セールスフォース・ドットコム、ソーシャル時代の人材管理を変革するWork.comを発表

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2012年9月19日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
2012年9月20日
株式会社セールスフォース・ドットコム

従業員の一体感の醸成、モチベーション向上、パフォーマンスの促進を劇的に変革

営業、カスタマーサービス、マーケティング部門のスタッフが日常業務で使用しているアプリケーション内にパフォーマンス管理ツールを統合

セールスフォース・ドットコムとWorkday 社の新たなパートナーシップにより、Workday HCMとWork.comのシームレスな統合が実現

セールスフォース・ドットコムとAmazon.com社の新たなパートナーシップにより企業はWork.com環境内で直接従業員に報奨を与え、モチベーションを高めることが可能に

Facebook社、Virgin America社、1-800 Flowers社を含む世界中の先進企業が職場環境の活性化と従業員間の質の高いコラボレーションを実現

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都港区、代表取締役社長:宇陀 栄次、以下:セールスフォース・ドットコム)は本日、ソーシャル時代の人材管理の変革に向けた最初のステップとして、「Salesforce Work.com 」を発表しました。 Work.com によって、企業はソーシャル上で設定した目標に基づいて従業員の意識の統一を図り、日々の働きをリアルタイムに認知し報奨を与えることでモチベーションを高め、継続的なフィードバックと的確な評価によってパフォーマンスの向上を促進できます。 Work.comでは、営業、カスタマーサービス、マーケティングのスタッフが日常的に使用しているアプリケーション環境へ管理ツールを直接統合でき、これまでとはまったく違う新たな環境で企業のミッションと従業員1人1人をつなぐことが可能になります。 また、本日セールスフォース・ドットコムおよびWorkday 社は、両社のパートナーシップを拡張し、Workday HCMとWork.comのシームレスな統合を実現することを発表しました。 さらに、セールスフォース・ドットコムは新たにAmazon.com社とパートナーシップを結んだことも明らかにしました。これによって、企業はWork.com環境内で直接的に従業員に報奨を与え、モチベーションを高めることができます。

本ニュースに関するコメント

  • セールスフォース・ドットコムのソーシャルアプリケーション担当エグゼクティブバイスプレジデント、ジョン・ウーキー(John Wookey)は次のように述べています。「私たちを取り巻くビジネス環境は変化する一方、ほとんどの企業が使用している管理系のテクノロジーは、時代遅れなものになっています。 Work.com では、職場を一体化し、従業員がモチベーションを維持するために必要なツールを提供し、それぞれが実際に使用しているシステムと統合することによって、従業員のコラボレーション環境と仕事の質を高めることが可能になります。」
  • Workday社のWorkday HCM担当バイスプレジデント、エイミー・ウィルソン(Amy Wilson)氏は次のように述べています。
    「Work.comのソーシャルパフォーマンス管理プラットフォームと当社の統合タレントおよび人材管理ソリューションの組み合わせは、今日企業が求めているエンゲージメントのシステム、すなわち組織の一体化を進め、モチベーションを高め、業績アップを実現するシステムへのニーズに対する答えになるでしょう。」
  • Knowledge Infusion社のCEO(最高経営責任者)、ジェイソン・エイヴァーブック(Jason Averbook)氏は次のように述べています。
    「ますます優秀な人材が求められる現在、会社組織の枠内で従業員の一体感とモチベーションを高め、社内に維持していくことは、人事部門だけでなくすべてのビジネスパーソンが重視しなければならないことです。 Salesforce Work.comはこのプロセスを実現するための支援を提供してくれます。」
  • HubSpot社のセールス&サービス担当シニアバイスプレジデント、マーク・ロバージ(Mark Roberge)氏は次のように述べています。
    「営業部門の従業員の生産性を高めると共にビジネスの継続的な成長を促す上で、リアルタイムのフィードバック、コーチング、評価は不可欠な要素です。 Work.comによって、当社の営業マネージャと営業担当者は、速やかに課題を明らかにし改善につなげることが可能になりました。」
  • 1-800 Flowers社のHR担当シニアバイアスプレジデント、モーリーン・パラダイン(Maureen Paradine)氏は次のように述べています。
    「セールスフォース・ドットコムは、実績を重視する当社の社風をより発展、向上させるツールを提供してくれます。 いい仕事をしたときにその場で評価し報いることで、従業員は高いモチベーションを維持し、目標達成に向けて努力し、より高い成果を出すことが可能になります。」

