Skip to Content

【基礎講座】規模に関係なく始められるデジタルマーケのガイドとステップ

【基礎講座】規模に関係なく始められる中小企業のためのデジタルマーケのガイドとステップ

デジタルマーケティングの成功は、必ずしもビジネス規模や予算で決まるわけではありません。顧客とつながるためにできることはたくさんあります。本記事ではその詳細を説明します。

多くの中小企業は、優れた製品やサービスを持っているにもかかわらず、その存在をアピールできずにいます。

デジタルマーケティングは、コミュニティや顧客とつながる(英語)ための必要不可欠な取り組みです。

私たちの調査によると、中小企業のリーダーの67%(英語)が、会社の存続にはコミュニティのサポートが重要と回答しています。かつてはマーケティング予算が潤沢な大企業向けと思われていたデジタルマーケティングツールを、中小企業でも活用できる時代になりました。

ツールを活用して顧客とつながる方法を学ぶことで、ビジネスの成功をつかむことができます。デジタルマーケティングを使用してブランドをつくり、競争の激しい市場で独自の地位を確立するにはどうすればよいでしょうか。

スペシャルレポート :中堅・中小企業のトレンド

現代の企業成長に欠かせないキーワード、データ・CRM・AI。中小企業のリーダーは最新トレンドに適応しながら、マーケティング・営業・カスタマーサービスのすべてのビジネスをどのように強化し続けているのでしょうか。

この記事では、デジタルプラットフォームを活用して、少ないリソースでも顧客との永続的な関係を構築するための戦略を説明します。

中小企業には課題がつきものです。デジタルマーケティングを活用して顧客とのコミュニケーションをパーソナライズする方法を学ぶことで、ビジネスの安定した基盤となる「生涯顧客」を獲得できます。中小企業にとってのデジタルマーケティングの意味と、今日から始めるための手順を詳しく説明します。

中小企業のためのデジタルマーケティングとは

中小企業向けデジタルマーケティングには、ソーシャルメディア、メール、検索エンジン最適化(SEO)などさまざまな種類があります。

企業がオンラインチャネルを使用して製品・サービスを宣伝し、ターゲット顧客とエンゲージしている場合、それはデジタルマーケティングに成功していることを意味します。

たとえば、地元のパン屋で来店客数とオンライン注文を増やしたいと考えているとします。InstagramやFacebookなどのソーシャルメディアプラットフォームを使用して(英語)、焼き菓子を宣伝します。

目的は、フォローしてもらうこと、商品やコンテンツに関心を持ってもらうことです。顧客について理解を深めるにつれて、メッセージをデモグラフィック、関心、地理的な場所に合わせて調整できるようになり、投資利益率が向上します。

中小企業向けのデジタルマーケティングは、Webサイトの最適化、価値あるコンテンツ作成、ソーシャルメディア、メールマーケティング、検索エンジンマーケティング(SEM) の使用を中心に展開されます。これらにより、中小企業は予算の制約内でオンラインプレゼンスを確立し、ターゲット顧客と関わり、コンバージョンを促進することができます。

Starter Suite すぐに使える、中小企業のためのCRM

マーケティング、セールス、サービスの機能を1つにまとめた、手軽に使えるソリューションが新登場。必要な機能がそろったCRMを最短で導入し、成長を実現しましょう。

中小企業はSEOをマーケティングにどう活用できるか

SEOとは、検索エンジンの結果ページ (SERP) での可視性とランキングを向上させることです。中小企業にとって、SEOはオンラインでの存在感を高め、オーガニックトラフィックを促進し、ブランドの信頼性を高めるために貴重です。

Webサイトのコンテンツを最適化し、サイト構造を改善し、関連キーワードを設定することで、見込み客に見つけてもらえる可能性が高まります。目立つ検索フレンドリーなWebサイトを持つことで、有料広告への依存度が減り、オンラインマーケティング活動の長期的な持続可能性が確立されます。

キーワードリサーチでは、潜在顧客が製品やサービスを探すために使用する関連性の高いキーワードを特定します。GoogleキーワードプランナーやSEMrushなどのツールを使用すると、トラフィックが多く競争が少ないキーワードを見つけることができます。タイトル、ヘッダー、メタタグ、本文などのWebサイトのコンテンツにキーワードを組み込むことで、検索エンジンでの可視性が向上し、ターゲットとなるトラフィックを集めることができます。

