三菱UFJメリルリンチPB証券、最高レベルのセキュリティを評価しSalesforceを導入


2007年8月6日
株式会社セールスフォース・ドットコム

- 基幹システムと API連携し、 Salesforceを営業業務管理の中核システムに -

- 現場スタッフの意見を最大限に取り込み、自 社業務フローに沿ったカスタマイズを実施 -
オンデマンド・ビジネス・サ ービスのマーケットリーダーおよびテクノロジーリーダーである株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 宇陀 栄次、以下 セールスフォース・ドットコム)は、三菱 UFJメリルリンチ PB証券株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役最高経営責任者 岡林 淳二、以下三菱 UFJメリルリンチ PB証券)が、最高レベルのセキュリティを評価し、同社営業業務管理の中核システムとして「 Salesforce」を導入したことを発表します。

三菱 UFJメリルリンチ PB証券では、株式、債券、投資信託、年金など、各商品分野の専門知識と豊富なビジネス経験をもつ営業担当者が、富 裕層顧客やミドルマーケットの法人顧客向けにプライベート・バンキング・サービスを提供しています。同社は、事業の大きな柱である三菱東京 UFJ銀行との協働事業において、営業部門にチーム制を採用しています。このチームが、三菱東京 UFJ銀行の全国 600を超える支店をカバーし、均一で質の高いサービスを提供していくために、個々の営業担当者の強みを活かしながら、ノ ウハウ等をチーム内で共有することで、営業活動のスタンダード確立による営業力強化を目指していました。また、営業担当者の行動を集約して、顧客への提案状況や訪問履歴など、顧 客対応に係わる情報をチーム内で迅速かつ確実に共有し、さらに効率的な営業推進を実現できる体制を追求していました。

このような背景から 2006年夏にシステム導入検討を開始し、他のパッケージソフトと比較検討した結果、「 Salesforce」の導入を決定、 20075月より 250ユーザで本格稼動しています。セキュリティ面ではさまざまな災害対策やデータ保全、ハッキング対策、内 部者による人的被害などに対するセキュリティ対策など、 SAS70 Type II を取得した運用基準と体制は自社の厳しいセキュリティ基準を完全に満たすものでした。また、他 の基幹システムとも容易に連携でき、カスタマイズの柔軟性も採用の大きな要因でした。

導入においては、まず勘定系システムとの API連携を自社で構築し、顧客への提案履歴と顧客の資産状態を結びつけて簡単に状況把握できるようにするなど、「 Salesforce」をポータルとして営業業務管理の中核システムとして活用できるようにしました。また、営 業活動履歴から交通費精算が行えるように作り込むなど、現場スタッフの意見も最大限に取り込み、自社の業務フローに合わせた利便性向上のためのカスタマイズも行いました。

三菱 UFJメリルリンチ PB証券の執行役員 チーフ・アドミニストレイティブ・オフィサーである花井 秀敏 氏は次のように述べています。「 パイロットユーザーのテスト利用開始から、カスタマイズ、データ移行、本格稼動までわずか半年しかかかりませんでした。このスピード感とカスタマイズ性の高さは Salesforceの大きな魅力です。昨年 5月に合弁会社として営業開始以降、三菱東京 UFJ銀行との協働事業を展開していく中で、営業活動を支える業務管理システムが会社全体の営業力強化のために重要であると判断し、 Salesforceを導入しました。導入当初から、営業担当者の利用促進のため、カスタマイズに工夫を凝らしており、今後は蓄積された情報分析を進め、営 業戦略の策定にも役立てたいと思っています」

【三菱 UFJメリルリンチ PB証券について】
三菱 UFJメリルリンチ PB証券は、三菱東京 UFJ銀行、三菱 UFJ証券、メリルリンチ日本証券が出資する証券会社で、 20065月に営業を開始しました。日本トップの金融グループの一つである三菱 UFJフィナンシャル・グループと、世界最大級の証券会社であるメリルリンチ・グループが有するグローバルな経営資源とプライベート・バ ンキング業務における高い専門性を結合し、世界トップ水準のプライベート・バンキング・サービスを提供しています。日 本において長年充分なサービスが提供されずに未開拓であったこのマーケットに戦略的アプローチを行うことにより、高い成長性と収益性を目指しています。詳細は、 http://www.muml-pb.co.jp をご覧ください。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。