【動画で学ぶ!ソーシャルメディア収益化講座】
第2回 ハートがキュンとなる写真を撮ろう!

イメージ 第1回では、自社オリジナルの投稿記事を見つける方法を実践していただきました。 今回は、投稿内容が決まって、いざ写真にしてみようとすると、「自社の職場では絵にならない。」「今ひとつなので投稿をあきらめた」というよく起こりがちな問題を解決します。

本来であればプロのカメラマンにお願いするのが良いのですが、毎日の投稿だけに、コスト面や機動性といった点で悩まれている方も多い問題です。
そこで、アマチュアの方でも写真のイメージを大きく変えることができる「ちょっとしたコツ」を基礎的で誰でも実践できるものをご紹介します。

0:00 第2回「ハートがキュンとなる写真を撮ろう!」
1:08 簡単ガイドを使ってハッとする構図を撮ろう
2:03 スマートフォンでもここまでできる。(その1)
2:45 facebookに上手く写真がアップされなかった場合の修正方法
3:05 脱「現場の証拠写真」暗い室内でもきれいにとれる方法
3:45 自社の写真がガラリと変わる、簡単レンズ操作法
6:27 スマートフォンでもここまでできる。(その2)
6:57 動画投稿にもチャレンジしてみよう。

ソーシャルと連携したSalesforce 製品デモを見る(約3分)

株式会社ISSUN 代表取締役 宮松利博

著者プロフィール
株式会社ISSUN 代表取締役
宮松利博

株式会社ISSUN(イッスン)代表取締役。2000年よりEC数社を立ち上げ、2005年に株式上場、事業の保有株を売却した後、シリコンバレー等、海外の次世代eコマースの現場を研究しながら、ソーシャルとの連携による新たなマーケティング手法を確立。2011年にウェブ制作・マーケティング会社、ISSUNを設立し、先細りしつつある従来のマーケティング手法を改善しながら「心の通うオンラインマーケティング」で売上改善を行っている。全国各地でのセミナーやコンサルティングなども手がける。

 

ページトップへ