バックリンク、つまり他のWebサイトから自分のWebサイトへのインバウンドリンクを構築することはSEOに不可欠であり、検索エンジンに権威と信頼性を伝える、中小企業にとって優れたデジタルマーケティング手法です。

自然に他社がリンクしたくなるような高品質のコンテンツを作成することで、バックリンクを獲得できます。

徹底して信頼性の高いソースからリンクを獲得することに重点を置いてください。そうしないと検索エンジンからペナルティを受ける可能性があります。

5分でわかる「デジタルマーケティング」の始め方〜基礎編〜

中小企業がコンテンツマーケティングを成功させるには

製品・サービスをアピールする魅力的なコンテンツを作成し、顧客が何を求めているかを理解することで、信頼とロイヤルティを獲得することができます。コンテンツマーケティング成功に向けて準備を始める方法は以下の通りです。

キャンペーンを構築する前に計画を立てる

キャンペーンを始める前に理解しておくべき重要なステップがいくつかあります。戦略を立てる前にクリアにしておきましょう。

  • ターゲット顧客は誰か?
  • 顧客のニーズやペインポイントは何か?
  • コンテンツマーケティングの目標は?
    • 新規リードの獲得か、売上の増加か?

これらの目的は、コンテンツ作成の指針となり、成功を目指すのに役立ちます。

既存コンテンツを評価する

次に、既存コンテンツを評価し、コンテンツのギャップや機会を特定します。これにより、定義した目的やオーディエンスの関心と一致するトピックを優先できます。

予算、時間、専門知識を考慮し、それに応じて計画を立てます。リソースが限られている場合は、長期的な価値を提供する高品質のエバーグリーンコンテンツ作成に重点を置きます。毎日ブログや動画を製作するよりも実現可能だと感じられるでしょう。

顧客がいる場所で顧客と出会う

もう 1 つのステップは、ターゲット顧客が最もアクティブなチャネルとプラットフォームを特定することです。ソーシャルメディア、メールニュースレター、ブログ投稿、ビデオ コンテンツなど、適切なチャネルを選択することで、最大限のリーチとエンゲージメントを確保できます。一貫性を保ち、安定したコンテンツフローを確保するために、整理してコンテンツカレンダーを確立します。これにより、散発的な投稿を避け、長期間にわたってユーザーのエンゲージメントを維持できます。

コンテンツのパフォーマンスをチェックする

コンテンツを定期的にチェックすることを計画します。Webサイトのトラフィック、エンゲージメント率、コンバージョン率などの指標を使用してパフォーマンスを評価します。視聴者の好みがどのように変化しているかがわからない場合でも、戦略に前向きな変更を加えることはできますか?

これらの手順を踏めば、コンテンツを宣伝する準備が整ったことになります。以下のような、費用対効果が高く、中小企業向けの簡単なデジタルマーケティング戦略を実行しましょう。

  • Facebook、Instagram、X、LinkedIn などのソーシャルメディア プラットフォームを使用することで、フォロワーとコンテンツを共有し、潜在顧客と交流することができます。関連性の高いハッシュタグを使用し、魅力的なグラフィックや動画を作成し、ストーリーやライブ ストリームなどの機能を常に最新の状態に保ち、エンゲージメントを高めます。
  • ブログ投稿、特別プロモーション、製品の更新情報を特集したニュースレターやメールキャンペーンを送信することで、視聴者に情報を提供し、エンゲージメントを維持できます。購読者の興味や行動に基づいてメールをパーソナライズすると、エンゲージメントをさらに高め、コンバージョンを促進できます。
  • インフルエンサーと提携してコンテンツを共有または推奨することで、コンテンツはより幅広いオーディエンスに公開され、ブランドの信頼性が高まります。同様に、信頼性の高いWebサイトにゲスト投稿したり、オンラインコミュニティやフォーラムに参加したりすることで、新しいオーディエンスを引き付け、Web サイトへのトラフィックを増やすことができます。
  • さまざまなチャネルや形式でコンテンツを再利用することで、リーチと寿命を最大限に延ばすことができます。たとえば、ブログ投稿をビデオ、インフォグラフィック、ポッドキャストに変換すると、さまざまなオーディエンスの好みに対応し、コンテンツの寿命を延ばすことができます。

