セールスフォース・ドットコム、Government Cloudを発表

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2012年4月25日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
2012年4月26日
株式会社セールスフォース・ドットコム

 

米連邦政府、州政府、地方行政当局が、FISMAの要件を満たした最新のソーシャル/モバイルテクノロジーを短期間で導入することを可能に

AppExchange for Government - ユーザが行政分野向けのクラウドアプリケーションを検索し、実際に試し、導入できるアプリケーションマーケットプレイスを提供

Government Partner Acceleratorプログラム - 1,000社におよぶインテグレータを養成し、セールスフォース・ドットコムのクラウドソリューションによって政府官公庁のIT環境の変革を実現

米連邦政府省庁レベルの行政当局の3分の2、および全米で80%を超える州政府のユーザがセールスフォース・ドットコムに高い信頼を寄せ、ソーシャルエンタープライズを実現

 

エンタープライズ・クラウド・コンピューティング企業の米国セールスフォース・ドットコム(日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都港区、代表取締役社長: 宇陀栄次)は本日、ソーシャルの時代に向けた政府官公庁の変革を促進するソリューション「Government Cloud」を発表しました。Government Cloudは、セールスフォース・ドットコムのクラウドインフラストラクチャを基盤にしたマルチテナント環境上で、ユーザごとのユニークな利用環境を提供します。これによって米国連邦政府、州政府、各地方の行政当局は、米連邦情報セキュリティマネジメント法(FISMA: Federal Information Security Management Act)に準拠した環境で、最新のソーシャルテクノロジーとモバイルテクノロジーを短期間で導入し、展開することが可能になります。また、Government Cloudでは行政分野向けの新しいアプリケーションマーケットプレイス「AppExchange for Government」も提供します。行政分野のユーザは、固有のニーズに合った最適なクラウドアプリケーションを簡単に検索し、試し、導入できます。さらに、Salesforceによって政府官公庁のIT環境の迅速な変革を実現するため、Government Cloudには2012年末までに1,000社を数えるインテグレータを養成するプログラム「Salesforce Government Partner Accelerator Program」が用意されています。

本ニュースに関するコメント

  • セールスフォース・ドットコムの新興市場担当エグゼクティブ・バイスプレジデント、ヴィヴェク・クンドラ(Vivek Kundra)は次のように述べています。
    「政府官公庁が利用してきた旧来のIT環境では、その官僚主義的なシステムによって、素早く効果を上げる革新的なテクノロジーの価値を短期間で享受することができませんでした。私たちは、何年経っても成果が上がることのないITプロジェクトに政府官公庁が何百万ドルも注ぎ込むような時代に幕を下ろさなければなりません。当社は、政府官公庁が革新に対する障壁を破り、無駄なIT支出をゼロにするために不可欠なソリューションを提供します。」

政府官公庁専用の新しい利用環境 - 米国の行政ニーズに最適な環境を提供

セールスフォース・ドットコムは、そのクラウドコンピューティング・インフラストラクチャを基盤に、連邦レベル、州レベル、地方レベルを含め、米国内すべての行政レベルのユーザおよび政府認定団体向けの専用利用環境を提供することで、政府官公庁のソーシャルエンタープライズへの変革を推進します。Government Cloudは、専用のデータベースと、米国行政分野のユーザ特有の各種規制およびコンプライアンスのニーズを満たすように設計されているインフラストラクチャで構成されています。

セールスフォース・ドットコムの政府官公庁向け利用環境は、高い信頼性を備えたマルチテナント・インフラストラクチャを基盤に提供されるので、ユーザは導入規模を簡単に拡張できるだけでなく、アップグレードも簡単ですべて自動的に行われます。このマルチテナント型の政府官公庁向けクラウド利用環境は、セールスフォース・ドットコムが米国内に複数展開しているデータセンター内に、専用アプリケーションサーバとデータベースサーバを設けることで、政府官公庁分野のユーザをサポートします。ソフトウェアへのアクセスは、セキュリティが確保されたアクセスコントロールで管理され、各政府官公庁が保有しているデータはこの利用環境内で論理的にその他のデータと隔てられています。各行政当局のデータは他の政府官公庁ユーザと共通のデータベースに置かれます。

政府官公庁向けの専用利用環境は、セールスフォース・ドットコムが他の分野のユーザに提供している利用環境と同じ高いレベルのセキュリティ、信頼性、可用性を提供すると共に、FISMA、SSAE 16(前のSAS 70)、ISO 27001、PCI-DSS Level 1、Safe Harbor、TRUSTeをはじめとする既存のセキュリティ基準、プライバシー基準、認定基準に準拠しています。

