セールスフォース・ドットコム、マイクロソフト社との新しい共同ソリューションを『Dreamforce 2014』で発表

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2014年10月13日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。

2014年10月16日
株式会社セールスフォース・ドットコム

業界リーダー2社がグローバルな戦略パートナーシップの顕著な進展を公表

カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップ* のCRMを提供する米国セールスフォース・ドットコム(日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼CEO: 小出伸一)およびMicrosoft Corp.社(Nasdaq: MSFT、以下マイクロソフト社)は本日、5月に発表した両社の戦略パートナーシップが大幅に前進したことを明らかにしました。具体的に、両社は現在開催されている世界最大のソフトウェアカンファレンス『Dreamforce 2014』において、Salesforce1 for Windows、Salesforce for Office、またSalesforceとの統合を実現するPower BI for Office 365/Excelインテグレーションを含む共同ソリューションを発表しました。

マイクロソフト社CEO(最高経営責任者)、サトヤ・ナデラ(Satya Nadella)氏は次のように述べています。
「当社は世界中のすべての個人と組織の生産性を高める環境づくりに焦点を当ておりますが、セールスフォース・ドットコム社とのパートナーシップは、まさにこれを後押しする役割を果たします。この数カ月にわたる両社のチームの尽力により本日発表出来たことを喜ばしく思うと共に、両者のお客様がモバイルデバイスからクラウド環境でより多くのことを実現するために、マイクロソフトとセールスフォース・ドットコム社がどのようにサポートしていくことができるのかをお見せしていけることを楽しみにしています。」

セールスフォース・ドットコムの会長兼CEO(最高経営責任者)、マーク・ベニオフは次のように述べています。
「Dreamforce にとってお客様は常に中心であり、その精神的支柱でもあります。このように大切なDreamforce において、マイクロソフト社とのパートナーシップの最初のマイルストーンとなる成果をお客様にお知らせできることを大変嬉しく思います。私たちは引き続きマイクロソフト社とのコラボレーションを通じて、両社のお客様のさらなる成功を支援していきたいと考えています。」

『Dreamforce 2014』において、両社は世界で最も広く使われているCRMプラットフォームと世界で最も広く使われている生産性向上ソリューションを統合した、ユーザの生産性をさらに高めることを可能にするソリューションを公開します。

  • Salesforce1 for Windows - ユーザはWindows 8.1モバイルデバイスからビジネスを行うことが可能になります。Salesforce1 for Windowsアプリケーションは現在招待ユーザのみを対象に配布しており、2015年後半に一般提供を開始する予定です。現在、ユーザはWindows 8.1モバイルデバイスでInternet Explorer を通じてSalesforce1 にアクセスできます。
  • Salesforce for Office - ユーザはコラボレーション、営業、カスタマーサービス、マーケティングに必要なコンテンツへ事実上どこからでもアクセスして利用できるようになります。
    • Salesforce Files - ユーザはMicrosoft SharePointのファイルにアクセスし、モバイル環境とソーシャル環境の両方を通じて、あらゆるSalesforce ビジネスプロセスで活用することが可能になります。Salesforce Filesは、すでに一般提供を開始しています。
    • iOS デバイスおよびAndroid 携帯でSalesforce1と Microsoft Office、SharePoint、OneDrive for Businessが統合されたことで、ユーザは文書をシームレスに開き、編集し、保存できます。2015年前半に一般提供開始の予定です。
    • 新しいSalesforce1 App for Outlook - Microsoft Outlook 2013、Exchange Server 2013、Office 365の統合により、ユーザはOutlook環境からSalesforce情報へ直接アクセスし、管理できます。2015年前半に一般提供開始の予定です。
  • Power BI for Office 365/ExcelとSalesforceの統合 - この新しい統合によって、ユーザはSalesforceおよびExcelと双方向にデータをロードし、レポートの作成、情報のビジュアル化、新しい知見の発見が可能になります。また、Power Query for ExcelとSalesforce の統合は現在プレビュー段階で、2015年前半に一般提供開始の予定です。Power BI とSalesforce の統合は、2015年前半に提供開始の予定です。Excel 向けSalesforce アプリケーションは、2015年後半に提供開始の予定です。

『Dreamforce』において、マーク・ベニオフはマイクロソフト社のマーケティング担当バイスプレジデントのトニー・プロフェット(Tony Prophet)氏を壇上に迎え、両社の戦略パートナーシップにおける成果、新しいテクノロジーソリューション、これらがお客様にもたらすメリットについてのディスカッションを行いました。

マイクロソフト社について
1975年に創立されたマイクロソフト社(Nasdaq “MSFT”)は、ユーザおよび企業が潜在能力を100%引き出すことをサポートするソフトウェア、サービス、デバイス、ソリューションの提供における世界No.1ベンダーです。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。