Skip to Content

営業活動に効果的なAIのプロンプト11選

セールス活動に効果的なAIのプロンプト11選
すぐに使用できるセールス向け生成AIプロンプトを見つけ、プロンプトを安全かつ倫理的に使用するためのガイドラインを学びましょう。

生成AIは、生産性向上に大きく貢献します。そのために、最適なプロンプトの書き方や、将来的にプロンプ​​トが必要なくなる未来の話をします。

セールス活動を最大限に引き出すために生成AIを利用していないなら、あなたはすでに時代に乗り遅れています。

AIのトレンドに関するレポートでは、営業担当者の80%以上がセールストークやeメールなどの基本的なコンテンツ作成に生成AIを活用しており、70%以上が市場データの分析に使用していると回答しています。

しかし課題もあります。それは正確さ。営業向けのChatGPTのようなツールは、営業担当者の生産性を大幅に向上させる可能性はあるものの、的確な回答を適格に得るのは容易ではないのです。

ターゲット顧客のニーズを知り、コミュニケーションの文脈を考慮し、メッセージをパーソナライズして洗練させる工夫が必要です。

ここでは、すぐに使える効果的なプロンプトを紹介し、安全で倫理的なプロンプト使用におけるガイドラインも提示します。

生成AI活用 最新トレンド ~営業活動にもたらすメリットとは~

営業関係者1000人調査から読み解く業務における生成AIの活用状況

生成AIツールはどのように機能するのか

ChatGPT、Bard、Bingなどシンプルなテキストベースのプロンプトに基づき、テキストや画像などのコンテンツを作成する生成AIツールはたくさんありますが、どれもほぼ同じように機能します。

たとえば、eメールの下書き。ユーザーは、メールの長さや内容などのパラメータを設定し、生成AIツールは、パラメータにマッチする要素を公開データから見つけ、それらを組み合わせて目的のコンテンツを作成します。

これは大まかな概要に過ぎません。この仕組みの詳細については、Salesforceの営業向け生成AI活用に関する記事をご覧ください。 

生成AIの安全性と精度

生成AIは営業担当者の生産性を向上させる可能性を秘めていますが、セキュリティ上の懸念も生じます。

レポートでは、営業担当者の73%が生成AIのセキュリティリスクを懸念し、49%が職場で安全に使用する方法がわからないと回答しています。

さらに、生成AIには、正確なアウトプットを作成するための十分なコンテキストや背景が欠落していることがよくあります。そこで、この新しいテクノロジーの使用に関する注意事項をいくつか紹介します。

営業向けAI活用|AIを活用して成約件数を増やす7つの方法

AIの利用開始に向けた活用事例とベストプラクティスをご紹介

営業向けAI活用|AIを活用して成約件数を増やす7つの方法
  • 公開されている生成AIツールは安全ではない
    ChatGPTなどのツールにデータを入力すると、その情報がデジタルエーテルに送られます。暗号化されていないため、不正アクセスや悪用の可能性があります。パスワード、財務情報、個人情報などの機密データを共有しないでください。
  • 出力には不正確な情報が含まれている可能性がある
    公開されている生成AIツールは最新の情報にアクセスできないことがあります(たとえば、ChatGPTの最新データセットは2024年5月時点で2023年のものです)。

    また、これらのツールは情報を精査しません。幅広いオンラインソースから情報を取得しますが、その中には誤った情報が含まれている可能性があります。

    公開されているAIツールで作成したメッセージを送信する前に、出力に不正確な情報がないか確認することを習慣づけましょう。
  • AIは人間の文脈に関する知識が欠如している
    生成AIは、人間の感情を理解できません。また、異なる情報の点と点を結びつけたり、原因と結果を特定したり、動機を明らかにしたり、文脈に最も適した言葉を使用できるとは限りません。(テスラのAI営業ロボットが最近行った見込み客との会話は、このことを如実に示しています)。

