損保ジャパン、Salesforce Partner Portalを日本全国の代理店ユーザ向けに導入

2010年4月15日
株式会社セールスフォース・ドットコム

 

37万5,000人の従業員と代理店ユーザのリアルタイムコラボレーションを実現
 

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の米国セールスフォース・ドットコム(日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都港区、代表取締役社長: 宇陀 栄次)は本日、株式会社損害保険ジャパン(以下:損保ジャパン)が、日本全国37万5,000人の従業員および代理店ユーザを対象に、「Salesforce」および「Partner Portal」を導入、クラウドでリアルタイムのパートナーコラボレーション・ネットワークを構築したことを発表しました。

損保ジャパンが利用するセールスフォース・ドットコムのサービスは、2010年1月31日現在、あらゆる規模、業種、地域で全世界72,500以上の企業・組織に利用されています。

損保ジャパンは、中期的な事業戦略において、顧客視点の新たなビジネスプロセスの構築を目的に、「リテールビジネスモデル革新プロジェクト(PT-R)」(以下:PT-R)を展開しています。今回、「Salesforce Partner Portal」が採用されたのは、ITの最大活用を特長とするPT-Rのもとで進められた代理店システムの全面刷新の一環です。「Partner Portal」は新しい代理店システムの一部であるコミュニケーション型タスク管理ツール「To Doリスト、お知らせ」と、多様なアクセスルートによる顧客から損保ジャパンへのコンタクト履歴を共有する「お客さまコンタクト履歴」で利用されています。これにより、保険契約手続きや保険金の支払い処理などに際して、顧客が必要とするサービスや情報を最適なタイミングで確実に代理店へ提供できるようになり、企業間の壁を越えたリアルタイムのコラボレーションが可能になりました。セールスフォース・ドットコムでは、本導入の売り上げを2009年4月から計上開始しています。

損保ジャパンは、2004年4月にセールスフォース・ドットコムの「Service Cloud」を同社のコールセンターで導入しました。同アプリケーションを選んだ理由は、簡単にカスタマイズが可能で、導入も短期間で実現できることにありました。今後、損保ジャパンは、社内の幅広い業務を支えるITプラットフォームとしてセールスフォース・ドットコムのクラウドコンピューティング・アプリケーションを活用していく予定です。

損保ジャパン IT企画部長 小坂 志郎氏は次のように述べています。「損保ジャパンでは、現場でのカスタマイズの容易さや開発のスピード感など、クラウドコンピューティングの特長を評価し、Salesforce CRMを2004年から利用しています。セールスフォース・ドットコムが、米国本社も巻き込んでサービス改善にこれまで取り組んできたことも、今回の導入の背景です。代理店システムにPartner Portalを導入したことで、代理店とのコラボレーションが可能になり、お客さまにこれまで以上にきめ細やかなサービスを提供するための仕組みが完成しました」

損害保険ジャパンについて
損保ジャパングループは、リスクに関するプロフェッショナルとして、損害保険事業、生命保険事業、アセット・マネジメント事業を展開しています。「お客さま第一」という理念のもと、個人ならびに企業の活動に付随して存在するリスクに対して、最高品質の解決策を提供していくことを目指しています。
http://www.sompo-japan.co.jp/

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。