2分でわかるStarter Suite

Starter Suiteは一つのツールに営業、カスタマーサービス、メール配信に必要な機能と、ガイド付きのアシストが組み込まれたCRM。この動画で何が出来るのか確認してみましょう。

中小企業はソーシャルメディアマーケティングをどう活用できるか

ビジネスの規模に関係なく、あなたに適したソーシャルメディアマーケティングプラットフォームがあります。選択肢はさまざまですが、費用対効果を最大限に高め、顧客が既にいる場所で顧客と出会うことに集中することが重要です。

顧客がいる場所へ行く

まず、見込み客が最もアクティブに活動しているプラ​​ットフォームを特定します。すべてのソーシャルメディアプラットフォームで存在感を維持しようとするのではなく、ターゲット 顧客が最も関心を持つプラットフォームに集中することができます。

衣料品店やレストランなど、視覚的な要素が重視されるビジネスの場合は、InstagramやPinterestで高品質の動画を紹介するといいでしょう。小規模なコンサルティング会社や法律事務所であれば、ソートリーダーシップを確立し、業界の専門家とネットワークを構築し、有益なコンテンツを共有できるLinkedInのほうが有益かもしれません。

顧客についてもっと学ぶ

顧客を知ることは非常に重要です。中小企業は大企業よりも顧客との距離が近い場合が多く、デモグラフィック (年齢、性別、場所、興味)、製品やサービスの性質、作成予定のコンテンツの種類を考慮すれば、何が最適かを把握できます。予算に余裕があれば、競合他社のソーシャルメディアでの存在感はいかほどか、どのプラットフォームが良い結果をもたらすか、など、市場調査も実施できます。

コンテンツカレンダーを作成する

コンテンツ作成に関しては、量よりも一貫性を重視する必要があります。製品/サービスの最新情報、舞台裏の様子、お客様の声、関連する業界ニュースなど、厳選されたコンテンツとオリジナルコンテンツを組み合わせたコンテンツカレンダーを作成することで、リソースを圧迫することなく、安定したコンテンツストリームを確保できます。

従業員のストーリーを紹介したり、独占的に製品をプレビューしたりできますか?そうすることで、ブランドに人間味が生まれ、フォロワーとのつながりが強化されます。関連するハッシュタグを使用し、他のユーザーや企業にタグを付け、業界の会話に参加して認知度を高め、新しいフォロワーを獲得します。

敬意を持って耳を傾け親身になる

ソーシャルメディア上で関係を築くには、エンゲージメントを刺激し、信頼を築くことが重要です。すべてのコメント、メッセージ、言及に返信する時間を割くことで、顧客からのフィードバックに対する感謝の気持ちを示すことができます。積極的に聞き手になり、常に友好的でプロフェッショナルなトーンを保ちましょう。懸念や苦情には共感をもって対応します。

コンテスト、ハッシュタグ、顧客機能を通じてユーザー生成コンテンツを促進すると、ブランドの周りにコミュニティ感覚が生まれます。質問をしたり意見を求めると、フォロワーが考えを共有するよう促されます。投票、クイズ、アンケートを実施することでも交流が生まれ、顧客の好みに関する貴重な洞察が得られます。インタラクティブなものはすべて、ユーザー生成コンテンツを促進します。

繰り返しになりますが、リーチ、エンゲージメント、Webサイトトラフィック、コンバージョンなどのパフォーマンス指標を測定・分析することは、中小企業にとって、何が機能して機能していないかを理解するのに役立ちます。市場は競争が激しく、貴重なリソースに過度の負担をかけたくはありません。効率性、一貫性、エンゲージメントを優先すれば、中小企業はソーシャルメディアで際立つ存在になれるのです。

中小企業はメールマーケティングにどのように取り組むべきか

質の高いメールリストの作成、購読者のエンゲージメント、コンバージョンの促進に関連するメールマーケティングのベストプラクティスを統合する必要があります。

メールリストの構築

メールリストは、メールマーケティングの基礎です。 メールリストを構築するには、特別割引、無料リソース、価値あるコンテンツなどのインセンティブを提供して、サインアップの価値を強調しましょう。 Webサイト、ソーシャルメディアのプロフィール、チェックアウトのプロセスに登録フォームを設置して、さまざまなタッチポイントでリードを獲得しましょう。

