まだ午前9:15ですが、モスコーニ・ノースの基調講演会場はすでに大賑わいです。参加者たちは、古い友人たちの場所を歩き回ったり、同僚に声をかけたりと意気揚々としています。Dreamforceの忘れられない4日間のスタートを切るこのオープニング基調講演には、世界中から参加者が集まり、何百万人もの人がオンラインで参加しています。


テクノロジーカンファレンスという点でいえば、Dreamforceの基調講演はかなりユニークです。この数週間、私たちは全米を旅して何百人もの顧客と話をし、意見を求めてフィードバックをもらいました。そしてその結果、私たちはこの2時間の体験をともに作り上げました。しかし、なぜそんなことをするのでしょうか?

マーク・ベニオフがTrailblazerたちの「Dreamforce'19」参加を歓迎

 

日々、変化をもたらしているのはTrailblazerだからです。彼らはキャリア、企業、コミュニティに変革をもたらし、未来を形作るリーダーです。すべてにSalesforceのテクノロジー、Trailblazer Communityの力を活用しています。今日、私たちは17回目のDreamforceイベントをスタートさせ、変革のための最高のプラットフォームであるビジネスを祝います。

 

 

Trailblazerたちは、チェンジメーカー

Trailhead Evangelism及びTrailblazer Communityのバイスプレジデントを務めるLeah McGowen-Hareは、Dreamforce'19への観衆を歓迎するために、ステージの中央に立ちました。「世界最大企業のテックカンファレンス、このステージに立つことができるなんて、なんと名誉なことでしょう。女性として、アフリカ系アメリカ人として、そして母親として。」Leahは、さまざまな人種的背景、性的指向、社会経済的階級、能力、性別の人々でいっぱいの、我々のコミュニティがそれぞれの産業を包括的かつ友好的なものにするというコミュニティの共通の願いに言及しました。「だから、Trailheadを使って仕事ができることを光栄に思っています。私たちは障壁を打ち破っているのです。」

Trailheadについて語る、Trailhead Evangelism 、Trailblazer Community
Vice President 、Leah McGowen-Hare 

 

共同CEOのキース・ブロックが登壇し、基調講演に参加してくれたすべての人に感謝の意を表すとともに、日々成長を続ける強力で多様なコミュニティに声援を送りました。お客様やパートナーと連携し、グローバルな雇用機会を創出し、プラスの経済効果をもたらす、活気あるエコシステム(「Salesforce エコノミー」 と呼ばれています)を構築しています。「私にできる最も重要なことは、あなたがしてくれたことに感謝すること。20年以上にわたり私たちに刺激を与え、やる気を起こさせてくれてありがとうございます。私たちが一緒につくりあげてきたものは本当にすばらしいです。」

「20年以上にわたり、私たちに刺激を与え、やる気を起こさせてくれてありがとう」 
Salesforce 共同CEO キース・ブロックは、基調講演に集まったTrailblazerたちに語りました。

 

会場の照明が暗くなり、聴衆にSalesforceコンサルタントのSheldon Simmons氏とMerivisの組織が紹介されました。Merivisは、上にあがる過程で誰かを支えることも重要だという、Trailblazer コミュニティの重要な価値を示す良い例です。米国空軍の退役軍人であるHector Perez氏、Kate Perez氏、およびJoe Castro氏によって設立されたMerivisは、退役軍人とその配偶者がクラウドコンピューティングの分野でキャリアをスタート、向上できるよう支援しています。Sheldon氏が車の中で眠るという最悪の状況から人生を変え、家族を養っている様子が動画で紹介された後、彼はきらめく金色のパーカーに身を包み、大きな拍手でステージに迎えられました。「いちばん最初のTrailheadのバッジを手に入れたとき、私にもできると気づきました。そこで全力を尽くすことに決めました。そして、報われたのです。」Sheldon氏は、多くの雇用主に退役軍人を雇うよう、薦めています。「私は戦争に行ったことがあります。プロセスビルダーやワークフローが私の平静を奪うようなことはありません。退役軍人はやる気があり、なんでもやり遂げることができるのです。」

Sheldon Simmons 氏がKeith Block とステージで共演

 

Trailblazerの成功とストーリーを祝うのは、個人のTrailblazerだけではありません。Louis Vuittonステートファーム保険の事例も取り上げられ、どのようにして彼らが全てのことの中心に顧客をおいているのか、を視聴者たちに示されました。ステートファーム保険のチーフデジタルオフィサーを務めるFawad Ahmad氏は次のように述べています。「ステートファーム社の従業員会うことも毎回同じサービスエージェントにサービスを受けることもないかもしれませんが、Salesforce 360を活用すれば、顧客に自分のことをよく理解してくれていると感じてもらい、状況に適応できるのです。」

