Salesforce Shield

Salesforce Shieldを利用することで、IT部門や開発者はマウス操作で、ビジネスクリティカルなアプリケーションに新たなレベルの信頼性、透明性、コンプライアンス、ガバナンスをシームレスに組み込むことができます。

プラットフォーム暗号化

個人情報などの慎重に扱うべきデータをSalesforceに保存するお客様が増えるに従い、外部および内部両方のデータコンプライアンスポリシーに対応できるよう、データのプライバシーと機密性を確実に維持することが求められています。 プラットフォーム暗号化は、検索、ワークフロー、検証ルールなど、重要なアプリケーションの機能を阻害しないように設計されているため、暗号化キーを完全に制御しながらデータ暗号化の許可を設定し、重要なデータを不正アクセスから保護することができます。 プラットフォーム暗号化により、保存されているあらゆるSalesforceアプリケーションの重要データをネイティブに暗号化できます。

encryption-software
encryption-for-applications

イベントモニタリング

すべてのSalesforceアプリケーションについて、パフォーマンス、セキュリティ、利用状況の詳細なデータにアクセスできます。 イベントはすべてAPI経由でトラッキングでき、その情報は任意のデータ視覚化アプリケーションで表示することが可能です。 重要なビジネスデータに、誰が、いつ、どこからアクセスしているかを確認できるほか、 ユーザーによるアプリケーションの利用状況も把握できます。 パフォーマンスのトラブルシューティングおよび最適化にも役立ち、エンドユーザーの使用環境が向上します。 イベントモニタリングのデータは、Wave Analytics、Splunk、New Relicなど、任意のデータ視覚化ツールまたはアプリケーションモニタリングツールに簡単にインポートできます。

項目監査証跡(Field Audit Trail)

コンプライアンス、社内ガバナンス、監査、顧客サービスなどの目的を問わず、項目監査証の機能によって、あらゆるデータの任意の時点における状態や値をいつでも把握できます。 きわめて高い拡張性を実現するビッグデータバックエンドを基盤としているため、最長10年間にわたる監査証跡を詳細なデータレベルで作成できるほか、データを削除するタイミングも設定できます。

 

encryption-for-apps

Salesforce Shield
- IoT時代を勝ち進むためのセキュリティ戦略

監査法人の目からIoT時代のクラウド運用に際してのセキュリティに関して注意すべき事項、セキュリティ対策におけるSalesforce Shieldの有用性について説明します。

eBook をダウンロード