corner_overlay

Force.comを使ってクラウドで新しい市場での商機をつかむE*Assist社

E*Assist LLC社は、クラウドコンピューティングを活用して、金融コンサルタントコミュニティに対し、ビジネスの成長と法令遵守を管理するアプリケーションを開発する新しい企業です。金融アドバイザー向けの総合的な実践管理システムに創業者が商機を見いだし、その基盤としてForce.comを使用し、3ヶ月のうちに新しいソリューションを土台から構築しました。

すべての始まりは、E*Assist社のCEOにして、オンライントレーディングのパイオニアでもあるTed Tsung氏が、資産管理の分野で起こっている大きな変化に気付いたときのことです。ベビーブーム世代の人たちが退職年齢に達し、これまでにない数の人たちが金融面のアドバイスを求めているのです。市場の不確実性も、そうした手引きの必要性が大きくなりつつある要因になっています。規制強化に直面し、他のプロセスに対するニーズを生み出している金融サービスについて、Tsung氏は、金融アドバイザー(独立ブローカー/ディーラー、登録投資アドバイザー(RIA)、独立エージェントなど)を支援をすることに商機を見いだしました。彼らの生産性を上げて成長を維持し、一方では、今日の規制の多いマーケットプレイスの複雑な状況を管理するのです。

一から作成することにより、創業者は型にはまらない発想をするようになりました。Tsung氏は、市場に提供するための最善の策は、ビジネスをクラウドで開発することだとすぐに判断しました。そして、エンタープライズアプリケーションの構築と展開を行う最速のプラットフォームとして、Force.comは新しい会社のニーズを満たす理想の選択肢でした。

Force.comを選択

「顧客を真ん中に据えた実践管理システムを設計して、何か革命的なことをしたいと考えていました。」とE*Assist社社長のJeremy Condie氏は説明します。このシステムをForce.com上で開発することは、アイデアを現実のものにする最速の方法であることがすぐに明らかになりました。

Condie氏とTsung氏は、見込み客管理、顧客管理、ポートフォリオ作成など、クライアントのライフサイクル全体を包括する完全なソリューションをForce.comでサポートできることを確信しました。これまで、ほとんどの金融アドバイザーは、電子メール、法令遵守、CRM、およびポートフォリオ管理などに、ばらばらで関連のないアプリケーションを使用しており、情報を総合的に扱ったり、効率のよいサービスが提供されることを困難にしていました。

「Force.comは、複雑なカスタマイズと、実質的なプラグ&プレイ式の統合がどちらも可能であり、E*Assist社が必要としている機能を備えています。「当社のForce.comベースのソリューションのユーザが、クライアントの記録を持ち込むと、そのクライアントの資産の運用状況など、関連するすべての情報をすぐに見ることができます。」とCondie氏は言います。

E*Assist社がForce.comを選択したもう1つの重要な理由とはなんでしょう。本質的にコラボレーションをサポートできることです。オンデマンドソリューションは展開が容易で、必要なのはブラウザだけです。アップグレードは気付かないうちに行われ、連携、技術の複雑な依存関係、あるいはベンダーの独占などが損なわれることもありません。「我々は、さまざまな企業や地理的条件にまたがって展開でき、それぞれのシステムとすぐに統合できるソリューションを必要としていました。Force.comならば、すぐに提供できました。一から開発しようとすれば、数年、あるいはもっと時間がかかったでしょう。」とCondie氏は言います。

そして、決定的だったのは、Force.comの実績ある拡張性、信頼性、そしてセキュリティでした。「これは、とにかく非常に重要なデータです。Force.comの実績ある機能がなければ、総合的な実践管理システムの開発など、夢にも思わなかったでしょう。」とCondie氏は言います。

Force.comは、クラス最高のサービスデリバリーを提供します。データを物理的な損失や不正使用から保護し、常時使用可能であることを保証してくれます。 これによって、ユーザベースが成長しても、E*Assist社は満足いただけるサービスデリバリーを維持できることを保証します。「Force.comがあれば、我々はバックエンドの構築や維持に煩わされることはありません。そのおかげで、真のビジネスソリューションの提供に思い切り集中できます。」とCondie氏は言います。

 

Force.comの利点

Force.comを使用するという決定は、E*Assist社にとって正しい決定であることが証明されました。

創業者は特に、プラットフォームのスピードと柔軟性に満足しています。そして、それが競合相手を出し抜く上でどれほど助けになっていることでしょう。「我々が最初のリリースを完成させるまでに、わずか3ヶ月しかかかりませんでした。Javaや.NETを使用していれば、同じ機能を持つソリューションの開発には少なくとも9ヶ月はかかったでしょう。これほど短期間のうちに、Force.comによって顧客のためのカスタムソリューションや新機能をクラウドで作成し、黒字化できるとは驚きです。その違いは昼と夜のようなものです。Force.comにより、我々はデータモデルを調整し、機能的プロトタイプの作成も、数週間もかからず、数時間でできます。 」とTsung氏は言います。

E*Assist社は、Force.comによって大幅な開発コストの削減も実現しました。Tsung氏の評価では、.NETやJavaを使った場合、開発コストだけでも少なくとも3倍のコストがかかっただろうということです。そして、Force.comを使用したことで、E*Assist社は、製品を配布するためのハードウェアやソフトウェア、また、それらの維持に必要な人的パワーに対する投資も必要ありません。「Force.comからデータベースやWebサイトの提供を受けて節約できた分は、毎年少なくとも100万ドルにはなるだろう。」とTsung氏は付け加えます。

こうした節約によって、会社は競争力のある価格モデルを顧客に提供できるようになりました。資産管理業界をターゲットにした他の製品とは異なり、E*Assist社はコンサルティング、統合、またはカスタマイズの料金を取りません。クライアントには、月々の利用料金がかかるだけです。これは、見込み客にとってE*Assist社の大きな魅力にもなっています。

 

市場をつかむ

E*Assist社の革新的なソリューションは、すでにマーケットプレイスで成功を見せつつあります。新しいソリューションを市場に投入してわずか数ヶ月で、会社はコンサルタント会社、ブローカー/ディーラー、投資銀行など、10以上もの新しいクライアントと契約を交わしました。

成功の一端は、Force.com AppExchangeでこのアプリケーションをリストに載せることにした会社の決断によるものです。オンラインマーケットプレイスに公開することで、E*Assist社は質のよい見込み客(リード)を獲得でき、その多くが売上につながりました。「AppExchangeは、素晴らしいマーケティング機能です。我々にとって有利に機能しています。」とCondie氏は言います。

E*Assist社の創業者は、商機をクラウド(雲)の中に見つけたら、その可能性は青空のように広がっていることを学びました。「我々はもともと、比較的小さな事務所の個人コンサルタント向けのソリューションとしての製品を考えていました。しかし、クラウドコンピューティングの概念が企業に受け入れられるようになるにつれて、大規模な金融機関からも大きな関心を寄せられつつあります。洗練されたシステムと複雑な技術を持った人たちがいて、その人たちは、E*Assist社とForce.comが提供する利益を高く評価しています。」とCondie氏は言います。

 

Force.comを始めるには?

Force.comクイックスタートの手順に従って開発をはじめてください。

 

Force.comのお客様導入事例をすべて見る >