ロレアル USA


"顧客のニーズを徹底的に追求している当社にとって、ソーシャルツールは不可欠です。"

-Barry Gilmore 氏
CIO

コラボレーションで新しい美を探求するロレアル社

「あなたにはその価値があるから」 のキャッチフレーズで知られるロレアル社は、世界最大規模の化粧品および美容用品会社です。同社は、数ある企業の中でも群を抜いて、顧客と非常に親密な関係を築いています。 ランコム、メイベリン、レッドケンなど、28 のグローバルブランドを展開しているロレアルは、数多くの人々に、贅沢な美の時間を日々提供しています。 ロレアル社は、自社の重要なブランドをすべて守り販売を促進していくために、ソーシャルツールを導入し、業務の連携と顧客との交流を図っています。

ロレアルは、驚異的なペースで成長を遂げ、これまでに数々の企業を買収してきました。しかし、その結果として、コミュニケーション上の問題が発生していました。 そこで、同社は Salesforce とを採用して営業活動とバックエンドシステムを統合し、業務製品部門におけるデータ共有と複数ブランドの連携を促進しました。その結果、全般的な業務効率が飛躍的に向上しました。

またロレアルは、複数のポータルを構築しており、製品情報、デモ解説をはじめ、サロンイベントを主催する販売代理店の営業担当者や美容関係者を対象としたトレーニング資料を提供しています。 「当社は、サロンとの連携体制を維持しながら、全自社ブランドの対応力をできるだけ高めようとしていました」と CIO の Barry Gilmore 氏は振り返ります。 「顧客のニーズを徹底的に追求している当社にとって、ソーシャルツールは不可欠です」

ロレアルは、Salesforce の導入によって成功を収めた後、さらに社員のソーシャルネットワークを構築し、営業担当者や美容関係者が共同で複数のブランドを対象にしたイベントを企画できるようにしました。また、ヘアカラーの技術や、縮毛の解消方法、髪の光沢を保つ方法など、さまざまな情報を交換できるようにしました。 また、管理者と社員とのコミュニケーションが円滑化されたことで、組織中のすべての社員が同じ情報と認識を共有しています。 新しいシステムを導入したことで、ロレアルは合併企業の統合や、新ブランドの展開を短期間で行えるようになりました。さらに営業や販売も効率化されており、顧客のニーズに合った優れた美容商品を提供しています。

ロレアル USA
ロレアル USA