マーキュリープロジェクトオフィス、 Force.comクラウド・プラットフォームでビジネスインフラを構築

2009年4月22日
株式会社セールスフォース・ドットコム

- 貸借品管理、経費精算管理、契約管理など、あらゆる業務アプリケーションを開発、
Google AppsやiPhoneも活用し業務を効率化 -
 

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都港区、代表取締役社長: 宇陀 栄次)は本日、インターネット総合コンサルティングを手がけるマーキュリープロジェクトオフィス株式会社(本社:埼玉県坂戸市、代表取締役: 赤堀 哲也)が、クラウド・プラットフォーム「Force.com」をビジネスインフラの構築に活用し、経営の可視化を実現するとともに、Google AppsやiPhoneも活用し営業業務の効率化を向上したことを発表します。

マーキュリープロジェクトオフィスが利用するセールスフォース・ドットコムのサービスは、2009年1月31日現在、あらゆる規模、業種、地域で全世界55,400以上の企業・組織に利用されています。

マーキュリープロジェクトオフィスは、インターネット総合コンサルティングをはじめ、グラフィックデザイン、広告デザイン、Webサイト、Webシステムの企画・制作・運用管理などの事業を官公庁・企業・病院・大学・地方自治体などに展開しています。同社では、毎月約100件のプロジェクトが同時進行していましたが、それらの契約管理、進捗管理、入金管理などがシステム化されておらず、プロジェクトの停滞、請求漏れ、赤字案件などが発生、顧客満足度の向上とビジネスの効率化に向けた経営改革が急務となっていました。

このような背景のもと、同社は、2008年8月、プロジェクトの進捗状況の可視化を手始めとして、IT化による業務改革に着手、自社開発も視野に入れ、さまざまなツールの比較・検討を開始しました。検討の結果、初期費用が低く、短期間で導入可能な点、高度な開発技術を用いなくてもさまざまなアプリケーションが構築できること、Google Appsとのシームレスな連携が可能な点、さらに世界55,400社以上の導入実績を評価し、「Force.com」の導入を決定しました。

マーキュリープロジェクトオフィスは、「Force.com」の導入後約1カ月でプロジェクト進捗管理アプリケーションを構築しました。その後、取引先からの貸借品管理、経費精算管理、システム開発案件用のバグトラッカー、契約管理など、自社業務に必要なアプリケーションをすべてクラウド上で開発、同年10月にビジネスインフラとして本格稼働させました。このビジネスインフラが開発できたことで、全従業員がプロジェクトの進捗状況を把握できるようになり、案件の停滞や請求漏れが大幅に削減されました。また、案件ごとの原価や概算フリーキャッシュフロー、社員ごとの概算フリーキャッシュフローなども可視化され、経営全体の透明性確保に成功しました。

同社は、Google Appsを全面活用した業務の効率化も実現しています。GmailやGoogle カレンダーをPCだけでなく、iPhoneなどの携帯電話からも利用し、「Salesforce CRM」と連携、活動履歴やスケジュールの登録・確認・共有がリアルタイム化され、業務効率が向上しています。ドキュメント管理には、プロジェクトごとに記録すべき文書をGoogle Docsを活用してアーカイブ、「Salesforce CRM」からワンクリックでアクセス可能になり、ファイル検索の手間はもちろん、紛失などのリスクも大幅に軽減されました。

本格稼働後も、「Force.com AppExchange」上のアプリケーションを導入して、見積書や請求書のPDF作成を自動化するなど、クラウド・プラットフォームの柔軟性を生かし、さらなる業務効率の改善に取り組んでいます。今後は、保守案件などでの顧客からの問い合わせ管理や電子メールの対応履歴管理を自動化する新たなアプリケーションを構築する予定です。

マーキュリープロジェクトオフィス株式会社 代表取締役/プロデューサーの 赤堀 哲也 氏は以下のように述べています。「当社は、ビジネスインフラとしてForce.com プラットフォームを採用し、すべての業務アプリケーションを開発しました。プロジェクトごとのプロセスや利益率、そして概算フリーキャッシュフローを社員に見えるようにしたことで、経営の可視化はもちろん、社内のモチベーションも高まりました」

マーキュリープロジェクトオフィスについて
マーキュリープロジェクトオフィスは、インターネット総合コンサルティングをはじめ、プロモーション映像、グラフィックデザイン、広告デザイン、Webサイト、Webシステムの企画・制作・運用管理、ノベルティの企画・制作、イベントの企画・運営などの事業を官公庁・企業・病院・大学・地方自治体などに展開しています。
http://www.mercury-cafe.com/jp

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。