    常にアウトプットを見直し、言語が自然であること、十分な文脈が構成されていること、メディアやオーディエンスに適したトーンであることを確認しましょう。
  • 一般的な生成AIツールには、顧客のコンテキストも欠如している
    生成AIには人間の感情がなく、情報の点を結び付けるのに苦労している一方で、多くのCRMには、顧客情報から引き出してパーソナライズされた関連性の高いアウトプットを提供する、プロンプト機能を内蔵したAIツールが搭載されています。

    これらのツールは、原因と結果を認識し、動機を理解することに優れており、CRMに保存されている過去のコミュニケーションに基づいて顧客の声を反映させることもできます。
商談の議事録作成、AIのEinstein(アインシュタイン)がやっておきます

営業に最適なChatGPTのプロンプト11選

生成AIを活用することで、セールスピッチやeメールなどの営業資料の作成、トレーニングコンテンツの下書き、基本調査の実施など、見込み客と営業担当者のエンゲージメントを高めながら時間を節約してくれます。これらを実現するためのプロンプトをいくつか紹介します。

シニア営業担当者にこれらのプロンプトを試してもらい、パーソナライズしやすいインパクトのあるアウトプットが得られるまでファインチューニングします。マネージャーの承認を得たら、これらのプロンプトを営業チーム全体のテンプレートとすることをおすすめします。

セールスイネーブルメント (オンボーディング)

プロンプト:{あなたの会社} のミッションステートメント、{あなたの会社} のターゲット顧客、{自社製品やサービス} の利点を含むプレゼンテーションアウトラインを作成してください。

プロンプト:{自社製品やサービス} に関するガイドを、ソースデータ付きの3つの統計と、{自社製品やサービス} に役立つ10の方法を含めて1,000字で作成してください。

顧客、製品、業界のリサーチ

プロンプト:{業界} における {製品やサービスの種類} について、顧客の購買における意思決定に影響を与える主な要因を説明してください。

プロンプト:{自社製品やサービス} のカスタマーレビューにおける上位3つの批評を要約してください。

プロンプト:{ターゲットとするバイヤー業界} のビジネスにとっての課題トップ3を挙げてください。

ソーシャルセリング

プロンプト:{自社製品やサービス} が {業界} の {特定の役割やバイヤー} の課題にどのように対処できるか説明するためのLinkedInメッセージを50字で書いてください。

プロンプト:{最近のソーシャルメディアの投稿文のコピー} と書かれたメッセージに対して、{自社製品やサービス} を紹介し、独自の価値提案を提供しながら親しみやすく魅力的な {ソーシャルメディアプラットフォーム} コメントを書いてください。

コールスクリプト / セールスピッチ 

プロンプト:{見込み客・見込み客の会社} にとっての、{自社製品やサービス} のメリット3点を強調した、30秒のコールセールス スクリプトを作成してください。

プロンプト:{見込み客の会社} の {役職} 向けに、{自社製品やサービス} のメリットをまとめた3分間のビデオスクリプトを作成してください。スクリプトの最後に {日時} に予定されている会議について案内してください。

オブジェクションハンドリングとネゴシエーションの指導

プロンプト:{自社製品やサービス} の費用に躊躇している {業界} の {役職} を演じてください。製品・サービスが提供する価値とメリットについて話し合う会話をロールプレイしてください。

プロンプト:{競合他社のソリューション} に満足している {業界} の {役職} を演じてください。{自社製品やサービス} の価値を要約し、新規購入者に割引オファーを提供するセールスピッチに応えてください。

セールス向けAI


CRMに搭載された信頼性の高いセールス向けAIで、営業担当者を幅広く応援します。
・営業プロセスの自動化
・お客様との関係強化
・商談の成約をサポートなど

セールス向けAI

いかがでしたか?こうしたプロンプトを試すだけでなく、生成AI機能が組み込まれたCRMを選択することも検討しましょう。そうすれば、プロンプトを完全にスキップし、公開データベースだけでなく、信頼できる顧客データからも回答を生成できます。

