HerokuのCEOにトッド・ニールセンが就任

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2013年6月26日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
2013年7月2日

前VMware 社COOが業界をリードするクラウドアプリケーション開発プラットフォームを統括

セールスフォース・ドットコム子会社でクラウドアプリケーション開発のパイオニアであるHerokuは本日、トッド・ニールセン(Tod Nielsen)が同社CEO(最高経営責任者)に就任したことを発表しました。ニールセンは、Heroku入社以前にはVMware社に在籍し、COO(最高執行責任者)やアプリケーションプラットフォーム部門の責任者、EMC社とVMware社が共同出資するベンチャー企業Pivotal Labs社の責任者などを務めました。

さらに、開発者を対象とした事業を統括し成長させてきた25年以上の豊富な経験を背景に、BEA社、Microsoft社、Oracle社をはじめとする開発者向けソフトウェアにおける世界的大手企業で上級職を歴任しています。

HerokuのCOO(最高執行責任者)、オーレン・テイチ(Oren Teich)は次のように述べています。
「数々の開発者向け事業および開発者コミュニティの構築を成功へと導いてきた豊富な実績を持つニールセンのリーダーシップによって、Herokuの製品とサービスは一層拡大していくことになります。彼の経験は、Herokuのテクノロジーとサービスを新たなレベルに高め、ビジネスの成長を実現してくれると確信しています。」

HerokuのCEO(最高経営責任者)に就任したトッド・ニールセンは次のように述べています。 「Herokuは、開発者に高い生産性とクラウドへのスムーズな展開を可能にする環境をもたらしました。Herokuという卓越した価値を提供する魅力的なプラットフォームを構築したこのチームの一員として、クラウドコンピューティング市場を形作り変革していくことを楽しみにしています。」

トッド・ニールセン(Tod Nielsen)略歴

  • Vmware入社以前は、Borland Software社CEO(最高経営責任者)、Oracle社マーケティング&グローバルセールス・サポート担当シニア・バイスプレジデント、BEA社世界マーケティング戦略および業務ならびに研究開発責任者を務める。
  • それ以前はMicrosoft社に12年間在職し、データベースおよび開発者ツール担当ジェネラルマネージャ、プラットフォームグループ担当バイスプレジデントを含む上級管理職を歴任。

Heroku社について
セールスフォース・ドットコム子会社でクラウドアプリケーションの開発のパイオニアであるHeroku社は、サーバーやソフトウェアなどを購入する必要なしに、世界数十万の開発者がクラウド環境で400万を超えるアプリケーションを構築・実行する環境を提供しています。 一般的に使用されているほとんどのプログラミング言語のサポート、エンタープライズレベルのデータベースサービス、革新的な開発ツールを含むアドオンのエコシステムを背景に、Heroku社はスタートアップ企業、IT関連企業団体など幅広い層に、アプリケーションをより迅速かつ効果的に構築し展開する手段を提供しています。

その他の詳細はWebサイトhttp://heroku.com/をご覧ください。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。