce ODOS: 「Salesforce On-Demand Operating System(オンデマンド・オペレーティング・システム)」は、1つの「Salesforce」(1つの組織)で複数のアプリケーションを稼動する機能であり、共通のデータモデル、セキュリティモデル、ユ ーザインターフェイスを共有することができます。共通のデータモデルにより、「Salesforceプラットフォーム」上に構築されたアプリケーションをあらかじめ「Salesforceアプリケーション」と 連携させられ、かつシステム管理者は社内のどのユーザが、どのアプリケーション、どのデータにアクセスできるかをコントロールできます。さらにワールドクラスのセキュリティ、信頼性、透明性、拡張性、パ フォーマンスチューニングとモニタリング、障害復旧サービスを含む実績あるインフラストラクチャにより、ユーザにメリットをもたらします。
  • • Salesforce DB: オンデマンドで任意のデータベースを作成する機能であり、きめ細かなデータ・セ キュリティ・コントロールやコンプライアンス(法令順守)に必要なデータの変更履歴をトラッキングできる共有モデルの記述が含まれています。
  • • Salesforce API: 「Salesforce Web サービス API」は、世 界で最も広く使われているエンタープライズ Web サービスの一つです。セールスフォース・ドットコムの2007年度第4四半期(2006年11月~2007年1月)に おける42億にものぼるサービストランザクションの50%以上は、この「Salesforce Web サービス API」経由によるものです。 このAPIを活用すれば、複 雑なデータリレーションシップへのアクセスや管理を1つのリクエストで実行することができます。 例えば、取引先に関する一連の情報、これまでに購入したすべての製品、すべての契約へのアクセスが一度で行えます 。
  • • Salesforce Builder: メタデータ指向のアプリケーション開発モデルで、コ ードを必要とせずにアプリケーションを定義できます。
  • • Salesforceコード: 「Salesforceコード」は、「Salesforceプラットフォーム」を 拡張するものであり、セールスフォース・ドットコムのサーバ上で動くコードを書く機能を提供します。この言語は、完全にオンデマンドで展開する新しいクラスのアプリケーションや機能の開発を実現します。「 Salesforceコード」は、現在 http://developer.salesforce.com で開発者向けにプレビュー版が公開されています。
  • • Salesforce Analytics: 「Salesforce Platform Edition」に は、「Salesforce」と同じ強力な分析機能が含まれています。これにより、ユーザは人気の高いダッシュボードや分析指標を「Salesforce」から直接自社のアプリケーションに取り込むことや、イ ンタラクティブな顧客データの可視化、ダッシュボードの統合が可能となります。

SalesforceプラットフォームおよびAppExchangeについて
「Salesforceプラットフォーム」は、次世代のビジネスアプリケーション向けのオンデマンド・プラットフォームです。従来のカスタマイズやインテグレーションの手法を刷新し、ク ライアント/サーバ コンピューテングの領域を超えた全く新しいオンデマンド・アプリケーションの作成が実現します。すべての「Salesforceプラットフォーム」コンポーネントとアプリケーションは、セ ールスフォース・ドットコムの「AppExchange」を通じてマウスを数回クリックするだけで共有・交換・インストールすることができます。「AppExchange」は、「 Salesforceプラットフォーム」がもたらすあらゆる技術革新を実現し、オンデマンドコミュニティ全体に利益をもたらします。

「AppExchange」は、世界初のオンデマンド・アプリケーション・ディレクトリです。現在、日本で80以上、全世界では、575以上におよぶアプリケーションが提供されています。「 AppExchange」についての詳細は、以下のWebサイトをご覧ください。 http://www.salesforce.com/jp/appexchange

「Salesforceコード」は、現在、開発者向けにプレビュー版が公開されています。セールスフォース・ドットコムのユーザ向けベータ版の提供開始は、2007年後半を予定しています。

Salesforce Platform Edition の価格と提供時期
「Salesforce Platform Edition」のOEM Editionは、オンデマンド・アプリケーションを構築し提供する ISV向けに提供します。セ ールスフォース・ドットコムの新規および既存ユーザ向けには、Enterprise Edition もしくはUnlimited Editionを提供します。

「Salesforce Platform OEM Edition」(ISV向け組み込み型「Salesforceプラットフォーム」)は、1ユーザあたり月額3,150円(税込み)です。OEM Editionでは、「Salesforceプラットフォーム」機能と1種類の「AppExchange」アプリケーション、5個のカスタムタブ、50個のカスタムオブジェクトを稼動させることができます。

「Salesforce Platform Enterprise Edition」(「Salesforce Enterprise Edition」対応のプラットフォーム機能)は、1 ユーザあたり月額6,300円(税込み)です。Enterprise Editionでは、「Salesforceプラットフォーム」機能と10種類までの「AppExchange」アプリケーション、2 5個のカスタムタブ、200個のカスタムオブジェクトを稼動させることができます。

「Salesforce Platform Unlimited Edition」(「Salesforce Unlimited Edition」対応のプラットフォーム機能)は、1 ユーザあたり月額12,600円(税込み)です。Unlimited Editionには、「Salesforceプラットフォーム」機能と無制限の「AppExchange」ア プリケーションおよびカスタムタブ、2,000個のカスタムオブジェクトの利用が可能です。さらに、Unlimited Editionには、「Salesforce Sandbox」、プレミアサポート、追 加ストレージ、「Salesforce Mobile」も含まれています。

注1) イールド・マネジメント
イールド・マネジメントとは、ホテルや航空機のように供給量が固定的で制限があるサービスの提供者が、サービスの提供による収益を最大化させるために行う予約、価格管理のこと。ホ テルや航空機のようなサービスの場合、サービスの利用有無にかかわらず、一定のコストが生じるため、需要の状況に応じて価格を調整し、収益の最大化を図る必要がある。この管理をイールド・マネジメントと呼ぶ。( exBuzzwordsより)

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。