「Salesforce360なら、顧客によく理解してくれていると感じてもらい、

状況に応じた対応ができます」と語る、

ステートファーム保険のチーフデジタルオフィサー、Fawad Ahmad氏(写真右)

 

今日紹介した多くのストーリーに共通するのは、デジタルトランスフォーメーションです。テクノロジー業界で仕事を見つけるためにスキルアップしている人であろうと、顧客とのやり取りの方法や場所を変えている会社であろうと、Trailblazerは成功するために新しい方法を適応させたり、見つけたりしているのです。

 
 

ステークホルダーの価値創造が不可欠

変革は重要です。なぜなら私たちは革命的な時代を生きているからです。今や、多くの要素がビジネスの運営方法に影響を与えています。

  • 信頼革命:人々はメディア、政府、取引先企業に対する信頼を失いました。人々はもはや、企業がデータとプライバシーを保護するとは信じていないし、企業がより良い世界を作るために正しいことをするとも信じていません。
  • インテリジェンス革命:データとAIによって私たちが使うものすべてのものがこれまで以上にスマートになっています。スマートエクスペリエンス(スマートな体験)は、すべてのお客様が期待するものです。
  • 顧客革命:テクノロジーによって、顧客はより強いつながりを持ち、信頼できる企業から購入し、持続可能な製品を使い、倫理的な企業のために働き、意思決定を通じて行動することができます。

 

今日の企業は、これらすべての要素に対応するために方向転換する必要があります。顧客、パートナー、コミュニティ、地球を含むステークホルダーと株主、両方の価値を生み出さなければなりません。そうしなければ、文化や市場の変化をリードする競合他社にビジネスを奪われるリスクがあります。変化し続けるお客様の期待に応えることは容易ではありませんが、Trailblazerたちは毎日それを行っています。
「私たちがTrailblazerとしてここにいるのは、信頼、カスタマーサクセス、イノベーション、平等によって、世界をより良くするためです。」と会長兼共同CEOのマーク・ベニオフは語りました。そしてもっとも素晴らしいのは、Trailheadのような無料ツールを使えば誰でもTrailblazerになれるということ。現在、180万人を超えるTrailblazer達が最も需要が高いスキルを習得し、ビジネスの未来を推進しています。

誰もがより良いカスタマエクスペリエンスを提供できるように

今日のお客様の期待に応えることが、すべての企業が追求する目標であり、私たちもその目標を到達させたいと考えています。その方法は次のとおりです。

  • 最も需要が高いテクノロジースキルを教えてくれるアプリケーション、Trailhead GOを開発し、どこでもスキルアップできるようになりました。
  • 企業が顧客に素晴らしい体験を簡単に提供できるよう努力します。
  • セールス、カスタマーサービス、マーケティング、コマースなど、あらゆるタッチポイントに共通のAI(人工知能)レイヤーを導入し、管理者や開発者がカスタムAIを構築しやすくすることで、誰もがよりスマートに作業できるようにします。
  • データサイロを取り除き、すべての顧客データと企業データを相互に接続するプラットフォームを構築して、統一された単一の真実のソースを構築します。

そして、これらのすべての要素が組み合わせると(ヒーロー集団「アベンジャーズ」のように)、すべてのチームが顧客を完全に理解し、顧客に近づけるエクスペリエンスを構築できます。これをSalesforce Customer360と呼んでいます。Salesforce Customer360は信頼でき、スマートで、柔軟性があり、持続可能です。たくさんのイノベーションが掲示されていました。すべての重要な発表の詳細については、こちら(英語)をご覧ください。

 

Customer 360 Truth および Einstein Skillsを紹介

2つの大きな発表が、基調講演会場とオンラインで話題になりました。まず、Customer 360 Truthは、お客様のすべてのデータ・ポイントを統合して、お客様の単一のビューを構築する一連の機能です。Marcが語ったように、「データは、私たちが行っているすべてのことの重要な部分であり、顧客として行っているすべてのことです」。唯一の真実のソースを持つことで、顧客が必要とするようなパーソナライズされた関連性のある体験を、あらゆるタッチポイントで提供できます。結局のところ、顧客は複数の異なる部門とやり取りしていることを理解したくないのです。彼らは、自分たちを理解し、常にパーソナライズされたエクスペリエンスを提供してくれるブランドと話したいのです。

Salesforce チーフプロダクトオフィサー のブレット・テイラーが中央のステージでデモを行いました。

 

Customer 360 Truthを活用すれば、顧客は顧客データの接続、IDの認証、プライバシーの管理、対象者の分割、およびエクスペリエンスのパーソナライズを行うことができます。President and Chief Product Officer のブレットテイラーは、(おしゃれなスニーカーを履いて)小売業のLouis Vuittonの事例を使い、Truthがサイロ化した顧客データソースをどのようにして中央のハブに接続するか、壇上でデモをしました。「ここでは、あなた独自の360とあなた独自の真実のソースを簡単に構築できます。」

