【動画で学ぶ!ソーシャルメディア収益化講座】
第5回 フェイスブック広告の「いいね!」獲得のコストを極限まで下げる(1)

フェイスブック広告の「いいね!」獲得のコストを極限まで下げる(1)前回まででソーシャルからのユーザもコンバージョンを起こしてもらいやすい体制を整えました。
今回からは、より積極的に、利益を確保しながら、収益化のために広告費を投入して行きます。
まずは、フェイスブックページのベースにもなるファンを獲得する、「いいね!」広告のコストを極限まで下げるための、基本的な作業と、実際にどのように下がるのかを実演します。
まずはトライしてみてください。

参考URL:Facebook 広告で、支払い通貨が USD(ドル)となり、JPY(日本円)に変更できない場合は?
ビジネスアカウントの利用法:http://www.issun.com/blog/facebook_ad_usd_jpy/

タイムライン
00:16 最も簡単なフェイスブック広告の開始
00:52 フェイスブック広告を編集して低コスト化する準備
01:22 1広告キャンペーン内には、1広告が原則。
02:05 低コスト化(基礎編)の開始
02:11 低コスト化のポイントとなる2つの数字
02:25 自動ツール、最適化CPMに依存しないために
03:15 フェイスブック広告、低コスト化編集の実演
05:35 FB広告費を6割にカットした、基本的な低コスト化の例
05:50 キャンペーンの予算を調整でさらに効率化
06:00 低コスト化キャンペーンを量産する

ソーシャルと連携したSalesforce 製品デモを見る(約3分)

株式会社ISSUN 代表取締役 宮松利博

著者プロフィール
株式会社ISSUN 代表取締役
宮松利博

株式会社ISSUN(イッスン)代表取締役。2000年よりEC数社を立ち上げ、2005年に株式上場、事業の保有株を売却した後、シリコンバレー等、海外の次世代eコマースの現場を研究しながら、ソーシャルとの連携による新たなマーケティング手法を確立。2011年にウェブ制作・マーケティング会社、ISSUNを設立し、先細りしつつある従来のマーケティング手法を改善しながら「心の通うオンラインマーケティング」で売上改善を行っている。全国各地でのセミナーやコンサルティングなども手がける。

 

ページトップへ