[

アプリケーションパートナーの皆様がForce.comでアプリケーションを開発する理由

クラウドプラットフォームは世の中に数あれど、その中でも Force.com が際立つのはそのカバレージです。

Force.comのカバレージ

クラウドはそのサービス内容によって IaaS, PaaS, SaaS 等いくつかの種類に分類されます。アプリケーションを開発 / 提供することをビジネスの柱とするアプリケーションパートナーの皆様にとって、差別化要素となるのはアプリケーションそのものであり、それを支えるプラットフォームに求められる要件は数多あるものの、プラットフォームが直接差別化につながるわけではありません。

差別化につながらない車輪の再発明を避けるため、 Force.com ではアプリケーション開発以外のほとんどの部分をサービスとして提供しています。このサービスにはサーバ環境はもちろんのこと、データベース、ウェブの実行環境といったミドルウェエアプラットフォームに加え、アプリケーションのトライアル環境や公開・配布という販売スキームについてもユニークなサービスを提供しています。

Force.com を選択することで ISV パートナー様は自社のリソースをアプリケーション開発に集中させることができ、結果として競合力のあるサービスを短期間で構築していくことが可能になります。

アプリケーションパートナープログラムのベネフィット

アプリケーションパートナープログラムにご参加いただいたパートナーの皆様には、選択されるプログラムに応じて下記のようなサポートとツールが提供されます。

  • • アプリ開発/販売に必要な情報を一日で学ぶトレーニングを提供(無償)
  • • Salesforce.com のアプリケーションビジネスエキスパートから販売ベストプラクティスの提供
  • • Salesforce.com の Technical Architect を交えてのアプリケーション設計
  • • アプリケーションをインストールするだけで構築できるユーザー向けトライアル環境
  • • ユーザーのライセンスを管理するためのアプリケーション
  • • ユーザー環境にログインして直接サポートができる代理ログイン機能
  • • ユーザーの作業を要さずにアプケーションのバグ修正パッチを適用できるプッシュ型のアップデート機能
  • • 自社製品専用のログイン画面、メール通知を設定できるブランド機能

費用と条件

まず、アプリケーションパートナープログラムにご参加いただくこと自体に費用は発生しません。発生する費用はご提供されるアプリケーション1つにつき、年間6万円のセキュリティレビュー費用のみです。

*セキュリティレビューはアプリケーションをご販売いただく前に必ず受けていただく必要のあるアプリケーションのセキュリティ脆弱性の検査です。

また、 ISVforce パートナー、 OEM パートナーについてはアプリケーションのご販売実績に応じたロイヤリティが発生します。 ( ロイヤリティについて詳しくは営業担当までお問い合わせください )

また、参加条件は 「 アプケーションを開発・販売いただ く」 ということのみです。ISVforce パートナーについては Salesforce との連携アプリケーションを開発いただくことになり、 OEM パートナーについては Salesforce との連携を行わない独立したアプリケーションを Force.com を用いて開発いただくことになります。 ( 各パートナーのタイプについては2つのプログラムと特徴をご参照ください )

]