セールスフォース・ドットコム、創立10周年を記念して世界15の非営利団体を助成

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2009年4月15日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。

2009年4月22日
株式会社セールスフォース・ドットコム

- 世界中のセールスフォース・ドットコム社員がSalesforce CRM Ideasを活用し、
革新的な社会貢献プロジェクトを投票 -
 

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の米国セールスフォース・ドットコム(日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都港区、代表取締役社長: 宇陀 栄次)とセールスフォース・ドットコム ファンデーションは本日、創立10周年を記念した2009年度の助成対象団体を発表しました。世界中の非営利団体に対し、合計23万5千ドルに上る助成金が支給され、その対象には、特定非営利活動法人ACE(エース、東京都台東区)、特定非営利活動法人フローレンス(東京都新宿区)などが含まれています。今回初の試みとして、これらの助成対象団体は、集団の知恵を有効活用する世界初のクラウドコンピューティング・アプリケーション「Salesforce CRM Ideas」を活用し、セールスフォース・ドットコム社員の投票で決定されました。

セールスフォース・ドットコム ファンデーションのエグゼクティブ・ディレクター、スザンヌ・ディビアンカ(Suzanne DiBianca)は次のように述べています。「創立10周年の大きなマイルストーンを記念する上で、特に現在のように厳しい経済環境において、世界中の非営利団体を支援するということは、これ以上ないすばらしいアイデアであると自負しています。10年前、セールスフォース・ドットコムは社会貢献に取り組む企業の姿勢を変えましたが、今日、このような活動はこれまで以上に企業としてのセールスフォース・ドットコムを定義する力となっています」

セールスフォース・ドットコム ファンデーションの「Turn it Up助成プログラム」(Salesforce CRM活用のための開発費助成プログラム)は、「1/1/1モデル」の重要な要素で、「Salesforce CRM」を利用している非営利団体が革新的なテクノロジー・ソリューションを活用により、活動の効果を最大限に引き出せるように支援するものです。このプログラムは、セールスフォース・ドットコムの社員がボランティアとして関わり、セールスフォース・ドットコムのテクノロジー・ソリューションを利用している、「1/1/1モデル」のアクティブ・パートナーを対象としています。今回、世界中のセールスフォース・ドットコム ファンデーションによって革新的な34のプロジェクトが選ばれ、セールスフォース・ドットコムの社員が2週間でこれらを吟味し、投票しました。投票数は全社員の過半数におよぶ約2,000に達し、非営利団体の活動に対する関心の高さを示しています。投票の結果1位に輝いたのは、世界10カ国以上から1,960票を集めたWildlife Victoriaでした。

今回の投票で選ばれた組織・団体は次のとおりです。

  • ● ACE(児童労働の撤廃・予防に取り組むNGO)
    日本を拠点に、世界中の児童労働の撤廃・予防に取り組んでいる非営利団体です。
  • ● Bay Area Video Coalition(BAVC)
    米国カリフォルニア州サンフランシスコの湾岸地域を拠点に、若年層を対象にテクノロジーおよびメディア・アートを支援しています。
  • ● Carmichael Centre
    アイルランド・ダブリンのボランティア支援センターです。
  • ● フローレンス
    こどもの熱や軽い病気の時に、安心して預けられる場所が圧倒的に少ないという「病児保育問題」を解決する日本の進歩的なソーシャル・ベンチャー(社会的企業)です。
  • ● Future Leaders
    英国を拠点にするチャリティで、教職の採用プロセスに関する情報を提供するとともに、教師の維持と学生の成功を促進する活動を展開しています。
  • ● Goodwill Industries of San Francisco, San Mateo and Marin Counties
    様々な理由により就職が難しい人々への教育とキャリア・サービスを提供しています。
  • ● Grassroot Soccer
    アフリカの若年層に、サッカーを通じてHIV(エイズ)のない生活を送るための知識、能力、支援を提供している非営利団体です。
  • ● HelpSudan
    スーダン南部に新しい学校を設立するとともに、戦争しか知らず武器を持って戦っている子供たちの手にノートと鉛筆を渡し、教育することを目指している非営利団体です。
  • ● Micromentor
    経験豊富なビジネスパーソンおよびボランティアのビジネス・メンターと起業家をつなぐ、米国カリフォルニア州サンフランシスコの非営利団体です。
  • ● Polaris Project
    2002年以来、人身取引および現代の奴隷制の人権問題に取り組む包括的なアプローチを提供している非営利団体です。
  • ● Rainforest2Reef
    生物学的観点から中央アメリカの自然環境保護活動を展開している非営利団体です。
  • ● Screenreader.net
    英国ロンドンを拠点に、視覚障がい者によるコンピュータ・プログラムの利用を支援しているチャリティです。
  • ● U-Turn Homeless
    南アフリカ・ケープタウンを拠点に、ホームレスの社会復帰と地域への融合を支援している非営利団体です。
  • ● Wildlife Victoria
    オーストラリア・ビクトリア州で野生生物の救援と自然への復帰を最前線で展開している、ボランティア・ベースの団体です。
  • ● World Toilet Organization
    シンガポールを拠点に、世界的なリーダーとして公衆衛生の問題に取り組んでいる非営利団体です。


Salesforce CRM Ideasについて
「Salesforce CRM Ideas」は、集団が生み出す知恵をビジネス革新につなげることを可能にした、世界初のクラウドコンピューティング・アプリケーションです。どの組織にも内部と外部にコミュニティがあり、それぞれがアイデアを生み出しながら組織の革新を促進する役割を果たすことができます。「Salesforce CRM Ideas」によって、企業は、これらのコミュニティが持つ力を引き出し、ビジネスを向上させ、価値ある関係を深めながら、部門や組織間の壁を越えて顧客、社員、パートナーと連携し、最良のアイデアと革新を進めることが可能になります。「Salesforce CRM」の他のアプリケーションと同様に「Salesforce CRM Ideas」もサービスとして提供されるため、従来のソフトウェア環境に伴うコストや複雑さは一切なく、ユーザはインフラストラクチャではなく革新の推進に集中できます。

セールスフォース・ドットコム ファンデーションについて
セールスフォース・ドットコム ファンデーションは、ビジネスと社会貢献活動を統合した「1/1/1モデル」(就業時間の1%、株式の1%、製品の1%)におけるグローバル・リーダーです。セールスフォース・ドットコムの社員とテクノロジーの力により、非営利団体が社会的ミッション達成のために効率性を高められるように支援しています。1999年以降、セールスフォース・ドットコム社員がボランティア活動に費やした時間は125,000時間を超えています。現在、世界60カ国の5,200を超える非営利団体が、製品の1%プログラム(https://www.salesforce.com/jp/foundation/product/)により「Salesforce CRM」ライセンスの無償あるいは割引の提供を受けています。そして、多くの団体がセールスフォース・ドットコム ファンデーションよりテクノロジーに関連する助成を受けています。セールスフォース・ドットコム ファンデーションの詳細は、http://www.salesforce.com/jp/foundationをご覧ください。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。