セールスフォース・ドットコムには存在しない営業 7 つのムダ

前年比40%UP達成の
敏腕営業マネージャーが実体験で語る
セールスフォース・ドットコムには
存在しない営業7つのムダ

誰もが薄々感じながらも、なくすことができないでいる、営業にまつわる数々の“ムダ”。
そうしたムダがセールスフォース・ドットコムにないのにはワケがあった。
2人の営業マネージャーが他企業との大きな違いを語る。

セールスフォース・ドットコムには存在しない営業 7 つのムダ

前年比40%UP達成の
敏腕営業マネージャーが実体験で語る
セールスフォース・ドットコムには
存在しない営業7つのムダ

誰もが薄々感じながらも、なくすことができないでいる、営業にまつわる数々の“ムダ”。
そうしたムダがセールスフォース・ドットコムにないのにはワケがあった。
2人の営業マネージャーが他企業との大きな違いを語る。

セールスフォース・ドットコムには存在しない営業 7 つのムダ

前年比40%UP達成の
敏腕営業マネージャーが実体験で語る
セールスフォース・ドットコムには
存在しない営業7つのムダ

セールスフォース・ドットコムには存在しない営業 7 つのムダ

前年比40%UP達成の
敏腕営業マネージャーが実体験で語る
セールスフォース・ドットコムには
存在しない営業7つのムダ

誰もが薄々感じながらも、なくすことができないでいる、営業にまつわる数々の“ムダ”。
そうしたムダがセールスフォース・ドットコムにないのにはワケがあった。
2人の営業マネージャーが他企業との大きな違いを語る。

あの煩わしい営業会議がゼロ!!
それだけではない、転職者が衝撃を
受ける独自の営業手法を一挙公開!

セールスフォース・ドットコムに転職した2人の営業マネージャーがまず驚いたのが、「営業会議が基本的にゼロ」ということ。営業会議の生産性の低さには多くの人が賛同するだろうが、まったくないのも問題がありそうだ。しかし、同社にはそれを補って余りある“仕組み”が機能しているために、マネージャーも営業マンも自らの活動に専念することで、半ば自動的に成果が上がる形になっているのだ。2人が衝撃を受けたスマートな営業手法と、それを基盤で支える“仕組み”とはどのようなものなのか?

ビジネスのスピード感 徹底した情報共有 スマートな営業活動 Salesforceで営業力UP 営業会議が基本ゼロ

営業本来の強みを削ぐ“7つのムダ”
一つひとつを検証していくことで
営業力強化に向けた道筋が明らかに!

営業会議にとどまらず、本来あるべき営業の姿を歪めている“7つのムダ”。「これまでもそうだったから」と、いつの間にか、非合理なやり方を受け入れてしまってはいないだろうか。「どうしよもうない」と言っていては、競合他社に追い抜かれる一方だ。2人の営業マネージャーが前職で感じていた“ムダ”がセールスフォース・ドットコムにはなぜないのか。その要因を一つずつ探っていく中で、マネージャー、営業マンそれぞれのあるべき姿を明確化、そのための改革プランを提示する。

Salesforceで解消したムダとは?
●ムダ1
数字を突き合わせるだけの報告の場「営業会議」
●ムダ2
作成に手間がかかるわりに効果は疑問「エクセルシート」
●ムダ3
問題解決に結びつかない空虚な言葉「叱咤激励」
●ムダ4
「ない」と割り切ったほうが早い場合が多い「何かを探す時間」
●ムダ5
すぐに満杯になるが、大部分は不要「名刺フォルダ」
●ムダ6
営業プロセスを遅らせる元凶「ハンコ」
●ムダ7
旧式の営業スタイルの象徴的存在「意味のない残業」
何かを探す時間 エクセルシート 叱咤激励 名刺フォルダ ハンコ 営業会議 意味のない残業

Salesforceの導入で、ムダの排除だけでなく
売上1.3倍増加、利益率が1.5倍に

お客様事例 株式会社スカイアーク

中小企業にとって、リーダーの迅速な意思決定と、それが素早く末端にまで伝わる円滑なコミュニケーションや機動力は、いわば生命線だ。その点に課題を感じていた株式会社スカイアークは、Salesforce導入後1年ですべての経営課題を解決。多くの企業が抱えているムダを排除しただけでなく、営業担当者の業務スピードも飛躍的に向上し、それが売上・利益率という数字にまで表れた。同社はいかにして経営改革を実現したのか? そのプロセスと、改革の“勘所”を同社執行役員が語る。

売上が1.3倍増 利益率1.5倍UP 月次決算処理の短縮 年間500万円の人件費削減 売上予測精度UP