プロンプトエンジニアリングなしで、よりパーソナライズされた適切なアウトプットが得られます。Salesforceのデモをご覧ください。

セールスプロンプトを作成・使用するためのガイドライン 

生成AIの「オープンフィールド」形式には長所と短所があります。応答の質は、プロンプトの質に大きく依存します。

Sales GPTのようなCRMに内蔵されたAIツールを使えば、営業プロセスで最もよく使われるケースに合わせたプロンプトをすぐに使えるので、推測作業を省くことができます。

しかし、ChatGPTのような一般的なAIツールをセールス活動に使用する場合は、プロンプトを直接的かつ直線的にすることをお勧めします。 以下に基本的なガイドラインを示します。

  1. 明確で具体的な言葉を使用してください。数字や日付、具体的な形容詞、測定可能なパラメーターを追加して、プロンプトが役立つコピーを生成するようにします。たとえば、ChatGPT に「車について知っておくべきことを教えてください」とプロンプトするのではなく、「過去10年間の自動車業界の最大の財務問題を要約した3つの短い文章を書いてください」と具体的な内容を求めます。
  2. 直線的にしてください。ChatGPT のような生成 AI ツールは、ロジックとフローを好みます。プロンプトを作成するときは、線形形式で要求を構成します。「これ、それからあれ、それからあれをしてください」。箇条書きを使用して要求を構成し、要求をより明確にすることもできます。
  3. 関連性の高い出力のために、文脈と背景を追加してください。特定の情報をアウトプットさせたいときは、はじめにその情報を記述します。ChatGPTが参照できるeメールまたはソーシャルコピーを追加するか、公開情報の場合は、プロンプトにその旨を記載します。たとえば、「自動車業界のバイヤーへのコールドメールの下書き」ではなく、「テスラのCEOへの紹介メールの下書きで、(製品またはサービスが) 自動車業界企業の上位3つの課題にどのように対処するかを示します」と書きます。

    Sales GPTでは、生成されるすべてのメールがCRMのコンテキストデータに基づいているため、自動的に行われます。
  4. パーソナライゼーションを忘れないでください。ChatGPTは個人情報にアクセスすることができません。パーソナライゼーションは、見込み客を獲得し、セールスを成立させ、ロイヤリティを生み出す方法です。パーソナライズされた関連性の高いフックを得るには、生成AIのアウトプットに正しい名前、役職、アカウント固有の詳細を追加してください。

    Sales GPTは、CRMデータから直接取得し、ボタンをクリックするだけでコミュニケーションをパーソナライズすることができます。
  5. 必要に応じて、AI の使用を開示します。人間が作成したコンテンツであると見込み客が想定しそうな状況では、生成AIツールが使用されていることを必ず記載しましょう。AIが生成したコピーを追加するたびに、プレゼンテーションの脚注や、eメールの署名に小さな文字で注釈を含めるようにします。そうすることで、評判を守り、信頼関係の構築にもつながります。

プロンプトビルダー

企業の信頼できるデータに基づいた正確かつ適切なプロンプトを作成し、信頼性の高い生成AI活用を実現しましょう。業務の流れの中で生成AIを活用することで、ビジネス成果に繋がります

生成AI時代を先取りする 

あなたのタスクにうまく機能するプロンプトを選んだら、テストと改良を重ね、アウトプットが人間味のあるタッチになるようにパーソナライズしましょう。

覚えておいてください。営業用ChatGPTは、人間関係構築の代わりにはなれません。有意義な会話をより早く行なうための時間節約ツールです。営業は常に人間関係が重要であり、最先端のGPTプロンプトでもそれを変えることはできません。

※本記事は米国で公開された “11 Time-Saving GPT Prompts For Sales” の抄訳版です。本ポストの正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先されます。

ビジネスに役立つコンテンツを定期的にお届けします