AppExchange for Government - 公共分野向けのアプリケーションマーケットプレイス

新しく導入されるAppExchange for Governmentによって、政府官公庁当局はソーシャルへの変革を推進し、ニーズに最適なアプリケーションを迅速に検索、導入することでコスト削減を実現できます。ヘルプデスクおよび資産管理からプログラム管理、プロジェクト管理、選挙区住民との関係管理等など、AppExchange for Government はあらゆるニーズに応えるワンストップショップを提供します。AppExchange for Governmentには、以下のアプリケーションを含む、政府官公庁および公共分野に特化した60を超える選りすぐりのアプリケーションが用意されています。

  • BasicGov - Force.comを基盤に構築されているセキュアなアプリケーションで、州、郡、市の各行政レベルならびに政府の行政各局のユーザは、許認可と審査、条例執行、プランニング、ライセンス管理、住民のアクセス等のプロセスを合理化することが可能になります。
  • DocuSign - Force.comを基盤に構築されている代表的なeSignatureアプリケーションの1つで、ワークフローを合理化し、トランザクションの迅速化とコスト削減を実現します。また、クラウド上にデータを置くことで、書類の送付、承認、追跡プロセスを効率化し、行政サービスの向上を支援します。
  • SchoolForce - 出席管理、素行管理、宿題管理、学生レコード管理、成績表管理などの基本的な学生情報システム(SIS)の機能と、コラボレーションおよびドキュメント管理機能で構成されています。これらすべての機能は、Webポータルを通じて保護者と学生の両方が共有できます。 クラウドテクノロジーを活用したSchoolForceは、データに基づき児童・生徒の学力向上を支援するもので、幼稚園から高校(K-12)までの児童・生徒、教師、学校のパフォーマンスの評価手法の著しい改善を象徴しています。

AppExchange for Governmentは、実績のあるセールスフォース・ドットコムのAppExchangeを基盤に構築されています。現在AppExchangeには、1,400を超えるクラウドアプリケーションが公開されており、世界100,000以上のユーザによるトライアルと導入件数は、100万回を超えています。

Government Partner Acceleratorプログラム - Salesforceの導入・展開を支援する1,000社のインテグレータを養成

これまで、政府官公庁のソーシャルエンタープライズへの変革にとって、クラウドテクノロジーを導入し展開する能力を有するインテグレータの不足が障害の1つとなっていました。セールスフォース・ドットコムの新しいプログラム「Salesforce Government Partner Accelerator Program」では、2012年末までに1,000社のインテグレータがソーシャル/モバイルクラウドへの移行を実現する確固とした道筋を示します。 このプログラムでは、セールスフォース・ドットコムが提供する政府官公庁向けソーシャル/モバイル・クラウドソリューションのインテグレータを養成し、これらの企業が将来的にそれぞれのビジネスを構築することをサポートします。このプログラムはすでに開始されています ― 関心のあるインテグレータは、salesforce.com/gpaでサインアップして、Salesforceの政府官公庁向けソソーシャルエンタープライズ移行支援の詳細を確認できます。

  • 費用 このプログラムに費用はかかりません。
  • 実施場所 初期の時点では、米国バージニア州ハーンドンのセールスフォース・ドットコムのオフィスで実施します。またインターネットを通じたクラスも提供します。
  • 開始時期 最初のセッションは2012年5月17日(木)に開講します。
  • 参加資格 インテグレータとして活動している小規模企業ならびにセールスフォース・ドットコムのクラウドソリューションによってビジネスを確立することに関心を持っている小規模企業を対象としています。

政府官公庁が信頼を寄せるセールスフォース・ドットコム - ソーシャルエンタープライズへの変革を支援

現在、米国連邦政府省庁レベルの行政当局の3分の2以上、および全米50の州政府の8割以上が、ユーザーとしてセールスフォース・ドットコムの提供するクラウドサービスに高い信頼を寄せ、利用しています。セールスフォース・ドットコムは、すでに米証券取引委員会(SEC)および保健福祉省(Department of Health and Human Services)から受けているFISMA Authority to Operate(ATO)認定に加え、国際開発庁(USAID)、内務省(DOI)、連邦政府調達庁(GSA)からもATOの中位影響(Moderate Impact)レベルに認定されています。 コロラド州インターネットポータル当局(Colorado Statewide Internet Portal Authority)、ニュージャージー・トランジット(New Jersey Transit)社、ニューヨーク市保健精神衛生局(New York City Department of Health and Mental Hygiene)、テキサス州情報資源局(Texas Department of Information Resources)をはじめ、全米で州政府レベルのユーザがセールスフォース・ドットコムのソーシャル、モバイル、オープンなクラウドコンピューティング・テクノロジーを活用しています。

価格および提供時期

  • セールスフォース・ドットコムの政府官公庁向け利用環境は、現在のところ2012年(暦年)第3四半期に提供開始の予定です。
  • AppExchange for Governmentは、すでに一般提供を開始しています。
  • セールスフォース・ドットコムのサービスの購入を検討中のお客様は、現在利用可能な機能に基づいて購入を判断ください。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。