公共機関向けソリューション「市民と行政をつなぐ市民の声管理システム」

マルチチャネルで市民の声を受付け
透明性の高いワンストップ対応を実現
市民の声を統合管理し、対応状況の見える化も可能に

背景・課題

  • 縦割り型の行政により、市民ニーズに的確に対応することが困難
  • 長引く景気低迷などの影響から自治体の財政が次第に逼迫
  • 適切なタイミングで最適な行政サービスを提供する仕組みづくり

近年は少子高齢化、生活様式・価値観の多様化など社会情勢が大きく変化しています。自治体に寄せられる市民からの意見や要望も多岐にわたり、旧来型の縦割り行政では、ニーズに的確に対応することが難しくなっています。
これからは市民を中心として、ワンストップで行政サービスを提供できる仕組みづくりが必要です。様々な行政情報や住民情報の一元管理も必須の課題となっています。まずはSNSなどのソーシャルな仕組みと、電話やネット等各種デバイスを経由して、多様化・潜在化している市民の『真の声』を確実にかつ効率的に収集する仕組みが必要です。そして収集した住民からの要望や意見を市政に反映し、持続的に改善を続けるサイクルを運用できれば、市民に適切なタイミングで最適な行政サービスを提供することが可能になります。
そのためにはIT活用が欠かせません。しかし、自治体の財政は厳しさを増しており、一からシステムを構築する方法ではコスト的な負担が大きなハードルとなります。実運用に至るまでに時間もかかり、スピードも損なわれてしまいます。そこで注目したいのが、セールスフォース・ドットコムが提供するクラウドサービス「市民の声管理システム」です。

図

「市民の声管理システム」は、セールスフォース・ドットコムが多様なクラウドサービスで培った技術・ノウハウをもとに、行政に最適化された仕組みを提供するソリューションです。詳細については、下記PDFをダウンロードください。

市民の声管理システム
「市民の声管理システム」
~市民の声を統合管理し、
対応状況の見える化も可能に~
詳しくはこちらから
PDF ダウンロード
ファイル容量:1.14MB