売れるチャンスを逃していませんか?

属人的な営業スタイルから脱却しない限り、営業力の底上げは望めません。 Salesforce なら、組織全体で個々の営業活動をフォローアップできます。

課題

営業担当者ごとに受注率にバラつきがある

解決

売上につながるヒントやノウハウを共有する

売上につながるヒントやノウハウを共有する

商談情報を可視化し、対応の遅れやモレを防ぐとともに、受注や失注に至った経緯を容易に追跡できるようにすることで、次にすべきことは何か?、確認すべきことは何か?が明確になります。

トップセールスマンの思考習慣や行動パターンを落とし込んで、その通りに実行させれば、営業経験のない新人でも、短期間で一人前に近いパフォーマンスを発揮できます。

課題

他部門との情報共有がスムーズに行えない

解決

情報資産は独占しないでみんなで使う

情報資産は独占しないでみんなで使う

顧客情報や商談情報、メンテナンス情報、入金情報など、顧客に関するすべての情報を1ヵ所で管理。誰もが同じ情報を参照できるので、部門間でのコミュニケーションや連携がスムーズになります。

課題

業務に必要な情報に社内でしかアクセスできない

解決

モバイル活用でフットワークを軽くする

モバイル活用でフットワークを軽くする

タブレットやスマートフォンからの入力や履歴確認が行えるため、移動時間などのちょっとしたスキマ時間も有効に活用。業務の生産性が高まり、ビジネスチャンスを逃しません。

Salesforce と iPad の活用で、電車での移動中や昼食休憩中などのスキマ時間を有効に利用し、その分だけ早く退社できます。

営業支援システムを選ぶときに知っておきたい
ポイント

営業支援・顧客管理システムを導入する際、何を基準に選ぶべきか? 
導入後に後悔しないための営業支援・顧客管理システムの製品選びのポイントを、セールスフォース・ドットコムのマネージャー 田崎 純一郎氏が徹底解説する!

資料をダウンロード

bg-close-request