楽天バンク@TTB(東京都民銀行楽天支店)のフロントシステムにSalesforceが採用

2007年11月2日
株式会社セールスフォース・ドットコム

- システムの早期完成を目的にXMLベースのシステム連携を選択、
将来的なニーズに対応できる柔軟性や堅固なセキュリティを評価 -

オンデマンド・ビジネス・サービスのマーケットおよびテクノロジーのリーダーである株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:宇陀 栄次)が提供する「Salesforce」は 、このたび、楽天バンク@TTB(東京都民銀行楽天支店、URL: http://rakuten.tominbank.co.jp/)の システム構築会社である楽天フィナンシャルソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:村上 達志)に採用され、東京都民銀行楽天支店のフロントシステムとして稼動開始しました。

東京都民銀行楽天支店は、2007年7月23日に開設し、通常のインターネットバンキング・サービスに加え、3,200万人以上の楽天会員向けにECサイトの決済サービスなどを提供しています。楽 天フィナンシャルソリューションは、2006年7月に設立し、東京都民銀行楽天支店のシステム開発・運用をはじめ、Webサイトの製作・運営などの外部業務を行っています。

東京都民銀行楽天支店開設にあたっては、24時間365日対応可能なシステムで、低コスト・短期間の導入が必要とされていました。システムの早期完成に向けて最大のポイントとしたのが、ポータル、顧 客管理、ワークフロー、コンタクトセンター、勘定系システムなどすべてをブラウザベースのユーザ・インターフェースで統一し、システム間をXMLベースで連携することでした。この方針に基づき、シ ステムごとに開発チームを組み、1年で全体のシステムを稼動させました。

「Salesforce」は、カスタマイズの容易性と柔軟性、シンプルな料金体系、セキュリティの高さなどから、口座開設などの顧客対応業務のフロントシステムとして、同 社のコンセプトと合致するシステムと判断され、採用に至りました。特に、開発段階で必要な機能が明確化していない中、基本料金内で全ての機能が利用できることも決定の大きな要素でした。 セキュリティ面においても、 SAS 70 Type II に準拠した世界最高レベルのセキュリティを備えているだけでなく、ユーザ単位やデータ項目単位で細かくアクセス権限を設定でき、高 いセキュリティレベルが確保できると判断されました。

また、Webからの口座申し込みや開設までの問い合わせを直接「Salesforce」に取り込み、顧客情報・進捗管理はもちろん、口座開設後のサポートまでの一元管理が可能で、ダ ッシュボードやレポート機能を活用した顧客情報の見える化も実現できました。当初は別のソフトを導入予定だった顧客へのメール送信やFAQ作成なども「Salesforce」に標準装備されていたことから、さ らに高い統合性とコストメリットを得ることができました。システム連携においては、XML連携を実現できただけでなく、コールセンターシステムとの連携においても、顧客情報のポップアップなどのCTI連携を、基 本機能を用いてスムーズに開発することができました。

楽天フィナンシャルソリューション株式会社 代表取締役社長の村上 達志 氏は、次のように述べています。「Salesforceは、定額料金の中にほとんどの機能が含まれ、バ ージョンアップ費用も発生しないため、経営側としても導入の判断がしやすいシステムでした。SaaS型サービスの最大のメリットは、サービスビジネスであるため、ベ ンダー側が品質保持や機能追加のために努力し続けてくれることだと思います。セールスフォース・ドットコムは、継続的に年3回のバージョンアップを実行し、それを証明しています」

また、同社 バンキングインフラ部門 プロダクションコントロール部 堀内 哲 氏は、次のように述べています。「Salesforceはカスタマイズが非常に容易で、他 のシステムに比べて最も開発がスムーズに進みました。セールスフォース・ドットコムは、全世界のニーズを反映したバージョンアップを行っているため、業 務に役立つ思いも寄らない機能が追加されるというメリットもあります。Salesforceは、当社が描いていたシステム像にマッチする柔軟性を持ったシステムです。現在、 Apexコードでのプログラミングも行い、アプリケーションの追加開発に取り組んでいます」

Force.comプラットフォームとAppExchangeについて
「Force.com」は、そのPlatform-as-a-Serviceモデルにより、あらゆるビジネス・アプリケーションの開発・導入・展開における従来の概念を刷新します。「 Force.com」によって、開発者、ユーザおよびパートナーは新世代のオンデマンド・アプリケーションを簡単に開発し、サービスとして全世界に展開することが可能になります。さらに、開 発されたアプリケーションは、セールスフォース・ドットコムの「AppExchange」マーケットプレイスを通じて、簡単なマウス操作だけで共有・交換・インストールすることができます。「 AppExchange」は、「Force.com」がもたらすあらゆる技術革新を実現し、オンデマンド・コミュニティ全体に利益を創出します。

「AppExchange」は現在も拡大を続けており、「AppExchange」を通じて世界中の多くのユーザがアプリケーションをインストールしています。
「AppExchange」( http://www.salesforce.com/jp/appexchange)に 用意されている幅広いオンデマンド・ビジネス・アプリケーションを活用することにより、世界中のあらゆる規模のユーザが迅速かつ簡単に「Salesforce」の利用価値を拡大することができます。

楽天フィナンシャルソリューションについて
楽天フィナンシャルソリューションは、2006年7月に設立、東京都民銀行楽天支店の外部業務を事業としています。現在は、シ ステム開発・運用、事 務センターの企画・運営、コ ールセンターの企画・運営、Webサイトの製作・運営などを行っています。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。