Skip to Content

Best of Tableau Web 2023年10月号 データドリブンな組織を実現する実践的手法をご紹介

Best of Tableau Web 10月号では、データドリブンな組織を実現するためのベストプラクティスを提供するフレームワーク「Tableau Blueprint」に基づき、Tableauの導入、運用、および最適化に役立つ記事コンテンツを紹介します。 組織のデータ利活用を支えるユーザーの方々から、推薦された各種コンテンツをデータ戦略やガバナンスなどいくつかの項目毎にまとめ、ご紹介します。

Best of Tableau Web へようこそ!

みなさん、こんにちは。Tableauソリューションエンジニアの杉村です。

Best of Tableau Webの3〜9月号では、Tableauコミュニティによって提供されたTableauユーザーのTipsや使い方に関する記事をまとめ、広く共有してきました。初心者から上級者まで、Tableauのデータ分析やデータ可視化技術、学習法に関する有益な情報を提供しています。

そして、10月号からは、データドリブンな組織を築くためのフレームワーク「Tableau Blueprint」に焦点を当て、Tableauを組織に導入してデータの活用を拡大し、向上させる方法についての情報を提供していきます。

今月は、2人のTableauユーザーを招いて、Tableau Blueprintに基づき、組織がデータを効果的に活用するための記事を紹介します。

Jun Yamazaki, Client Partner, Slalom Japan.

こんにちは!みなさんのDX/ビジネス変革を支援したい!とTableau からSlalomへ参り、現在はプロダクト開発、組織/カルチャー変革、アジャイル、データ,,, と幅広いご支援をしています。データは間違いなく変革の中心にあります。みなさんと一緒にデータを身近で誰もが活用できる世界を実現したいです!

Kazuya Araki, Data Engineer / Business Data Analyst / Analytics Engineer, Eureka, Inc.

こんにちは。データ関連の業務を行う傍ら、Tableauや国内外ベンダーOSS問わずBIツールに関する発信をしています。今回はTableau Blueprintの解説ということでTableauに関わらず、データ分析基盤周辺の有益な情報を提供できればと思います。

Tableau Blueprintとは?

Tableau Blueprintは、データドリブンな組織の構築を支援するフレームワークです。組織がデータの活用方法を拡大し、利活用による成果を強化するための計画と指針を提供します。

組織の現在の状況を測定し、将来の方向性に関する情報を得たい場合には、「Tableau Blueprint アセスメント」を活用して始めることができます。

組織が分析環境への投資で成功を収めるためには、導入に対して明確なビジョンとデータ戦略を持つ必要があります。データ利用に対するビジョンの策定、戦略的な取り組みと KPI の見極め、Tableau 利用によるビジネス目標の設定、リスクと課題の明文化が含まれます。

さらに、データドリブンな組織を築くためには、アジャイル性、スキル、そしてコミュニティという3つの要素が鍵となります。これらは組織がデータ分析によって成長する上で不可欠な要素です。

  1. アジャイル性
    • データの導入環境はアジャイルである必要があり、将来の変化に適応できる柔軟性を持っている必要がある。
    • サーバー導入環境は安全かつ安定した状態を維持する必要があり、定期的な監視とアップグレードが必要。
  2. スキル
    • ユーザーはデータ分析のスキルを持ち、データを活用して意思決定を行う能力を身につける必要がある。
    • 教育プログラムを通じて組織内のデータ精通度を高め、ビジネスにおけるデータの価値を最大限に引き出す。
  3. コミュニティ
    • ユーザーコミュニティを構築し、データの共有とコラボレーションを促進する。
    • コミュニケーション手段やエンゲージメント活動を通じて、ユーザーコミュニティを育成し、組織全体でのデータの利用を推進する。

また、組織で決められたガバナンスの導入により、データのセキュリティとアクセスを確保しつつ、安全な分析環境を構築することが可能です。

Tableau Blueprint アセスメント

分析の拡張方法とデータカルチャーの構築方法に関するパーソナライズされた実践的なガイダンスを受領できます!