委任と自動化

メールリストが確立されたら、コンテンツ作成に専念できるチームメンバーを確保してください。一部の中小企業では、それがあなただけかもしれません。だからこそ、デモグラフィック、興味、購入履歴に基づいてメールリストをセグメント化することの重要性を学ぶことがさらに重要になります。

読者の目を引く

視覚的に訴える、モバイル対応のメールで、市場での競争力を維持しましょう。興味を引く件名を使用して注目を集め、開封を促し、明確なCTAボタンを使用して購読者を望ましい行動に導きます。

メールマーケティングでは一貫性が重要です。中小企業には特有の課題と機会があるため、定期的な送信頻度を確立することで購読者の受信トレイに対する敬意を示すことができます。週刊ニュースレター、月間プロモーション、季節ごとの更新など、中小企業には真につながる特別な機会があります。

メールマーケティングとは?種類・効果・実施の流れ・成功事例を解説

パフォーマンス指標を常に把握

開封率、クリックスルー率、コンバージョン率などのメール指標の監視には、時間以外に費用はかかりませんが、それだけの価値があります。件名、コンテンツ、送信時間を A/Bテストすることで、データに基づく洞察に基づいた最適化が可能になります。

中小企業のメール キャンペーンを効果的にするには、特定の課題と機会に対処する必要があります。重要な考慮事項は次のとおりです。

  • 予算内でのパーソナライゼーション
    高度なパーソナライゼーションツールのリソースがないかもしれませんが、だからといってメール コンテンツを個々の購読者に合わせてカスタマイズできないわけではありません。サインアップ時に収集したデータを使用して、購読者の名前で呼びかけます。ソフトウェアに多額の費用をかけずに、でもグラフィック、好み、過去の行動に基づいてメールリストをセグメント化できます。
  • 地域との関連性
    中小企業は、多くの場合、地域市場やニッチ市場にサービスを提供しているため、メールキャンペーンに地域関連の情報やコミュニティ中心のコンテンツを組み込むと、購読者の共感を呼ぶことができます。地域のイベント、その地域の他の企業との提携、またはコミュニティの顧客ストーリーを紹介することで、帰属意識が高まり、企業と購読者とのつながりを強化できます。
  • 価値提案とオファー
    予算が限られているため、購読者へのインセンティブを明確で一貫したメッセージで伝える必要があります。限定割引、新製品への早期アクセス、問題解決やニーズを満たす有益なコンテンツなど、購読のメリットやメール コンテンツへのエンゲージメントを明確にすることで、行動を促します。
  • リソース豊富なデザインとコンテンツ
    小規模だからといって、プロフェッショナルなデザインやコピーライティングができないわけではありません。カスタマイズ可能なテンプレートを備えた、ユーザーフレンドリーなメールマーケティングプラットフォームはたくさんあります。不必要な情報で購読者を圧迫することなく、ブランドのメッセージを効果的に伝え、行動を促す簡潔で魅力的なコンテンツ作成に重点を置きましょう。

【スタートアップの肖像】日本初、紙パックの水を売り出したパイオニアの思考法

中小企業のデジタルマーケティング活動の成果をどう測定するか

大企業ではメール指標を分析し、キャンペーンを最適化するための専門チームがあるかもしれませんが、中小企業ではメールマーケティングの取り組みを臨機応変に測定する必要があります。中小企業のデジタルマーケティングを構築する際、これらの指標を注視することで大きな違いが生まれます。

特に重要な指標は以下の通りです。

Webサイトトラフィック

Webサイトへの訪問者数、トラフィックソース(オーガニック検索、ソーシャルメディア、リファーラルなど)をモニタリングすることで、Webサイト訪問を促進するデジタルマーケティングチャネルの効果を評価することができます。

コンバージョン

Webサイト訪問者のうち、購入、ニュースレターの購読、問い合わせフォームへの入力など、希望するアクションを完了した人の割合を追跡することで、リードや売上を生み出すマーケティングキャンペーンの効果を示します。

エンゲージメントの指標

ソーシャルメディアやメールマーケティングキャンペーンの「いいね!」、コメント、シェア、リツイート、クリックスルー率などの指標を分析することで、オーディエンスのエンゲージメントやコンテンツのパフォーマンスに関するインサイトを得ることができます。

