corner_overlay

MyLoanBiz社、ローンアプリケーションをForce.comプラットフォームで開発、業界ギャップを埋める

その昔、ローン業界には、顧客関係管理(CRM)アプリケーションには埋められないギャップがありました。営業組織向けの画一的なソフトウェアでは、ローン業界のニュアンスに合わせられる柔軟性を提供できませんでした。ローン会社は部分的にしかニーズを満たすことのできない固定的なプログラムに苦しみ、莫大な時間とリソースをカスタムプログラムの開発に注ぎ込みましたが、それでも完璧なソリューションを提供することはできませんでした。

MyLoanBizに入ってみましょう。

ビジネスの青写真としてのForce.com

MyLoanBiz社は、ローン業界向けのSalesforceアプリケーションの、事前設定済みのバージョンを提供します。Force.com ISVパートナーとして、MyLoanBiz社はセールスフォース・ドットコムのForce.comプラットフォーム上に、完全な機能を備えたアプリケーションを開発しました。世界最初のPaaS (Platform as a Service)であるForce.comによって、開発者は、完全にオンデマンドで、ソフトウェアなしで、あらゆる種類のビジネスアプリケーションを開発し、配布することができます。

「オンデマンドアプリケーションの開発とその販売に必要なすべてが、Force.comプラットフォームに付属しています。」とMyLoanBiz社のCEOであるGeorge Kenessey氏は言います。「ビジネス開発のための青写真が提供され、技術、マーケティング、および新規リリースを使って完成させます。それを自分たちがいる業界の一部に適用します。Force.comは大きな強みであり、それをなくしてはMyLoanBizは開発できませんでした。」

MyLoanBizでは、ローンの個人専門家、またはローン会社全体で、連絡先の詳細から活動履歴まで、重要なクライアント情報をすべて一か所で管理することができます。Salesforceを使いたいローンの専門家は、もうカスタマイズに時間とお金をかける必要がなくなりました。標準的な業界機能を使ってすでにカスタマイズされているアプリケーションは、各会社やユーザの個別のニーズに合わせて、さらに詳しく設定することができます。

「我々が開発したのは、450個以上のカスタムフィールド、4個のカスタムオブジェクト、15~20個のSコントロール、さらに最大70通のカスタム電子メールが付属した、一般的なローンアプリケーションです。」とKenessey氏は言います。「しかしどのユーザも独自のビジネスの進め方があり、たとえば貸出担当者が新しいページを作成したい場合や、新しいフィールドを追加したい場合、それが可能です。我々の競争相手はどこも、そのような柔軟性は提供できません。」

 

ベンチャーキャピタルを忘れる

設立以来、MyLoanBiz社は急速に顧客を獲得し、翌年には収益が倍になると見込まれています。この急激な成長を反映して、Kenessey氏は、「顧客ベースを構築するために十分な成熟した段階までビジネスが成長するには、通常は数年かかります。我が社は第一日目からその域に達しました。Force.comが我々を成長のレースに引き込み、それ以来ずっと成長を続けています。」と言います。

この急激な成長は、会社が自由にコアビジネスに集中できたことによるもので、それは、技術インフラストラクチャがすべて、セールスフォース・ドットコムによって管理されているからです。「セールスフォース・ドットコムは、間違いなく最高のオンデマンドシステムのプロバイダです。」とKenessey氏は付け加えます。「セールスフォース・ドットコムの開発者チームは、常時、そのプラットフォームを調整し、磨きをかけています。そのため、我々はローンの観点から自由に仕上げることができるのです。」

会社は実際、個人のベンチャー投資家に対するセールスフォース・ドットコムのようなものです。「彼らが我々の業務すべてを引っ張り上げてくれました。」とKenessey氏は言います。「Force.comパートナーとして、インフラストラクチャを構築したり、サーバやソフトウェアを購入する必要はありませんでした。我々のサポートのニーズにも配慮してくれ、AppExchange上でのアプリケーションの配布や販売までも手伝ってくれました。」

MyLoanBiz社は当初、ColdFusionを使って製品を開発しました。その後、アプリケーション開発のための他の選択肢についてもいくつか検討しましたが、最終的に取るべき唯一の道はSalesforceであると判断しました。

「開始した日の終わりには、セールスフォース・ドットコムとパートナー関係を結ぶことと、Force.com上で開発を行うことによって、必要なものすべてを得られることがはっきりしました。」とKenessey氏は言います。「Javaや.NETでは数ヶ月かかるようなことを数週間で開発できました。Force.comは単なる開発プラットフォームではありません。我々はその上に会社全体を構築しました。」

 

セールスフォース・ドットコムとのパートナー関係: コスト削減とブランド

コスト削減の点では、Force.com上でスタンドアロン型のアプリケーションを開発したことで、MyLoanBiz社の予想コストは大きく外れました。5人から成る会社は、必要に応じて少人数の開発者を集め、ぎりぎりの状況で各従業員の力を最大限に生かして運用しています。

Kenessey氏は以前、会社を立ち上げたときに、ベンチャーキャピタルにそのための600万ドルを要請しました。「ハードウェア、ソフトウェアをすべて購入し、大量の開発者を雇う必要がありました。コストは膨れ上がるばかりでした。今では、そのようなやり方でビジネスを立ち上げることは想像できません。」

Force.comプラットフォームの費用効率の良さは、インフラストラクチャの節約にとどまりません。会社が自社のブランドを確立するには、マーケティングキャンペーンや広告に大金をかけて、さらに数年かかります。この場合、セールスフォース・ドットコムというブランドがMyLoanBiz社のアプリケーションに組み込まれ、信頼をはぐくむ手段として顧客を引き付けるのに役立ちました。

「人はセールスフォース・ドットコムというブランドを信頼しています。」とKenessey氏は言います。「我々の顧客の多くは、当初、Salesforceと組みたいと思っていたのですが、独自のアプリケーションを開発しカスタマイズする時間がありませんでした。そこを我々は利用しています。パッケージ化という意味で今我々が行っていることは、どれにも、我が社のロゴも含めて、Salesforceブランドが反映されています。」

MyLoanBiz社が軌道に乗りつつあるとき、セールスフォース・ドットコムも広報活動を支援しました。「セールスフォース・ドットコムが作成した共同プレスリリースは、我々にとっては無料のPRとなりました。本当に信じられないくらいです。」と彼は付け加えます。

 

向上を続ける

セールスフォース・ドットコムが受賞歴のあるSaaSソリューションの改良を続けていることで、MyLoanBiz社のような企業も、その恩恵を受けています。新しいリリースが出るたびに、セールスフォース・ドットコムがForce.comプラットフォームにあるリリースを更新し、そのすべての顧客にそのアップグレードが伝わります。これまでのリリースは、会社が特定の顧客に個々の機能を必要に応じて適用するときに役立ちます。

たとえば、MyLoanBiz社はVisualforceを適用して、クライアントのコールセンター環境の1つを合理化する予定です。そのために、事前に埋め込んであるコール情報を1か所に保存するスクリプトを使用します。このような優れた機能によって、規模を拡大し、より多くの顧客を集め、勝利を収めることができるようになります。

「セールスフォース・ドットコムは、イノベーションを達成するといつも連絡をくれます。「ひたすら向上を続けているわけですが、それは我々の製品も向上し続けていることを意味し、言いかえれば、我々のビジネスが成功が続くということです。」とKenessey氏は結論づけています。

 

Force.comを始めるには?

Force.comクイックスタートの手順に従って開発をはじめましょう。

 

Force.comのお客様導入事例をすべて見る >