セールスフォース・ドットコム、Salesforce Summer '08を提供開始

2008年6月18日
株式会社セールスフォース・ドットコム

- Salesforce IdeasおよびSalesforce Contentの大幅な機能拡張をはじめ、50以上の新機能を追加 -
Software-as-a-Service (SaaS) およびPlatform-as-a-Service (PaaS) のマーケットおよびテクノロジーのリーダーである株式会社セールスフォース ・ ドットコム (本社 : 東京都港区、 代表取締役社長 : 宇陀 栄次) は本日、 「Salesforce Summer '08」 の提供を開始したことを発表ました。 26世代目となる 「Summer '08」 は、 「Salesforce Content」 の日本リリースに加え 「Salesforce Ideas」 を大幅に機能拡張しています。 また、 営業、 マーケティング、 カスタマー ・ サービス、 パートナー管理のCRMアプリケーションにも数多くの機能を追加しています。 これらの新機能は、 セールスフォース ・ ドットコムのユーザ ・ コミュニティ 「 Successforce IdeaExchange」 およびコンシューマWebテクノロジーからのフィードバックを反映させたものです。

「Summer '08」 では、 "コミュニティ力"を引き出す新しいコラボレーション機能を提供します。 これにより、 ユーザはビジネスパートナー、 顧客、 従業員のコミュニティ環境を大きく変えることができます。

Salesforce Content
「Salesforce Content」 は、 タギング機能やサブスクリプション機能、 提案機能など最高のコンシューマWebテクノロジーを活用し、企 業が保有する非構造化データ管理をSaaSで実現します。 ユーザは構造化されていないデータや各種文書を 「Salesforce」 アプリケーション内で直接管理できるので、 組織全体で生産性と業務効率性を向上できます。 「Summer '08」 で提供される 「Salesforce Content」 の新機能は以下の通りです。

  • ●日本を含む全世界向けにリリース
    「Salesforce Content」は、 2007年11月の 「Winter '08」 においてリリース以後、 多くの企業でドキュメント、 プレゼンテーション、 マルチメディアファイルなどの非構造化データの管理業務を劇的に改善することに成功してきました。 「Summer '08」 では、従来の英語に加え、 「Salesforce」 がサポートしている日本語を含む15言語すべてを、 「Salesforce Content」 でもサポートします。これにより、 日本のユーザも 「Salesforce Content」 が利用可能になります。
  • ●Salesforce Content for Portals
    「Summer '08」 では、 「Salesforce Partner Portal」 と 「Salesforce Customer Portal」 でも 「Salesforce Content」 を利用できます。 パートナーおよび顧客のそれぞれが適切なポータルを利用することで、 最適なコンテンツへ迅速 ・ 簡単にアクセスできます。
  • ●Content Analytics
    自社が提供している資料や情報がどれくらいの効果を発揮しているのかを分析できます。 このコンテンツ分析機能で、 コンテンツの利用状況を効果的にトラッキングすることにより、 営業担当者やマーケティング担当者、 その他さまざまなタイプのユーザの利用頻度が高いコンテンツがわかります。 各ダッシュボードおよびレポートから収集した情報に基づき、 「Salesforce Content」 内の各種文書、 プレゼンテーション、 その他の資料を最適化し、 最大限の効果を引き出せるようになります。


Salesforce Ideas
「Salesforce Ideas」 は、 セールスフォース ・ ドットコムが提供するコラボレーション ・ アプリケーションのもう1本の柱です。「Salesforce Ideas」 は新しいタイプのアプリケーションで、 顧客、 パートナー、 従業員のコミュニティがそれぞれのアイデアを公開し、 議論 ・ 投票できる場を提供することにより、 コミュニティから革新的なアイデアを引き出すことができます。 「Summer '08」 で提供される 「Salesforce Ideas」 の新機能は以下の通りです。

  • ●複数コミュニティ
    複数のコミュニティを作成することで異なるグループからのアイデアをより効果的にまとめて分類できると同時に、フォーラムの参加者へ最適なコミュニティを提供することができます。
  • ●Customizable Ideas
    ユーザは「Salesforce Ideas」の項目をカスタマイズし、結果データを元の掲示場所へ直接公開できます。「Customizable Ideas」は「Force.com」と 緊密に統合されているので、ユーザは、キーワードを基準とした検証ルール、ワークフロー、Apexトリガーを設定し、コミュニティ内で行われている会話をチェックできます。このように、「 Customizable Ideas」によってコミュニティの動向をモニタリングすることで、コミュニティ利用者のニーズに対して、これまで以上に迅速な対応が可能になります。
  • ●Ideas for Partner
    「Salesforce Ideas」は社内コミュニティおよび顧客コミュニティとの効果的なコミュニケーションを支援しています。今回の「Summer '08」では、「Salesforce Ideas」を「Salesforce Partner Portal」と統合することにより、パートナーコミュニティのユニークな切り口からのアイデアも取り込めるようになりました。


50以上の新機能によりCRMアプリケーションを強化
「Summer '08」 は、 顧客およびパートナーとの関係強化に必要とされる幅広いツールを提供します。 「Summer '08」 の新機能は、セールスフォース ・ ドットコムのSaaS型CRM アプリケーションを大幅に拡張しています。

