アドバンテストが設立した新会社、セールスフォース・ドットコムのService Cloudを導入

2012年10月31日
株式会社セールスフォース・ドットコム

導入期間は6週間、ECサイトやヘルプデスクへの問い合わせを一元管理

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:宇陀栄次、以下:セールスフォース・ドットコム)は本日、半導体試験装置最大手の株式会社アドバンテスト(本社:東京都千代田区、社長:松野晴夫)が設立した新会社 Cloud Testing Service株式会社(以下:CTS社)でService Cloudが導入されたことを発表しました。Service Cloudは僅か6週間で導入され、顧客からの問い合わせの一元管理を可能にします。

CTS社は、テスティングIPと呼ばれる様々な半導体試験のソフトウエアをクラウド上に用意することで、業界初となるオンデマンド型のテスティング・サービス「CloudTestingTM Service」を提供します。これは、従来の大型試験装置の販売とは異なり、ECサイトからニーズに合ったテスティングIPをPCへダウンロードし、小型の試験端末(貸与)とともにご利用いただく継続課金型のサービスです。導入コストが大幅に下がるだけでなく、最先端のテスティング・ソリューションがパーソナルユースな環境で実現でき、顧客層の広がりが期待されます。そこで、効率的に、きめ細やかなサポートを提供するため、Service Cloudの導入が決定されました。

CTS社Business Operation竹内良介氏は、Service Cloud導入について次のように述べています。
「Salesforce Service Cloudの柔軟性と拡張性の高さ、機能性、システム構築に必要な期間の短さなどに魅力を感じ、採用しました。導入も約1ヵ月半で完了し、スケジュール通りにサービスを開始することができました。」

Service Cloudは、コールセンター、コミュニティ、ソーシャルメディアの連携により、顧客満足度の向上とカスタマーサービス部門のコスト削減を効率的に支援します。

CTS社は、製品に関する顧客の率直な意見を聞くとともに、ユーザー同士のコミュニティを育てていくことが重要と感じ、ソーシャルメディアを活用していく考えです。また今後、北米をはじめとする海外への事業展開も視野に入れています。

その他の情報

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。