セールスフォース・ドットコム、Force.comプラットフォーム上でのRIA開発をサポートする開発ツールキットを発表

2008年3月3日
株式会社セールスフォース・ドットコム


- Platform-as-a-Service環境のアプリケーション開発でAdobe AIRとAdobe Flexの活用が可能に -

Software-as-a-Service(SaaS)およびPlatform-as-a-Service(PaaS)のマーケットおよびテクノロジーのリーダーである米国セールスフォース・ドットコム( 日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長: 宇陀栄次)は本日、「Force.com」上でRIA(リッチインターネットアプリケーション)の 開発を可能にする新しいツールセット「Force.com Toolkit for AdobeR AIR? and Flex」を発表しました。「Force.com Toolkit for Adobe AIR and Flex」は、セールスフォース・ドットコムが運営する開発者コミュニティ( http://developer.salesforce.co.jp/)で無償提供されます。新 しいツールキットによって、開発者はForce.comプロジェクトやその他のサービスを基盤に、「Adobe FlexR 3」や「Adobe FlashR Player」、「Adobe AIR」な どのAdobe RIA技術を活用した新しいRIAを構築できるようになります。また、「Adobe Flex」で構築したアプリケーションを「Adobe AIR」で 展開しAppExchangeマーケットプレイスに公開することで、セールスフォース・ドットコムのユーザと開発者に対してすぐに提供できるようになります。

「Force.com Toolkit for Adobe AIR and Flex」によって、Platform-as-a-Service(サービスとしてのプラットフォーム)環境で、A dobe社のRIA技術を活用できるようになります。Flex開発者は「Force.com WebサービスAPI」へのダイレクトアクセスが可能になり、「Force.com」のデータベース、ロジック、ワ ークフロー機能と直接繋がる新しいユーザ環境やWebアプリケーションを簡単に構築することができます。また、このツールキットの「Adobe AIR」コンポーネントを使い「Force.com」か らの情報を自動的にオフラインでも利用できるようにすることで、「Force.com」上に開発したアプリケーションを「Adobe AIR」環境にまで広げ、W ebの動的なリアルタイム環境とデスクトップのコンピューティング能力およびデータ処理機能を統合することができます。

セールスフォース・ドットコムのプラットフォーム・マーケティング担当バイス・プレジデント、アダム・グロス(Adam Gross)は次のように述べています。「 Adobe社や当社をはじめとするベンダー各社が提供する新しい世代のプラットフォームとツールは、アプリケーション開発の新たな時代の先駆けとなる存在です。Adobe AIRを基盤とするFlexやその他のWeb開発者の皆様は、Force.comのPlatform-as-a-Service環境をフルに活用し、す でに一般消費者向けのWebが成功を収めているRIAとクラウド・コンピューティングが企業にもたらすメリットの両方を、簡単に手にできるようになります。開発者の皆様にとって、自 社のビジネスをサポートする強力で魅力的なアプリケーションの構築を可能にする最高の環境が整ったと言えるでしょう」

Appirio社の共同創業者、Narinder Singh氏は次のように述べています。「FlexとForce.comプラットフォームの両方を利用できるようになったことで、見 た目にも魅力的な新しいオンデマンド・アプリケーションを短期間で開発・提供できるようになりました。今後当社はForce.com Toolkit for Adobe AIR and Flexを活用し、お 客様の利用を促進しビジネスを成功へと導く卓越したユーザ環境を提供するアプリケーションを数多く開発していきたいと考えています」

Model Metrics社の社長、Adam Caplan氏は次のように述べています。「新しいForce.com Toolkit for Adobe AIR and Flexのおかげで 、 Platform-as-a-Serviceを活用するだけでなく、たとえば署名のキャプチャリングといったユニークなビジネス・ニーズに応え、オンラインとオフラインの両方で利用できるビジネス・ア プリケーションを構築できるようになりました。これらのアプリケーションは1つのサーバも配備することなしに、数千人単位のユーザへ簡単に展開することができます。F orce.comと新しいツールキットを使うことで、これらのアプリケーションは構築も展開も簡単にできるようになります」

Adobe社の製品マーケティング&製品管理担当バイス・プレジデント、Michele Turner氏は次のように述べています。「 Adobe社のRIA技術とForce.comの組み合せは、強力なコンビネーションです。RIAをサポートするNo.1のテクノロジー・プラットフォームとNo.1のオンデマンド・アプリケーション・プ ラットフォームが統合されたことで、これまで以上に効果的で卓越した能力を発揮するアプリケーションを、これまでに比べてより少ない手間で提供することが可能になります。今私たちは、開 発者の皆様が卓越した能力を持ち合わせた真のエンタープライズ・アプリケーションを、Adobe Flash Player を実装したブラウザだけでなくAdobe AIRによって直接デスクトップまで、幅 広いプラットフォームを通じてオンデマンドで提供することが可能な新しい時代に入ったと言えるでしょう」

「Force.com Toolkit for Adobe AIR and Flex」は、セールスフォース・ドットコムが提供している包括的な各種リソースとプログラムの一部となります。こ れらのリソースとプログラムによって、大小規模を問わずすべての企業が、あらゆるビジネス・ニーズに応えるアプリケーションをオンデマンドで構築、展開、販売することが可能になります。こ れらのリソースとプログラムには、世界7万人以上の開発者が参加するセールスフォース・ドットコムのコミュニティ「developer.force.com」( http://developer.salesforce.co.jp/)、ア プリケーション構築プラットフォームの「Force.com」、パートナー各社がセールスフォース・ドットコムのユーザ向けに幅広いアプリケーションを提供するマーケットプレイス「AppExchange」な どが含まれています。

Force.comプラットフォームとAppExchangeについて
「Force.com」は、そのPlatform-as-a-Serviceモデルにより、あらゆるビジネス・アプリケーションの開発・導入・展開における従来の概念を刷新します。「 Force.com」によって、開発者、ユーザおよびパートナーは新世代のオンデマンド・アプリケーションを簡単に開発し、サービスとして全世界に展開することが可能になります。さらに、開 発されたアプリケーションは、セールスフォース・ドットコムのAppExchangeマーケットプレイスを通じて、簡単なマウス操作だけで共有・交換・インストールすることができます。 「 AppExchange 」 は、「Force.com」がもたらすあらゆる技術革新を実現し、オンデマンド・コミュニティ全体に利益を創出します。

「AppExchange」は現在も拡大を続けており、「AppExchange」を通じて世界中の多くのユーザがアプリケーションをインストールしています。
「AppExchange」( http://www.salesforce.com/jp/appexchange)に 用意されている幅広いオンデマンド・ビジネス・アプリケーションを活用することにより、世界中のあらゆる規模のユーザが迅速かつ簡単に「Salesforce」の利用価値を拡大することができます。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。