  • ●Salesforce Partners
    「Salesforce Partners」 は、 パートナーとの協業関係におけるさまざまな活動やリード、 商談の完全な見える化を実現し、 「Salesforce」 での間接販売チャネル管理をサポートします。 「Summer '08」 では、 パートナー関係の強化を支援するため、 各ユーザに 「Salesforce to Salesforce」 への接続を2接続まで無償提供します。 「Salesforce to Salesforce」 によって、 ユーザは企業間の複雑な統合に煩わされることなく、 ビジネス ・ プロセスとデータを迅速かつ容易に複数の企業と共有できるようになります。 「Summer '08」 では、 すべてのユーザがパートナーとのつながりを持つことができるため、 従来のような複雑でコストも高いインテグレーションテクノロジーは必要ありません。
  • ●Salesforce SFA
    「Salesforce SFA」 は、 優れた操作性とユーザによる高い利用率から業界で幅広く知られているアプリケーションです。 「Summer '08」 では、 新たに任意のオブジェクトに対するレポートの実行結果を定期的に保存し、 過去の動向や特定の時点での状況を把握できる 「分析スナップショット」 機能を提供します。 日次、 週次、 月次でスナップショットを自動実行できることによって、 ユーザは過去のデータの時間経過に伴う変化を示すレポート、 ダッシュボードを手軽に作成できるようになります。
  • ●Salesforce Marketing
    「Salesforce Marketing」 は業界をリードするWebマーケティング ・ ツールの1つで、 パイプラインを増やしながら、 マーケティングの成果を効果的に評価分析することができます。 「Summer '08」 では、 「取引開始済みリードページ」 機能によってリード (見込客) を容易に確認でき、 リード変換後のすべての関連レコードを追跡できます。 関連レコードへのアクセスが簡単にできるので、リードに関する情報を探す手間が省かれ、 ユーザはリード獲得に集中することができます。
  • ●Salesforce Call CenterおよびSalesforce Customer Portal
    ガートナーのマジック・クアドラントで 「概念先行型」 に位置付けられている 「Salesforce Call Center」 および 「Salesforce Customer Portal」 は、 サービス ・ スタッフと顧客に必要なあらゆる環境を提供します。 「Summer '08」 では、 「グローバル営業時間」 機能によって1組織で複数のサポート営業時間を定義できます。 この機能を使い世界全体、 異なるタイムゾーンを網羅することで、 サービス提供の成果に対する可視性を向上できます。
  • ●Salesforce for Google Apps
    2008年4月、 セールスフォース ・ ドットコムとGoogleは、 Webを通じたリアルタイムのコミュニケーション、 コラボレーション、共同作業を実現する、 まったく新しい共同開発ビジネス ・ アプリケーション 「Salesforce for Google Apps」 を発表しました。 「Salesforce for Google Apps」 は、 生産性向上のための基本ビジネス ・ アプリケーション (電子メール、 カレンダー機能、 ドキュメント管理、 スプレッドシート、 プレゼンテーション、 インスタント ・ メッセージ) とCRM (営業 、 マーケティング、 サービス&サポート、 パートナー管理) を統合したソリューションです。 ハードウェア/ソフトウェア ・ インフラストラクチャの管理に伴うコストや複雑さに煩わされることなく、 クラウド ・ コンピューティングの価値を引き出す、 まったく新しい環境を提供します。


提供開始時期について
「Salesforce Summer '08」 は2008年6月15日よりすべてのユーザ向けに提供を開始しました。 「Salesforce Content」 は、 1ユーザあたり月額4,410円 (税込み) で提供します。 「Salesforce Ideas」 は、 追加費用なしで利用可能です (Group Editionを除く)。 「Salesforce Ideas」 のみのユーザを追加する場合は、 1ユーザにつき月額630円 (税込み) 、 「Salesforce Customer Portal」 および 「Salesforce Partner Portal」 で利用する場合は、 それぞれの利用価格が掛かります。 「Salesforce for Google Apps」 は、追加費用なしで利用可能です。

(参考)「Salesforce」の各Editionの価格は以下の通りです。
  • ・Unlimited Edition: 1ユーザあたり月額31,500円 (税込み)
  • ・Enterprise Edition: 1ユーザあたり月額15,750円 (税込み)
  • ・Professional Edition: 1ユーザあたり月額7,875円 (税込み)


Force.comプラットフォームとAppExchangeについて
Force.com」 は、 そのPlatform-as-a-Serviceモデルにより、あ らゆるビジネス ・ アプリケーションの開発 ・ 導入 ・ 展開における従来の概念を刷新します。 「Force.com」 によって、 開発者、ユーザおよびパートナーは新世代のオンデマンド ・ アプリケーションを簡単に開発し、 サービスとして全世界に展開することが可能になります。 さらに、 開発されたアプリケーションは、 セールスフォース ・ ドットコムの 「AppExchange」 マーケットプレイスを通じて、 簡単なマウス操作だけで共有 ・ 交換 ・ インストールすることができます。 「AppExchange」 は、 「Force.com」 がもたらすあらゆる技術革新を実現し 、 オンデマンド・コミュニティ全体に利益を創出します。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。