ソーシャル革命に向けたビジネス環境の変革
Gallup Organization社の調査によれば、米国において生産性の低下が企業にもたらすコストは年間3,000億ドルに上るとされ、 79%もの従業員が仕事へのやる気を持てずにいることがその最も大きな理由です。 オフィスの外では、Facebook や他のソーシャルアプリケーションによって、人々がコミュニケーションを取り、情報を共有する環境は大きく変化しました。 しかし、ほとんどの企業が業務の管理に使用しているシステムは、横の連携がなく、動きの遅い旧来の縦割型組織向けに作られています。 これらのシステムでは、生産性を上げて高い成果を出すことにではなく、不要なプロセスと手間のかかる評価制度の自動化に焦点が当てられています。 多くの場合、従業員の手間を増やすだけで日常業務とは全く連係していません。

セールスフォース・ドットコムは販売とカスタマーサービスのあり方に革命を起こしましたが、企業はWork.comによって従業員が働く環境を変革することが可能になります。

Work.com では、目標設定、フィードバック、評価、継続的な対話など、パフォーマンス管理のソーシャル的な特性に焦点を当てることで、従業員の一体感の醸成、モチベーションとパフォーマンスの向上を支援します。 Work.com によって、パフォーマンス管理は年に1回行われるトップダウン式の評価プロセスから解放され、日々の業務に統合された日常的なソリューションとしてビジネスパフォーマンスにプラスの効果をもたらします。 企業のマネージャおよびチームのスタッフは、次の3つの主要な領域でコラボレーションを実現できます。

  • 意思の統一 - 今日のビジネス環境では、従業員は世界中にちらばり、リモートの仮想環境で仕事をしています。 その一方でビジネスのペースは加速しており、適切な情報を適切なユーザへ可能な限り迅速かつ効率的に提供することが重要になってきています。 事実、Savo Group 社が先頃行った調査では、メッセージ、営業支援ツール、営業担当者のスキルが統一されていないことで問題を抱えている企業は、全体の40%に上ります。 Work.comによって、リアルタイムなチームマネジメントと、ソーシャルゴールに対する意思の統一を図りながら、継続的なフィードバックとコーチングを行うことが可能になります。 Work.com のソーシャルゴールにはChatterからもアクセスできるので、企業内全体を通じて一体感を高め、プロセスを可視化するとともに、より透明性が高められます。
  • モチベーション - MarketTools社が先頃行った調査では、76%の従業員が職場で受けている評価に満足していないと回答し、77%が仕事の努力が適切に認められればより熱心に仕事に取り組むと回答しています。 Work.comによって、企業は社内に相互評価の文化を確立することが可能になります。 ユーザは、自社の社風と価値観が反映されたバッジで互いの働きを認知、評価することができます。 各ユーザの評価はSalesforceのソーシャルプロファイルに取り込まれるので、評価情報を蓄積できると共に、他のユーザは誰がどの分野に秀でているのかを知ることができます。
  • パフォーマンス - 企業組織において、パフォーマンスの評価は最も不評なプロセスです。 Reuters社による調査では、自分のパフォーマンス評価に不満を持っていると回答した従業員は80%に上り、仕事の本当の成果を適切に反映させた評価を望んでいます。 Work.comによって、企業は手間をかけず生産的に評価を実行することが可能になり、各従業員が達成したすべての成果、評価、周りからのフィードバックを取り込み、パフォーマンスを正確に測定することができます。

