セールスフォース・ドットコム、初のSaaS型SOAソリューション Salesforce SOAを発表

2007年5月23日
株式会社セールスフォース・ドットコム

SOAをサービスとして提供、ソフトウェアベースのSOAアプリケーションに終焉を告げ、
インテリジェントなWebサービスインテグレーションを実現

世界初のオンデマンド・プログラミング言語Apexの新しい強力な機能

インフラストラクチャを不要にし、技術革新に集中した開発を支援するSalesforce SOA

※2007年5月21日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。

オンデマンド・ビジネス・サービスのマーケットおよびテクノロジーリーディングカンパニーであるセールスフォース・ドットコム(日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都渋谷区、代 表取締役社長: 宇陀栄次)は、本日、世界初のオンデマンドSOA「Salesforce SOA」を発表しました。「Salesforce SOA」は、SOAをサービスとして提供し、複 雑でコストの掛かるソフトウェアベースのSOAソリューションに終焉を告げ、インテリジェントなWebサービスインテグレーションを実現します。「Salesforce SOA」は、セールスフォース・ド ットコムが提供するプログラミング言語「Apex」の新しい強力な機能の1つで、この「Apex」プログラミング言語によって、開発者はアーキテクチャを気にすることなく、技 術革新に集中して新しいレベルのオンデマンド・アプリケーションを構築することが可能になります。「Salesforce SOA」は、米国で5月21日に開催された『Salesforce Developer Conference』において発表され、デモが公開されました。

セールスフォース・ドットコムの会長 兼 CEOのマーク・ベニオフは次のように述べています。「従来のソフトウェアという荷物のせいでSOAへの歩みが遅れるようなことがあってはなりません。1 999年、セールスフォース・ドットコムは、インターネットを通じてオンデマンドでSalesforceを提供することで、お客様のCRMを成功へと導きました。Salesforce SOAは、S APやOracle、M icrosoftなどの製品を利用する上で避けられない、ソフトウェア・インフラストラクチャという障壁を取り除き、お客様が利用できるオンデマンド・ア プリケーションの幅を急速に広げることになるでしょう」

CRMFusion社の共同創立者でCEOのGlenn Wilson氏は次のように述べています。「Apexの新しいSalesforce SOA機能によって、新しいタイプのエンタープライズ・ア プリケーションの構築に求められる開発プロセスが大幅に合理化されるでしょう。実際、Apexを使って当社のオンデマンド・アプリケーションのプロトタイプを作成したところ、3 週間足らずで完成させることができました。Apexで構築した当社のアプリケーションは、A ppExchange上で当社のアプリケーションを利用している750社以上のお客様や、セールスフォース・ド ットコムと築いてきた成功をより一層拡大できると思います」

SOAに関する著作も上梓しているLinthicum Group社のCEOであるDavid Linthicum氏は次のように述べています。「ソフトウェアベースのSOAに期待し、こ れまでに数多くの企業が多大な時間と経費を費やしてきました。Salesforce SOAは、SaaSとSOAを融合させることで、新しいタイプのビジネスプロセスおよびアプリケーションを実現します。こ れによって開発者、IT部門、CIOは、複数のアプリケーションを網羅するビジネス・ロジックを活用し、新しいアプリケーションをいくつでもマッシュアップし、構築することが可能になります」

Salesforce SOA: SaaSによるSOAを実現
ソフトウェアベースのSOAは、高いコストが伴うソフトウェアおよびインフラストラクチャの実装と保守が求められるだけでなく、その導入には時間と手間が掛かりリスクも高い上に、最 終的な結果が必ずしも成功につながるとは限りません。「Salesforce SOA」は、セールスフォース・ドットコムのオンデマンド・プラットフォームで稼動しながらSOAをサービスとして提供するため、イ ンフラストラクチャの実装および保守に伴うコストや手間は一切ありません。

「Salesforce SOA」は、セールスフォース・ドットコムの提供するマルチテナント型オンデマンド・サービスと企業内システムやビジネスプロセスをマッシュアップし、新 しいエンタープライズ・アプリケーションをオンデマンドで作成可能にします。「Apex」プログラミング言語の新機能である「Salesforce SOA」によって、ユーザはエンタープライズ・ア プリケーションのようなSOAベースのビジネスプロセスをオンデマンドで構築、管理、活用できます。また、これらのSOAビジネスプロセスは仮想ビジネスプロセスとして共有できるだけでなく、ユ ーザはオンデマンド・モデルが持つ拡張性と敏捷性というメリットを手にすることができます。開発者は、「Salesforce SOA」によって次のことを実行できます。

  • ・「Apex」を使い、請求管理、在庫管理、受注システムとWebサービス連携するSOAアプリケーションを構築
  • ・Oracle Financials やSAP Order Managementなどの社内Webサービスや、FedEx、Hoovers、Y ahoo!などの外部Webサービスの呼び出し
  • ・あらゆるビジネスプロセスにあわせて、質の高いアプリケーションをオンデマンドで構築

 

Salesforceプラットフォーム、Apexプログラミング言語、Salesforce SOA
マルチテナント型の「Salesforceプラットフォーム」は、データ管理を行うオブジェクト、ユーザ間のコラボレーションを管理するワークフローエンジン、入 力フォームをサポートするユーザインターフェイス、またプログラムによるアクセス、マッシュアップ、他のアプリケーションやデータとのインテグレーションを可能とする「Salesforce API」、さらに「 Apex」プログラミング言語を含むビジネス・アプリケーションの構築に必要なすべての機能を完全に網羅しています。

