セールスフォース・ドットコム、Salesforce CRM Winter ’09を発表

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2008年11月3日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
2008年11月6日
株式会社セールスフォース・ドットコム

- 企業の壁を越えた最先端のコラボレーション・ツールの提供により、CRMの定義を拡張 -

- エンタープライズ・クラウド・コンピューティング・プラットフォーム上に構築された唯一のCRMとして、
Force.comプラットフォームの優れたスピード、柔軟性、パフォーマンスを提供 -
 
エンタープライズ・クラウド・コンピューティング企業の米国セールスフォース・ドットコム(日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都港区、代表取締役社長: 宇陀栄次)は本日、「 Salesforce CRM」の最新版「Salesforce CRM Winter '09」を発表しました。現在、世界中で47,700を超える企業・団体、110万人以上のユーザが「 Salesforce CRM」によって、従来のオンプレミス(自社運用)型ソフトウェア利用に伴うコストやリスク、複雑な環境に一切煩わされることなく、それぞれの顧客に質の高いサービスを提供しています。「 Salesforce CRM Winter '09」では、50以上の新機能を搭載し、大小を問わずあらゆる規模の企業が営業、マーケティング、カ スタマーサービスのすべてを通じて顧客とのやり取りを管理できます。現在すでに数多くのユーザがこれらの新しいテクノロジーを使用し、CRM環境からこれまで以上に高い価値と新たな成功を手にしています。「 Force.comプラットフォーム」上に構築されている「Salesforce CRM」は、今日の市場で最もスピーディで最も柔軟性に優れたCRMサービスです。

セールスフォース・ドットコムのマーケティング、アプリケーション、教育統括責任者のジョージ・フー(George Hu)は次のように述べています。「クラウド・コ ンピューティングの時代においても、世界中のお客様が世界No.1のBoB(best-of-breed)CRMベンダーであるセールスフォース・ドットコムを、CRMを定義する存在として認めています。こ のようなお客様の期待に応え、当社はCRM戦略の3分野へこれまで以上に大きな投資を行っています。CRM戦略の3分野とは、お客様とのすべての接点をサポートする完全なCRM、社 内外を通じた最先端のコラボレーション環境、Force.comプラットフォームを通じた柔軟なカスタマイズと統合です。この戦略こそ、当 社のお客様が長い間にわたってCRMの成功における業界標準であり続けることができる理由です」

Extra Space Storage社CIOのビル・ホーバン(Bill Hoban)氏は次のように述べています。「Salesforce CRMにより、当社はお客様とのやり取りをクラウド ・ コンピューティング環境で完全に管理するエンタープライズ・ソリューションを実現することができました。600万以上の顧客レコードと取引先責任者レコードは言うに及ばず、既存のコールセンター、P OSシステム、企業Webサイトまで、すべての環境をわずか8週間足らずで統合できました。オンプレミス型のソフトウェアでは、このように迅速な統合、また大きな成功を手にすることも叶わなかったでしょう」

営業、マーケティング、カスタマーサービスにおけるクラウド・コンピューティングの革命を推進
これまでも長い間にわたって「Salesforce CRM」はクラウド・コンピューティングの優れた価値を広める役割を担ってきましたが、今回これらの機能を営業、マーケティング、カ スタマーサービス・アプリケーションの分野にまで広げることに成功しました。本日発表の「Force.com Sites」テクノロジーにより、ユーザはインタラクティブな 「Web-to-リード」フ ォームを作成して「Salesforce CRM」を拡張し、製品やサービスに対するユーザの関心を、Webを通じて手にすることができます。「Force.com Sites」では、キ ャンペーンのランディング・ページも「Salesforce CRM」と直接統合した形で迅速かつ簡単に作成できます。

8月のInStranet社の買収を通じて迅速かつ簡単に展開できる卓越した効率のナレッジベース・アプリケーションを統合したことで、「Salesforce CRM」は 今日の市場において企業のカスタマーサービス環境を根本から変革する唯一のソリューションとなりました。顧客のコンテキスト(製品、地理情報など)の追加を可能にし、同 社が特許を有するDimensionsテクノロジーによって、このナレッジベースを最適なソリューションと迅速に統合し、無駄な検索結果を排除することが可能になります。

Transcom社CTO(最高技術責任者)、Alan Giles氏は次のように述べています。「 新しいお客様へ迅速にサービスを提供開始するとともに当社エージェントの能力を最大限に引き出す上で、このテクノロジーはすでに非常に大きな効果を発揮しています。現 在7,000名を数える当社のカスタマーサービス・スタッフが日常的にこのソリューションを利用していますが、この数は今後さらに増えると見込んでいます。InStranet社は、お 客様とエージェントが直面する爆発的な情報量のノイズを切り落とす、優れたテクノロジーを発見しました。InStranet社のテクノロジーとSalesforce CRMは、最適な組み合わせだと思います」

企業の "壁" を超えて広がる最先端のコラボレーション環境 今日の市場で企業が成功を収める上で、共有とコラボレーションの基盤となる効率的なモデルは不可欠な要素です。「 Salesforce CRM」のテクノロジーにより、企業はWebのスピード、アクセス性、効率を生かしながら完全にオンライン環境でコミュニケーションとコラボレーションを実現できます。

Beagle Research社の主席アナリスト、デニス・ポンブリアント(Dennis Pombriant)氏は次のように述べています。「誰でも取引を行う相手は社外にいます。当然、C RMの範囲も社外へと広がることになります。Salesforce CRMは、企業の壁や国境のないビジネス・アプリケーションを提供します」

