corner_overlay

Force.comで思いのままのイノベーション、Riskonnect社が革新的なエンタープライズリスク管理ソリューションを提供

経験は最良の師。Riskonnect社のCEO、Bob Morrell氏の言葉を信じてください。

Riskonnect社の設立以前、Morrell氏は伝統的なリスク管理ソフトウェア会社で、プラットフォームと従来型のデータセンターをその土台から構築し、 時間とエネルギーをインフラストラクチャのメンテナンスに投入して、精根尽き果ててしまいました。

「実際のところ、プラットフォームとインフラストラクチャ構築にばかり集中して、最終製品のことはあまり考えていませんでした。1日24時間年中無休で、世界に広がるインフラストラクチャを管理することのストレスでイライラし、 非生産的でした」とMorrell氏は言います。

数年もかからず、数ヶ月で市場に対応

2007年7月にRiskonnect社を立ち上げたとき、Morrell氏が最初に出した業務命令は、Force.comプラットフォームの調達でした。

「実績のあるセキュリティと信頼性を備えたインフラストラクチャをそのまま使える形ですぐに提供できるのは、Force.comプラットフォームであることは明白でした。我々はあらゆるものを開発したり管理したりする必要があります。これまでのものとは180度の大転換でした。」と説明します。

3ヶ月のうちに、エンタープライズリスク管理アプリケーションをForce.comプラットフォーム上で開発しました。Force.comプラットフォームは、100万人以上のユーザに対して最高クラスのセキュリティと信頼性を提供する世界初のPaaS (Platform as a Service)です。Riskonnect社が提供するのは、Webベースのプラットフォーム上でのみ実行され、追加のソフトウェアやサーバは不要の、純粋なネイティブアプリケーションです。

ライセンスを購入する他には、立ち上げコストがほとんどかからず、数ヶ月のうちに製品の販売が開始しました。「実際のところ、Force.comがなければ、この製品の販売を開始するまでには、3年の年月とはるかに大きなコストがかかったでしょう。

バックエンドが考慮されていたので、できる限り最高の製品を自由に作成し、思っていたより早く市場に出すことができました。」とMorrell氏は言います。

資金確保に関して言えば、プラットフォームが事前に開発されているということは、開発の必要がほとんどなく、Riskonnect社はほとんどの資本を営業とマーケティングに集中できることを意味します。「我々が研究開発にあてる資本をほとんど必要とせず、その分を営業やマーケティングに使うことができたことを知ると、起業家は驚かれます。 」とMorrell氏は説明します。

 

最初のテストで合格

業務を初めて最初の数ヶ月のうちに、Riskonnect社は、Southern Companyを顧客として獲得しました。国内有数の公益事業体の1つとして、Southern Companyは厳密なセキュリティ要件を持っていましたが、Riskonnect社は問題なくテストに合格しました。

「SaaS (software as a service)の販売とは、セキュリティを販売することです。」とMorrell氏は言います。「Southern社は、セールスフォース・ドットコムから直接SAS 70認定を受けましたが、私は信頼性について、システムの状態を維持するtrust.salesforce.comサイトを挙げました。Force.comを使って、セキュリティを確保したのです。」

Riskonnect社は、Force.comプラットフォームが、競争上優位であるのに、営業プロセスではその優位性が論議されていないことがわかりました。その優位性によって、同社は、より多くの時間を、Force.comがもたらす恩恵の販売にあてることができます。

「営業プロセスが始まる前から、お客様には我々が強固なセキュリティと信頼性を提供できることが分かっています。なぜなら、Force.comプラットフォームに関するドキュメントを前もって受け取っていたからです。これらの質問にどう答えるかを心配する必要はなく、自分たちは顧客のニーズを知るために、また我々の製品がどれほどお客様の助けとなるかを示すより優れたデモのために、より多くの時間を割くことができます。」とMorrell氏は言います。

 

思いのままのイノベーション

Riskonnect社は、リスクの査定とそのリスク管理のために、グローバルなプラットフォームを提供しています。インフラストラクチャのメンテナンスの必要性から解放されることで、会社は最高レベルの機能に集中し、できる限り最も効率のよいアプリケーションを提供する計画を実行できます。

「リスクを軽減するというのは、非常にやっかいな仕事になる可能性があり、ほぼすべての企業がスプレッドシートを利用しています。Riskonnect社にとって、Force.comはエンタープライズリスクを管理する最高クラスのプラットフォームです。おかげで、思う存分我々のビジュアルメソッドの改革を進め、お客様に直観的に使えるソリューションを提供できます。」とMorrell氏は言います。

Riskonnect社は、Force.com上で数千行のApexコードを実行し、データをForce.comプラットフォームから取り出して、内部データ構造の形に処理し、それを視覚化してユーザがリスクをもっと理解できるようにします。 また、アプリケーションをそれぞれのお客様の仕様に合わせて、簡単にカスタマイズできます。

「我々のお客様の要求は厳しく、画面を特殊な方法でレイアウトすることを求められる場合があります。しかし、Force.comプラットフォームでは、ソリューションのカスタマイズもスムーズにできます。プラットフォームのワークフロー機能を活用することで、お客様が求めているユーザ体験どおりに作成することができます。」とMorrell氏は言います。

 

Force.comの利点、対象フィールドの選択

競争上優位な点について話すとき、通常、インフラストラクチャ構築が真っ先に浮かぶことはないのでしょうが、Riskonnect社が気付いた成功の秘密の1つはそのインフラストラクチャです。「競合相手が行うことといえば、業務の問題を解決することよりも、ソフトウェアを立ち上げて実行することばかりです。Force.comプラットフォームで行うことは、お客様のビジネスニーズに対応することです。立ち上げて実行するのは、登録を行うようなものです。何もする必要はありません。」とMorrell氏は言います。プラットフォームの利点は、オフィスにとどまりません。「あるリリースに関わる仕事をしていた以前の従業員に週末たまたま会ったのですが、彼はうまくいくかどうかわからないというのです。私はその場にいて、リリースは成功しました。セールスフォース・ドットコムが今週末にリリースするとわかっていれば、うまくいくかどうか心配する必要はありません。不安に思うことなくゆったり過ごせます。」これは、Riskonnect社が開発者を使っていないということではありません。「開発者はもちろん必要です。それも優秀な人が必要です。それで仕事の95%は成功したようなものです。」とMorrell氏は続けます。

 

我々の背後を守る力

Riskonnect社がもはや心配しないことの1つが、イノベーションのスピードダウンです。会社が継続して、機能を追加したり、アプリケーションに細かな調整を行うに伴い、Force.comプラットフォームの開発機能も向上を続け、それはMorrell氏が強調するように、彼のビジネスにとっても都合が良いのです。

「セールスフォース・ドットコムにも競合相手があり、それは我々にとって良いことです。競合相手がいることで、勝負に勝ち続けることができ、我々にも新しい開発の可能性が広がるのです。」

Riskonnect社は、そのビジネスの基盤となっているForce.comプラットフォームの影で目立たない多くの人たちの強さが、目標を達成する助けになるものと頼りにしています。 Morrell氏は、「我々の会社は小さいものですが、Force.comを動かすということは、共に働く数百人もの人がいるということです。セールスフォース・ドットコムの人たちも考慮に入れれば、軍隊を抱えているようなものです。

 

もっと知りたいですか?

Force.comクイックスタートの手順に従って開発をはじめてください。

 

Force.comのお客様導入事例をすべて見る >