開発者は、「Apexプログラミング言語」を使って、カスタム・コンポーネントの作成、既存のセールスフォース・ドットコムコードのカスタマイズや修正、トリガー作成などから、複雑なビジネス・ロ ジック構築から実行まであらゆる処理を行い、セールスフォース・ドットコムのマルチテナント・サービスで実行できます。「Apex」は、セキュアで簡単かつ迅速なJavaに似た開発言語のため、J avaプログラマーであれば馴染みのある環境ですぐに使いこなすことができます。「Apex」での作成物はすべてWebサービスとして提供でき、S OAP標準およびXML標準を使ってアクセスすることが可能です。「Apex」プログラミング言語の主な機能と特長は下記の通りです。

  • Apexイベント・モデル:「Apex」をプラットフォームの実行と結び付けることで、開 発者はアプリケーションを詳細にわたりコントロールすることができます。また各社固有のビジネス・ニ ーズに合わせ、「Salesforce」のコアとなる環境と機能を「Apex」でカスタマイズできます。さ らに、「Apex」ではキャンペーンやケース、商談など、「Salesforce」の コンポーネントを再プログラミングすることや新しいコンポーネントをゼロから作り込むこともできます。
  • トランザクション管理:「Apex」は「Salesforce」のデータと緊密に統合されているため、開 発者は構築したアプリケーションへトランザクション管理機能を簡単に追加していくことができます。た とえばあるユーザが参照しているフィールドを別のユーザが削除しようとした場合、シ ステムはこのトランザクションの衝突を自動的に検知します。さらに、「Apex」が サポートしているデータのコミットおよびロールバック機能は、複数のオブジェクトを処理する場合、特に役立ちます。
  • パッケージング、再利用、Webサービス:「Apex」はJavaに似たパッケージング・モデルを採用しています。こ れらのコード・パッケージは再利用が可能で、パ ッケージ間で呼び出したりトリガーによって呼び出したりすることができます。また重要な特長として、パ ッケージに定義したメソッドはオプションでWebサービスとして自動的に提供できるため、W ebサービスAPIを通じて呼び出すか、AJAXツールキットを通じて直接呼び出すことができます。
  • パフォーマンス、拡張性、アップグレード:「Apex」はオンデマンドで実行されるため、開 発者は業界をリードするセールスフォース・ドットコムのオンデマンド・サービスの拡張性、信頼性、可用性などのメリットを活用することができます。ま た1件のクエリーで複数のオブジェクトから情報を取得できるため、アプリケーションの実行速度も向上します。さらに、「Salesforce」および「Apex」の新しいバージョンがリリースされた場合でも、利 用中のコードが利用できなくなるようなことは一切ありません。セールスフォース・ドットコムはバックワードの互換性を完全にサポートしているため、利用中のコードも変更や修正なくそのまま利用できます。< /li>
  • ApexおよびAppExchange:「Apex」はカスタム・オブジェクトやS-コントロール、そ の他のプラットフォーム機能と共にパッケージ化できるため、開発者は「Apex」で構築したアプリケーションを「AppExchange」ディレクトリを通じて再配布できます

「Apex」プログラミング言語および「Salesforce SOA」に関する詳細は、以下のWebサイトをご覧下さい。 http://wiki.apexdevnet.com/index.php/Salesforce_SOA

Salesforce Developer Network : オンデマンドでの開発を支援するツールおよびリソース提供
「Apex」による開発環境の質をさらに高め開発者を支援するため、セールスフォース・ドットコムはWikiベースの開発者向けサイト( http://developer.salesforce.com)を通じてあらゆる局面を網羅した総合的な開発リソースを提供しています。Salesforce Developer Networkに用意されているコミュニティ、各種ツール、リソースを利用することで、開発者は「Apex」プログラミング言語によって新しい「AppExchange」ア プリケーションを効率良く構築することができます。このように、世界中の開発者は、インターネットへのアクセス環境とWebブラウザさえあれば、世 界で最も幅広く使われているマルチテナント型のプラットフォームの能力を最大限に活用し、新しいアプリケーションやマッシュアップをゼロから簡単に構築することができます。またAJAX、Eclipse、F lex、Java、.NET、PHPなど一般的に使われているほとんどの開発言語と開発環境を網羅した幅広いツールキットとリソースによって、開発者、ISV、I Tスタッフは構築したアプリケーションを他のWebサービスと統合して新たなビジネス・マッシュアップを作成し、それぞれのプロジェクトやサービスでこのThe Business Web(ビジネスウェブ)を 活用できます。

AppExchangeディレクトリ
「AppExchange」は、セールスフォース・ドットコムが提供する世界初のオンデマンド・ディレクトリです。「AppExchange」には、現在575以上(日本では80以上)の アプリケーションが登載されており、世界10,000社を超えるユーザによる225,00以上のテストドライブ、26,000以上のインストールが行われています。h ttp://www.salesforce.com/jp/appexchange/

価格および出荷時期
「Apex」プログラミング言語は、開発者向けのプレビュー版が、以下のサイトで現在利用可能です。http://developer.salesforce.comで公開しています。

「Salesforce SOA」機能は、2007年8月から開発者向けにプレビュー版が利用可能となる予定です。

また、現在のところ「Apex」プログラミング言語の一般リリースは2007年12月を予定しています。「Apex」プログラミング言語の利用は無料の予定です。世界中の開発者およびパートナーは、「 Apex」プログラミング言語を活用することで、次世代のビジネス・アプリケーションを構築できます。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。