社員とのコラボレーション
「Salesforce CRM」は、エンタープライズ環境のユーザ間で顧客データの効果的な共有をサポートするリーダーです。「Salesforce for Google Apps」は、2 008年4月のリリース以来、急速に導入が進んでおり、現在すでに5,000以上のセールフォース・ドットコム・ユーザが「Google Apps」を利用しています。「Salesforce CRM Winter '09」では、この業界をリードするオンライン生産性向上スイートを、「Salesforce CRM」のコンテンツ管理機能とともに利用することができます。

Ciena社のグローバル・マーケティング担当バイスプレジデント、ビル・ロジアー(Bill Rozier)氏は次のように述べています。「Salesforce CRMのコンテンツ管理機能は 、 15年前のPDFの登場と同じくらい画期的な機能であると言えます。当社にとって、Salesforce CRMはキラー・アプリケーションです。また、新しいGoogle Appsとの統合環境により、本 当の意味ですべてのコンテンツをクラウド・コンピューティング環境で作成し管理できるようになりました」
パートナーとのコラボレーション
クラウド・コンピューティングのユニークなモデルにより、「Salesforce CRM」は他の「Salesforce CRM」環境へ簡単かつセキュアな環境でアクセスできるため、企 業は複雑な統合ソフトウェアを導入することなく、リード、取引先責任者、企業情報などを共有できます。「Salesforce CRM Winter '09」で、セールスフォース・ド ットコムはすべての企業のネットワーク内における自由なデータ交換を発表しました。

Motorola社のチャネル・マーケティング担当ディレクター、マーク・チェリス(Mark Chellis)氏は次のように述べています。「当社は、チャネル・パ ートナーの皆様の成功を支援する環境作り、すなわち商談のやり取りから完了に至るまでの大幅な簡略化を進めています。この一環としてSalesforce Network for Motorolaを立ち上げ、当 社がこれまでにCRMから得てきたメリットをビジネス・パートナーの皆様にも提供しています」
顧客とのコラボレーション
「Force.com Sites」および「Salesforce CRM Winter '09」のリリースにより、ユーザは「Salesforce Ideas」と ともにあらゆるパブリックWebサイトや企業Webサイトでオンライン・カスタマー・コミュニティを展開できるようになります。「Salesforce CRM」により、オンライン・コ ミュニティのメンバーがそれぞれのアイデアを提案し、他のメンバーとの話し合いの中でこれらのアイデアの質を高めていくことで、集団が生み出す "知恵" を実際のビジネスに生かすことが可能になります。こ のようにオンライン・コミュニティから最大限の力を引き出し、ビジネスに役立つ最高のアイデアやイノベーションを推進できます。

Dell社のコミュニティ&カンバセーション担当のバイスプレジデント、ボブ・ピアソン(Bob Pearson)氏は次のように述べています。「Dellは、Salesforce Ideasを利用して www.IdeaStorm.comを構築し 、 このサイトを通じて世界中の顧客のフィードバックを収集し、その声に応えています。顧 客とともに学び、向上し、持続しようとする企業にとって顧客の声に耳を傾けることは、不可欠です。Force.com SitesのIdeasアプリケーションは、こ のような姿勢を持つ多くの企業の助けとなるでしょう」


Winter '09:新たなレベルの導入と成功を実現
昨年の『Dreamforce 2007』以降、セールスフォース・ドットコムは200以上の新機能をユーザに提供しています。これには、大小を問わずあらゆる規模の企業が営業、マーケティング、カ スタマーサービスのすべてを通じて顧客とのやり取りを管理できる「Salesforce CRM Winter '09」の50以上の機能も含まれています。「Winter '09」は「Salesforce CRM」の27世代目となるリリースで、ユーザの既存のCRMの価値をさらに向上するさまざまな新しいテクノロジーを提供します。現在、「Salesforce CRM」は世界数千社の企業において、ビ ジネスに不可欠なツールとして利用されています。

  • ・「Salesforce CRM」は、47,700社以上のユーザの4億1,000万を超える顧客を管理
  • ・セールスフォース・ドットコムの1日あたりのトランザクション処理数は1億8,400万を突破し、新たなマイルストーンを確立
  • ・「Salesforce CRM」を通じて企業間でやり取りされたレコード数の増加率は、わずか90日間で350%超


エンタープライズ・クラウド・コンピューティング・プラットフォーム「Force.com」上に構築された唯一のCRM
「Force.comプラットフォーム」により、「Salesforce CRM」は他に類を見ない速いペースで業界リーダーへと成長を遂げました。豊富な実績に裏打ちされた実証済のセキュリティ、信 頼性、拡張性を背景に、「Force.comプラットフォーム」のマルチテナント・モデルにより、セールスフォース・ド ットコムは47,700社以上のすべてのユーザへ新しいアプリケーションや機能をシームレスに継続して提供することができます。完 全にカスタマイズが可能でユーザの既存の環境と統合するために必要なすべてのツールを提供する「Force.comプラットフォーム」により、「Salesforce CRM」は 他の追随を許さない卓越した柔軟性とパフォーマンスを実現します。ユーザが追加のインフラストラクチャを購入したり管理したりする必要は一切ありません。

価格および提供時期
「Salesforce CRM Winter '09」は、現在47,700社すべてのユーザがすでに利用可能です。 「Force.com Sites」は、現在、開 発者向け評価版を提供しています。登録は、 http://developer.force.comで受け付けています。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。