見込み客の評価(スコアリング)

B2Bマーケティング担当者の61%は、すべての見込み客を直接営業部門に回していますが、見込みのあるものはその中の27%に過ぎません(MarketingSherpa)。 有望な見込み客だけを回すようにすれば、営業部門はより効率的に受注に結びつけることができます。

独自の基準による見込み客の優先順位付けと評価

  • リードの関心の高さを知る

    お客様が重要と判断する見込み客のアクションにポイントを割り振ります。 そのスコアを使用して、お客様の製品やサービスに対して見込み客がどれくらい関心を持っているか判別します。

  • プロファイルに一致するか一目で見分ける

    見込み客がお客様の製品やサービスに関心を持っているだけでは不十分です。 見込み客のスコアとグレードを同時に使用して、見込み客がお客様の理想のプロファイルに合致しているかどうかを判断します。

  • 見込み客育成プログラムの自動化

    見込み客のスコアが一定の基準に満たない場合は、その見込み客を営業部門に割り当てる前に、育成プログラムに組み入れます。 育成プログラムの成果によって見込み客のスコアが向上したら、自動的に営業部門に割り当てて、フォローアップを行うことができます。

bg-phone-right

Pardot の製品デモをご覧ください

Pardot を使えば、オンラインのマーケティングキャンペーンを作成、導入、管理して、最大限の効率で収益性を高めることができます。まずは 1 分でわかる製品デモをご覧ください。

デモを見る ›

ご不明な点は 、
0120-733-257 までお問い合わせください。

product