ポイントとクリックによる設定

Force.com Builderでアプリケーション開発を簡単に

会社の業務を一番理解しているのが自社のユーザであるならば、 生産性向上に欠かせないアプリケーションの正確な要件を理解しているのも、社内の人間であることが多いでしょう。しかしながら、従来のソフトウェア開発の方式ではユーザが良いアイデアを思いついても、彼らができるのは機能に関する要望をまとめ、それをIT部門に提出するところまでで、その先はIT部門に任せるしかありませんでした。ところが、IT部門は常に仕事が山積みで緊急性の高い作業から順に手をつけるため、社内からのリクエストは後回しにされてしまい、ユーザは我慢を強いられ生産性も上がりません。

セールスフォース・ドットコムはこのような非効率的なプロセスを改善するため、Force.comとForce.com Builderを活用したプログラミング不要の新しい開発アプローチを提案しています。 Force.com Builderを使うとユーザやCRM管理者は自分たちでアプリケーションをカスタマイズできるようになり、開発者もこのツールを利用して作業効率を上げることができます。Force.com Builderではマウス操作でアプリケーションのオブジェクトの属性(メタデータ)を設定でき、これらの集合体がアプリケーションの「設計図」を形成します。エンドユーザがアプリケーションを操作すると「設計図」の中の設定情報が変換され、ユーザインタフェースに適当な形で表示されます。基本となるアプリケーションを保護するために、ユーザはコアコードを変更できない構造となっており、アプリケーションのメタデータフレームワークで定義された制約の中で作業することになります。

Force.com Builderを活用して業務をスムーズに

メールによるプロジェクト管理や コミュニケーションミスによるプロジェクトの遅れに、ストレスを感じたことはありませんか?また、誰が、いつ、何をしたのか行動を記録する必要性を感じたことはありませんか?

Force.com Builderではアプリケーションのデータモデル、ビジネスロジック、ユーザインターフェースのカスタマイズだけでなく、Salesforce CRMのワークフローをカスタマイズすることが可能です。ワークフローのオートメーション機能を業務に最適化することで、ビジネスプロセスの合理化、管理コストの削減、問合せに対する応答時間の短縮などを実現できます。ワークフローのカスタマイズには、次のようなものがあります。

  • ワークフロールールの作成と変更。商談の成約など、ビジネスイベントにもとづいたワークフロールールを作成できます。プロセスの変更に応じてルールも簡単に修正できるため、業務要件の変化にも柔軟に対応可能です。
  • タスクの自動生成、割当て ビジネスイベントがワークフロールールをトリガすると、関連付けられたタスクを自動生成して割当ても実行します。
  • タスクテンプレートの自動生成。タスクをテンプレートを使って作成でき、テンプレートには優先度、ステータス、期日などの標準データを取り込むことが可能です。 

 

カスタマイズがさらに簡単に 

他社でもメタデータを使った設定の変更をある程度許容していますが、セールスフォース・ドットコムのようにコーディングをせずに広範囲にカスタマイズをすることはできません。また、ユーザインターフェースやビジネスプロセス、ワークフローを弊社のように簡単かつ短時間でカスタマイズすることも難しいでしょう。