中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1企業が語る急成長の裏には顧客情報を徹底的に活用する仕組みがあった!

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1企業が語る急成長の裏には顧客情報を
徹底的に活用する仕組みがあった!

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1企業が語る急成長の裏には顧客情報を
徹底的に活用する仕組みがあった!

お客様事例 日本M&Aセンター

4カ年の中期経営計画をわずか2年で達成! 驚異的な急成長の原動力となったのは、「顧客情報」だった。多くの企業が「わかっていながらも実行できない」ことが、なぜ同社にはできたのか?

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1企業が語る急成長の裏には顧客情報を徹底的に活用する仕組みがあった!

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1企業が語る急成長の裏には顧客情報を
徹底的に活用する仕組みがあった!

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1企業が語る急成長の裏には顧客情報を徹底的に活用する仕組みがあった!
img_title_ma

4カ年の中期経営計画をわずか2年で達成! 驚異的な急成長の原動力となったのは、「顧客情報」だった。多くの企業が「わかっていながらも実行できない」ことが、なぜ同社にはできたのか?

「顧客を知る」という当たり前のことを
当たり前に実行すれば
「業績30%アップは当然の帰結」

「顧客情報は重要資産」―そう言いながらも実際は、“重要資産”にふさわしい扱いができていない企業があまりに多い。「蓄積するだけで活用できていない」「管理が属人的で情報共有ができない」といった悩みを抱えていないだろうか? 「顧客情報はキャッシュと同じ」(三宅卓・代表取締役社長)という日本M&Aセンターは、日々の営業日報が形を変えて経営指標に高められるまで、顧客情報を徹底的に活用し尽くしている。それが業績アップにつながるのも、当然の結果なのだという。顧客情報の共有・活用という、当たり前でありながらなかなかできない行動が、同社ではなぜ可能になったのだろうか?

経営者、マネージャー、現場社員
それぞれの任務と課題を知れば
業績アップのヒントが見えてくる

日本M&Aセンターの成長の源泉を探るため、本eBookでは、経営者、導入担当者、現場コンサルタントのそれぞれにインタビューを実施した。そこに浮かび上がってきたのは、同社が考える「あるべき姿」に至るまでの課題解決の道のり。「顧客を知る」という簡単なように見えて難しいことが、なぜ同社では可能になったのか? 顧客情報の共有・活用を阻むものは何なのか? それぞれが直面していた課題と、それらをどのように解決したかを詳細に分析する。その道のりをたどっていくことで、同社が果たしたような業績アップに向けたヒントが見えてくる。

  • 経営者の視点 代表取締役社長 三宅 卓氏

    M&Aにおいて顧客情報は重要資産! 銀行にとっての現金と同じ

  • 導入担当者の視点 上席執行役員 営業企画部長 兼 経営企画室長 飯野 一宏氏

    「そのシステムからすべての情報にアクセスできる」という理想を実現

  • 現場コンサルタント(営業)の視点 役員室 上席課長 能登 雄太氏

    点在していた情報が線でつながり、欲しい情報がさまざまな切り口で手に入る