投資利益率(ROI)

マーケティングキャンペーンにかかった費用と発生した収益を比較することで、デジタルマーケティング活動のROIを算出することができます。

Googleアナリティクスは、Webサイトのトラフィック、ユーザーの行動、コンバージョンに関する包括的なインサイトを提供する無料ツールです。GoogleアナリティクスのトラッキングコードをWebサイトにインストールすることで、トラフィックソース、ユーザー属性、コンバージョン率などの貴重なデータにアクセスすることができます。

開封率、クリックスルー率、コンバージョン率などの主要な指標に焦点を当てることで、分析を簡素化できます。メール内のリンクにUTMトラッキングコードを実装することで、Webサイトのトラフィックとコンバージョンをより詳細に追跡することができます。

ソーシャルメディア分析については、Facebook Insights、X Analytics、LinkedIn Analyticsなどのプラットフォームが、エンゲージメント指標、オーディエンス属性、投稿パフォーマンスを追跡するための組み込みツールを無料で提供しています。

ROIとは?ROASとの違いから計算式、最大化の方法まで

ROI を最大化し、来るべきAIの未来に対応しましょう

CRMで革新的な顧客体験を提供するにはどうすれば良いのか、成功に導くソリューションをご紹介します。

ある小さなオンラインブティックが、ハンドメイドジュエリーの新作コレクションを宣伝するため、最近デジタルマーケティングキャンペーンを開始したとしましょう。

Googleアナリティクスを使ってWebサイトのトラフィックを追跡することで、ブティックのオーナーは何人の訪問者がWebサイトにたどり着いたかを知ることができます。トラフィックソースを分析し、ソーシャルメディア、メールマーケティング、有料広告など、どのチャンネルがサイトへの訪問者を最も増やしているかを判断することができます。

Webサイトのトラフィックを追跡するだけでなく、ブティックのオーナーはコンバージョンもモニターして、売上を生み出すキャンペーンの効果を評価します。

Googleアナリティクスでコンバージョントラッキングを設定し、購入やカートに商品を入れた訪問者の数を追跡しています。コンバージョン数をWebサイトの総トラフィックと比較することで、オーナーはコンバージョン率を計算し、キャンペーンが収益を上げるのに成功したかを判断することができます。

このシナリオでは、デジタルマーケティングキャンペーンによって、Webサイトのトラフィックが大幅に増加し、コンバージョン率が高かった場合、キャンペーンがターゲット顧客の心に響き、ブティックの売上を効果的に獲得できたことを示します。

一方で、キャンペーンによって多くのトラフィックが発生したものの、コンバージョン率が低かった場合は、Webサイトやチェックアウトプロセスに問題があり、コンバージョン率を改善するために対処する必要があることを示している可能性があります。

【30日間無料】Starter Suiteトライアル

Starter Suiteで成長を加速
世界No.1 CRMを手軽に体験!クレジットカードの登録やソフトウェアのインストールも不要で、申し込み直後からトライアル環境をお試しいただけます。

Salesforce Starter すぐに使える、中小企業のためのCRM

中小企業向けデジタルマーケティングは、より多くの購読者にリーチするための費用対効果の高い戦略を提供します。ソーシャルメディア、メールマーケティング、検索エンジンなどのデジタルチャネルを利用することで、より効果的に競争し、強力なオンラインプレゼンスを確立し、顧客とつながることができます。

中小企業が成長するにつれ、その勢いを持続させることが課題となります。そのための方法のひとつは、高度なツールとテクノロジーに投資することです。これには、包括的な顧客関係管理(CRM)シス テムへのアップグレードや、洗練された分析プラットフォームを導入して顧客行動やキャンペーンのパ フォーマンスをより深く洞察することなどが含まれます。

優れたデジタルマーケティングには、中小企業の競争条件を整え、大企業との真っ向勝負を可能にする力があります。適切な量の創造性、革新性、戦略があれば、個人レベルで顧客とつながり、混雑した市場で差別化を図ることができます。

※本記事は米国で公開された “Digital Marketing for Small Business: Here’s How You Can Do It” の抄訳版です。本ポストの正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先されます。

ビジネスに役立つコンテンツを定期的にお届けします