Work.com - 管理ツールとユーザが日常業務で使用しているアプリケーションのギャップを埋める
マネージャは、Salesforce環境内で従業員の一体感、モチベーション、パフォーマンスの向上を直接後押しすることが可能になります。 ユーザは同僚の目標、フィードバック、評価をChatter 内で見ることができると共に、良い仕事をした場合はSales Cloud の商談レコード内でこれを認知することができます。 Work.com によって、営業マネージャは新任の担当者の研修を効果的に行うことで生産性を高め、 サービスチームはエージェントの離職率や欠勤を減らすことで生産性と顧客満足を高め、マーケターはキャンペーンの状況を追跡管理しながら営業とのコラボレーションをより効果的に進めることが可能になります。 Work.com の従業員ソーシャルプロファイルには、Chatter内の知識と経験、目標、パフォーマンスが直接反映され、各ユーザの評判形成につながります。

Workday 社とのパートナーシップ - パフォーマンス管理をよりソーシャルで魅力的なものに
本日、セールスフォース・ドットコムはWorkday 社とのパートナーシップを発表しました。これによって、Workday HCM とWork.comのシームレスな統合が実現し、 Workday HCM は組織的な関係など従業員のデータをWork.comのソーシャルパフォーマンス管理層に提供することで、ソーシャルゴールおよび継続的なフィードバックと評価によって従業員のパフォーマンス管理を支援します。 Work.com はWorkday社のTalent Profileにパフォーマンスフィードバックを提供し、ユーザはこのデータを正式なパフォーマンス評価、開発プラン、レポーティングに利用できます。 Workday社およびセールスフォース・ドットコムのユーザは、従業員の意識を引き付け、モチベーションを刺激することで、実績の向上を図ることが可能になります。

Amazon.com 社とのパートナーシップ - 仕事と報奨をシームレスに統合
本日、セールスフォース・ドットコムはAmazon.com社との新たなパートナーシップを発表しました。 このパートナーシップによって、ユーザは自分が挙げた成果に対してWork.com環境内で報奨としてAmazonギフト券を直接受け取ることができます。 ユーザはマネージャや同僚からのポイントを貯めておき、世界最大のオンラインマーケットプレイスで商品に替えることができます。

先進企業がWork.comによりパフォーマンスの向上を実現
Work.comによって、マネージャとそのチーム間で優先項目と目標に対する進捗を共有するとともに、チームメンバーが挙げた成果を認識できるようになります。これによって、職場の一体感とモチベーションを高め、パフォーマンス重視の職場環境が実現可能です。 Facebook社、Linkedin社、LivingSocial社、Spotify社、Virgin America社、1-800 Flowers社をはじめ、すでに世界数百社の企業がWork.comによって人材管理の変革を実現しています。

価格および提供時期

  • Work.comは、今年第4四半期に一般提供を開始の予定です。 料金は、一般提供開始時に発表の予定です。
  • Salesforce Rypple は、すでに提供が開始されています。 基本料金は、ユーザあたり月額5ドルとなります。

その他の情報

Dreamforce について
世界最大のベンダーテクノロジー・カンファレンスである『Dreamforce 2012』は、90,000人を超える登録済の来場者にソーシャルレボリューション(革命)のパワーを体感する貴重な場を提供します。 750以上のセッションと、350社を超えるクラウド関連企業の展示・デモで構成される『Cloud Expo』は、来場者に対話形式のセッションや、最先端のテクノロジーに触れることができるトレーニング、数千に及ぶライブデモ、またとない他社とのネットワーク構築の機会を提供します。 また、今回の『Dreamforce 2012』ではスペシャルゲストしてVirgin Group創業者のリチャード・ブランソン氏、General Electric社CEO(最高経営責任者)のジェフ・イメルト氏、前米国務長官のコリン・パウエル氏、起業家/著述家/ピークパフォーマンス・ストラテジストのトニー・ロビンス氏、またロックバンドのレッド・ホット・チリ・ペッパーズを迎える予定です。 『Dreamforce 2012』は、企業がこれまでとまったく違う新しい手法で顧客、パートナー、従業員とつながるために必要な、すべての要素を提供します。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。