マーク・ベニオフがEinsteinスピーカーを披露

 

参加者が盛り上がった2つ目の発表は、Einsteinの音声機能です。2016年の発売以来、Einsteinはサービスのニーズを予測し、洞察を示し、製品を推奨するガイドを務めてきました。今回Einsteinは、セールス、カスタマーサービス、マーケティングにとどまらず、Customer 360全体に向けたガイダンスを提供します。マークとの軽快な会話の中で、共同設立者兼最高技術責任者のパーカー・ハリスは、特注の「話すEinsteinスピーカー」を発表しました。(スピーカーはデモンストレーションのためだけのものです。申し訳ありませんが、ハードウェア会社にはなりません!)

「難しいことを簡単にできるようにします」とParkerは語り、Amazonの音声サービスAlexaにEinsteinを埋め込む方法を説明しました。Principal Mobile ArchitectのQingqing Liは、Einsteinの新しい音声機能のデモを行い、Salesforceが管理者や開発者に、コードではなくクリックを使って音声スキルを構築する力を与えることを説明しました。Einstein Voice Skillsがあれば、どの企業も音声ソリューションを構築できるのです。

 

Tableauに挨拶

この特別な機会に、Salesforceファミリーに新たに加わった、No.1分析ソリューション「Tableau」を歓迎しました。TableauのCEO、アダム・セリプスキーは、初めてマークと一緒にDreamforceのステージに上がり、TableauとSalesforceに共通する、カスタマーサクセス とデジタルトランスフォーメーション への情熱について話しました。「あなた達はたくさんのデータを扱っています。そのデータを使って決断をしなければならない人はたくさんいます。だからこそTableauは、人々がデータを見たり理解したりできるようにするという、ユニークなミッションに焦点を当てているのです。私たちは、人々がデータを見て理解できるよう支援します」とアダムは語りました。

 

TableauとSalesforceに共通するカスタマーサクセス と

デジタルトランスフォーメーション への情熱について語るTableau CEO、アダム・セリプスキー

 

私たちが言う「すべての人」 とは、CRM管理者から人事マネージャーや医師、看護師、教師に至るまで、世界中のあらゆる業界に何億人もいるナレッジワーカーのこと。誰もが、より良い意思決定を行い、影響を与えるためにデータを必要としています。

 

より良い世界を、ともに築く

Salesforceには、信頼、カスタマーサクセス、イノベーション、平等という4つのコアバリュー(大切にしている価値)があります。これらの価値は、私たちがビジネスとして日々行うことの指針となるものですが、それだけではなく、すべてのステークホルダーに対して、より持続可能でより良い世界を創造するというより大きな責任も負っているのです。国連の持続可能な開発目標(SDG)が今年のDreamforceの中心となっているのは、こうした理由からです。国連事務次長であり、UN Women(国連女性機関)事務局長を務めるプムズィレ・ムランボ・ヌクカ氏がDreamforceのステージに立ち、SDGsの重要性と、SDGsに対する進捗状況について議論しました。Phumzile氏は、17すべての目標にまたがるトピックとして、ジェンダーの平等にスポットライトを当てました。彼女は、女性に経済的な権限を与えなければ、私たちは実際に多額のお金をテーブルに残していることになると強調します。世界には35億人の女性がいますが、権限が与えられておらず、男性と同じ仕事をする権利も保護されていないため、経済市民になることはできません。しかし、SDGsを適切に使い、協力することで、変化を起こすことができるのです。

国連事務次長、UN Women事務局長の
プムズィレ・ムランボ・ヌクカ 氏がキース・ブロックとステージで共演
 

メッセージは聴衆の心に響き、参加者達は大きくうなずいていました。今日の基調講演は、多様な講演者のラインナップとともに、異なる視点を持つ人々が共に集まれば素晴らしいことを成し遂げられることを証明するものでした。なぜなら、Trailblazerコミュニティは私たちが世界のビジネスのやり方を変えるだけのために、ここにいる訳ではないと既に知っているからです。私たちは世界をより良い場所にするため、ここにいるのです。私たちはともに、ステークホルダーの皆様に貢献し、互いに力を合わせてお客様とのより深い関係を築き、良いことをすることでビジネスでも成功できるのです。

 

オープニング基調講演を見逃してしまった方や、お気に入りの瞬間をもう一度見たいと思っている方はぜひ、Salesforce LIVEをご確認ください。

 

その他、Dreamforceレポートはこちら

Dreamforce 2019 Day1 イベントレポート

Dreamforce 2019 Day2 イベントレポート

Dreamforce 2019 Day3 イベントレポート

Dreamforce 2019 Day4 イベントレポート