セールスフォース・ドットコム、Salesforce Analytics Cloudのプラットフォーム「Wave」を発表

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2014年10月13日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。

2014年10月16日
株式会社セールスフォース・ドットコム

市場規模380億ドルのアナリティクス分野に参入

誰でもあらゆるデバイスで簡単にデータを探索し、これまで見えなかった新しい知見を明らかにし、アクションを起こすことが可能に

セールス、サービス、マーケティングのアナリティクスを短時間で展開できると共に、モバイルアナリティクスのカスタムアプリケーションを構築し、質の高い意思決定を下せる環境を提供することが可能

『Dreamforce 2014』において、Accenture社、Deloitte Digital社、Informatica社をはじめとする30社以上のパートナーがビジネスニーズに対応するためのメソドロジーを公開

Equinix社、GE Capital社、TriCore Reference Laboratories社などが導入

カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップ* のCRMを提供する米国セールスフォース・ドットコム(日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼CEO: 小出伸一)は本日、Salesforce Analytics Cloudのプラットフォーム、「Wave」を発表しました。Waveはすべてのビジネスユーザ向けにデザインされた初のクラウドアナリティクス・プラットフォームで、誰でもあらゆるデバイスで簡単にデータを探索し、これまで見えなかった新しい知見を明らかにし、アクションを起こすことが可能になります。 セールス、サービス、マーケティングのアナリティクスを短時間で展開できると共に、任意のデータソースを使用してモバイルアナリティクスのカスタムアプリケーションを構築し、質の高い意思決定を下せる環境を提供できます。史上最大のソフトウェアイベント『Dreamforce 2014』では、Accenture社、Deloitte Digital社、Informatica社をはじめとする30社以上のパートナーが、あらゆるビジネスニーズにどのように対応するかを公開します。Equinix社、GE Capital社、TriCore Reference Laboratories社など、Waveを導入し、顧客に関する知識を深めています。

本ニュースに関するコメント

  • セールスフォース・ドットコムの会長兼CEO(最高経営責任者)、マーク・ベニオフは次のように述べています。
    「15年前、Salesforce はCRM業界に変革をもたらしましたが、本日、Salesforce はアナリティクス市場に変革をもたらすデビューを飾りました。私たちは、Customer Success Platformによって企業がこれまでとまったく違う 環境で顧客とつながることを実現するだけでなく、画期的なWave Analytics Cloudによって、 顧客についての知識を深めることを可能にします。」
  • セールスフォース・ドットコムの製品担当プレジデント、アレックス・デイヨン(Alex Dayon)は次のように述べています。
    「データレボリューション(革命)によって、企業が顧客とより深く、より意義ある関係を確立する新たなチャンスが創出されました。従来のアプローチは非常に時間がかかり、複雑で分かりづらいため、長い間ビジネスユーザはデータを活用することができませんでしたが、Wave Analytics Cloudはあらゆるユーザが活用できるアナリティクスを提供することが可能になりました。
  • GE Capital社のコマーシャルエクセレンス担当シニア・バイスプレジデント、ジョン・サビノ(John Sabino)氏は次のように述べています。
    「Waveによってこれまで以上の知見、知識、ノウハウを手にできるようになったことで、お客様がより迅速に成長できるようになりました。私たちは、高速かつスケーラブルで使いやすいグローバルアナリティクス・プラットフォームを初めて手にしたのです。このプラットフォームのお陰で、どこからでもアクションを起こし、他の銀行・金融機関とは違うやり方で、価値と知識をお客様に提供できるようになりました。」
  • IDC社のビジネスアナリティクス・リサーチ担当プログラム・バイスプレジデント、ダン・ヴェセット(Dan Vesset)氏は次のように述べています。
    「エンドユーザが競争力を強化すると共に売上増加につながる質の高い意思決定のために、適切なタイミングでビジネスへの知見を手にすることを求める中で、セルフサービス型のアナリティクスに対する需要は、企業のあらゆる部署で大きく高まっています。この需要を背景に、従来のアナリティクスモデルに付き物のボトルネックを回避し、量に関係なく多様なデータソースを探索するための、よりモバイルかつコラボレーティブでシンプルなアプローチをユーザに提供する、Waveのようなクラウドベースのアナリティクスソリューションへの扉が開かれました。」

Salesforce Analytics Cloudプラットフォーム「Wave」 - いつでもどこでも、あらゆるユーザが利用できるアナリティクス
Waveによって、あらゆるデバイスからあらゆるデータソースを探索して新たな知見を明らかにし、アクションを起こすことが簡単に行えるようになります。15年前にCRMを変革したときと同様に、今回もセールスフォースはアナリティクスのエンド・ツー・エンドのプロセス全体を見直し、データ革命を実現しました。Waveは動的なユーザエクスペリエンス、インデックスサーチ、強力なコンピューティングエンジンのすべてを、垂直統合された1つのクラウドアナリティクスプラットフォームとして提供します。

Waveはアナリストだけではなく、ビジネスユーザを念頭にデザインされています。もうビジネスユーザは、複雑で時間のかかる社内プロセスを経て分析をリクエストする必要はありません。ビジネスユーザは、たとえば出張のために世界中のフライトを検索して絞り込むことが数秒でできる消費者向けの旅行アプリを使うのと同じ手軽さで、数十億行のデータへ迅速にアクセスし、簡単に分析することができます。ビジネスアナリストは、単一のダッシュボードで適切なサードパーティのデータソースのマッシュアップを構築し、ユーザがデータの相関関係を明らかにしてビジネスアクションにつなげられるようにサポートすることで、ユーザが知見を手にするためのより戦略的なアプローチを実現できます。Waveは、ソーシャルコラボレーションも促進します。ビジネスユーザが手にした知見は、Salesforce Chatterを通じてダッシュボードで共有し、新しいワークフローとタスクを開始できます。