戦略とチーム

Jun Yamazaki

  • データドリブン経営とは何なのか?
    分析戦略
    Tom, note

    このブログは、企業のデータ活用の初歩として「データ基盤整備」に焦らず、具体的な目的とユースケースを優先するアプローチを推奨しています。データ・ドリブンの流れに乗せられ、計画を立て切ってウォーターフォールで進めるのはリスクが高い、と警告しています。目的設定が成果を生む鍵です。

  • 万能なデータ組織は存在しない:適切なデータメッシュの構築
    プロジェクトチーム
    Jennifer Belissent, Snowflake

    このブログでは、全社的なデータ活用の際、中央集権的なCOEの設立とガバナンスや人材育成の効率化のニーズに焦点を当てています。COEと事業部がどのように役割分担をするのか、適切なバランスを探る必要があります。データメッシュに関する議論も取り上げ、具体的な実行方針のヒントを提供しています。

アジャイル性

Kazuya Araki

  • How to use Tableau to analyze agile, devops, and website metrics
    監視
    Isaac Sacolick, InfoWorld

    Tableauのデータプラットフォームとしてのパフォーマンス計測はエンジニアリングの評価方法と似ています。本ブログはテクノロジー組織の指標の事例を紹介していますが、この内容を理解することでTableau Data Managementの必要性が理解できるかと思います。

スキル

Kazuya Araki

  • VizWiz
    分析のベストプラクティス
    Andy Kriebel, www.vizwiz.com

    説明不要かと思いますがTableauユーザーのレジェンド、Andy Kriebel氏のブログです。Makeover Mondayの解説も非常に参考になりますし、何より2009年からアウトプットし続けているのがすごい。レジェンドに敬意を表します。

  • データサイエンティスト スキルチェックリストビューアー
    評価
    一般社団法人データサイエンティスト協会, github.io

    少し系統が異なる紹介となりますが、データサイエンティストに限らず、データ人材としてのスキルチェックの雛形としてよく見ているものです。これを全部実行するのは正直とても難易度が高いのですが、スキルテンプレートとして活用し、組織のスキル戦略や教育計画に活かせればと思っています。

  • Tableau 8つのハードルを越える
    教育
    ritz_Tableu | Satoshi Ganeko, note

    こちらも説明不要ですが、日本のTableauレジェンド、我如古さんのnoteです。こちらのマガジンで救われたTableauユーザーは多いかと思います。初学者、中上級者問わずおすすめです。

コミュニティ

Kazuya Araki

  • 社内の Tableau アクティビティ
    エンゲージメント
    Tableau Blueprint ヘルプ

    Tableau公式のヘルプからの紹介で恐縮ですが侮るなかれ。社内コミュニティ101と言っても差し支えないほどのお手本と実践的なhowが収録されています。まずはこれをベースに会社文化と照らし合わせて独自にカスタマイズして社内コミュニティをはじめてみるのはいかがでしょうか。

  • DATA Saberを目指す君たちへ〜Apprenticeの心得
    コミュニケーション
    KT, note

    Tableauの非公式コミュニティとして最大級の勢力(2023年10月現在1600人超)を誇るDATA Daber創始者の御言葉です。DATA Saberを目指すのも良いですし、コミュニティ運営に悩むデータリーダーの参考になるモノが見つかるかもしれません。

信頼とガバナンス

Kazuya Araki

  • ガバメントクラウド
    信頼とガバナンス
    デジタル庁, note

    ガバメントクラウドとはデジタル庁が整備、推進するパブリッククラウド基盤のことです。関係省庁、自治体を含めると軽く1000を超える膨大な規模に対抗するため、日本の精鋭が集結するはずですので、ガバナンスに限ることなく様々なノウハウに期待しています。

データ用語虎の巻:ビジネスのためのわかりやすいデータ用語集

生成AIが登場し、その進化がめざましいですが生成AIを理解するためには、それを支えるデータへの理解が不可欠なことをご存じでしょうか。そんなデータ用語の意味や仕事場面での影響を学ぶなら、ぜひこの「データ用語集」を活用してください。

Tableau Blueprint 記事検索

Tableau Blueprintのフレームワークに合わせたコンテンツの検索のしやすさを高めるためにダッシュボードにしました。Tableau Blueprint の図をクリックすると、関連する記事とURLリンクを選択できます。

今月号のブログには、ご紹介しきれなかったYamazakiさんやArakiさんの紹介記事も含んでいます。

いかがだったでしょうか。

Best of Tableau Webでは、Tableauユーザーから取り上げてほしいトピックや記事のリクエストをお待ちしています。自薦・他薦はハッシュタグ「#TableauWeb」でぜひお願いします。

次回のBest of Tableau Webは、11月末に公開予定です。お楽しみに!

Best of Tableau Web 記事一覧

Rintaro Sugimura ソリューションエンジニア

Tableauのプリセールスとして顧客並びにユーザーコミュニティの技術力アップを支援して います。Tableau全世界トッププリセールス40の1人。Salesforce Peak Performersなどの受賞歴。Twitter(@rsugimura17) や Youtube (Tableau極める) でもTableau製品技術について発信しています。

Rintaro の他の記事

ビジネスに役立つコンテンツを定期的にお届けします