現在、モバイルデバイスはあらゆる新しいイノベーションの中核となっていますが、Waveの革新的なユーザエクスペリエンスは、携帯電話とタブレット用に最適化されている消費者向けアプリケーションやビデオゲームなどの洗練された最先端のテクノロジーをヒントにしています。Waveは、ビジネスユーザが直観的なデータのフィルタリングやビューのカスタマイズを行い、どこにいても必要な知見を手にできるようにデザインされている、インタラクティブ(対話型)ダッシュボード、チャートを通じてデータを提供します。またすべてのデータソースのインデクシングと高速クエリ処理によって、Waveは卓越した応答性のフリーフォーム(自由形式)のナビゲーション環境を提供し、ユーザはかつてない使いやすい環境でデータセットのクエリを行い、検索の精度を継続的に高めていくことで質の高い知見を手にすることができます ―― これらのすべてを、使い慣れた携帯電話で行えます。質問する言葉をあらかじめ考えておく必要もありません。アドホックなデータ探索が可能なWaveによって、ユーザは従来の環境では明らかにできなかった知見を手にすることができます。

すべてのデータソースから知見を引き出す「Wave」 - アナリティクスアプリケーションからすべてのビジネスアクションに情報を提供することが可能に
Waveでは、アナリスト、ITスタッフ、開発者のすべてがビジネスリーダーと緊密に連携し、数秒レベルでよりスマートなデータ駆動環境で意思決定を下すことが可能になります。またWaveはSalesforce1 Platformとネイティブに統合され、このプラットフォームのシングルサインオン、データセキュリティ、コンプライアンス機能のすべてを活用します。これによってユーザは、Salesforce1 Platformを基盤に構築されているパートナーアプリケーションからのデータを含め、Salesforceからのデータを迅速にドラッグ&ドロップし、セールス、サービス、マーケティング向けのアナリティクスアプリケーションを展開できます。さらに、開発者とITスタッフはWave APIおよび他のデータコネクタを使うことで、SAPやOracleの構造化データからマシンデータやソーシャルデータなどの非構造化データまで、サードパーティデータソースへ簡単にアクセスできます。また、Waveはプラットフォームなので、開発者はすべての部門・部署向けのカスタムアナリティクスを構築したり、顧客向けの最新のアプリケーションやオンライン化した製品にアナリティクスを埋め込んだりすることができます。

『Dreamforce 2014』では、30を超えるパートナー各社が、導入企業がどのようにアナリティクスをカスタマイズして展開し、すべてのビジネスニーズを満たしているのかを公開します。

  • 統合リーダー:Dell Boomi社、Informatica社、Jitterbit社、MuleSoft社をはじめとする統合のエキスパート各社が、オンプレミスのSAPデータやOracleデータからマシンおよびソーシャルデータまで、あらゆる構造化データと非構造化データのシームレスな統合をサポートします。
  • SI(システムインテグレーション)リーダー:Accenture社、Appirio社、Deloitte Digital 社をはじめとする導入展開のエキスパート各社が、アナリティクス戦略を推進するための卓越した業界ノウハウとベストプラクティスを明らかにします。
  • ISV (独立ソフトウェアベンダー)リーダー:Axeda社、Dun & Bradstreet社、FinancialForce社、Predixion社をはじめとする幅広い範囲の独立ソフトウェアベンダーおよび予測アナリティクスベンダー各社が、あらゆるビジネスユースケースに合わせてWave を拡張します。

データ駆動型の企業が信頼を寄せるWaveのスケールとスピード - まったく新しい環境で顧客への理解を深めることが可能に
Equinix社、GE Capital社、TriCore Reference Laboratories社など、 Waveの優れたスケールとスピードに信頼を寄せ、これまでとはまったく違う新しい環境で顧客への知識を深めています。営業担当者は、地域的な人口統計データと購買パターンの履歴データを組み合わせることで、どの顧客にどの製品の販売すべきかを判断でき、カスタマーサービスの担当者は、問い合わせが最も多いのは製品ライフサイクルのどのステージなのかを把握しておくことで、問題解決に要する時間を短縮でき、マーケターは、ポップカルチャーのトレンドや新しいファッションアクセサリへの消費者のリアクションに基づいて、販促キャンペーンの精度を高めていくことが可能になります。またすべての企業が、顧客向けにパターンの分析、新しいトレンドの発見、アクションにつながる知見を提供するカスタムアナリティクスを構築し、提供することができます。

価格および提供時期

  • Wave Analytics Cloudは2014年10月20日に一般提供開始の予定で(英語版)、他の言語バージョンも逐次提供していく予定です。
  • Wave モバイルアプリケーションはまずApple iOS for iPhone/iPadで提供開始の予定で、他のデバイスも逐次サポートしていく予定です。
  • Wave Platformライセンスには、すべてのコンピューティング、データ管理、API、セキュリティインフラストラクチャが含まれています。Wave Platformの毎月の利用料金は、Wave ExplorerおよびWave Builderのライセンス数に基づいて計算されます。
  • Wave Explorerライセンスには、データの知見とダッシュボードの閲覧、発見、パーソナライズ、共有を行う権限が含まれています。基本料金は、ユーザあたり月額125ドルとなります。
  • Wave Builderライセンスには、データセット、データ接続、ユーザアクセスの作成、展開、管理を行う権限が含まれています。基本料金は、ユーザあたり月額250ドルとなります。

その他の資料
Salesforce Analytics Cloudの詳細:http://www.salesforce.com/analytics-cloud/(英語)

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRM(顧客関係管理)を提供し、企業が顧客と新しい形でつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に 上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2016 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。