会えない今、それでも選ばれて成長するために

企業を取り巻く環境は大きく変化し、これまで当たり前だった対面営業やオフィスへの出勤ができないといった「会えない」時代になっています。しかし、そんな環境下でも新しいビジネスをスピーディーに生み出し、お客様の声を製品やサービスに生かして選ばれ続けている企業があります。
本セミナーではこのような先進事例をご紹介しながら、SalesforceとIBMが考える次のステップ、ニューノーマルで成長し続けるためのビジネスのヒントをお届けします。
 

対象

 

  • デジタル変革をリードされている経営層の皆様
  • 営業、マーケティング、コンタクトセンターなどでデジタルを活用して業務改革をリードする皆様
  • 自社のデジタル変革を実現するIT戦略・企画をリードする皆様
 
 

基調講演&事例セッション / 13:00-14:30

 

基調講演

Salesforce x IBMで考える
ニューノーマル時代のデジタル変革

ニューノーマル時代に、様々な接点のデジタルシフトが急速に進んでおり、日々生み出される膨大なデータをいかに利活用できるかが今後のビジネス成長を左右します。本セッションではSalesforceとIBMが強力なタッグを組むことで、お客様のDXをどのようにご支援できるのか事例を交えてご紹介します。
 
 
株式会社セールスフォース・ドットコム
代表取締役会長 兼 社長
小出 伸一
 
日本アイ・ビー・エム株式会社
代表取締役社長
山口 明夫

三井住友信託銀行が新規サービス提供をスピードアップさせた舞台裏 - ローコード開発本格活用に向けた取り組み

三井住友信託銀行では「おひとりさま信託」などの新サービスリリースをSalesforceを活用して短期間に実現しています。その背景にはユーザー部門とシステム部門の適切な融合とローコード開発手法の活用という全社的な取り組みがありました。一方でより効果的に運用するための体制作りも必要となってきています。当セッションではこの取り組みの舞台裏をCIOの視点からご紹介いたします。
 
 
三井住友信託銀行
常務執行役員
上田 純也 氏
 
日本アイ・ビー・エム株式会社
グローバル・ビジネス・サービス
事業本部
セールスフォース・プラクティス
ジャパン・リーダー
パートナー 富高 恵津子
 
 
 

事例セッション

品質改善対応起点のCX向上の取り組み開始から
営業フロント業務改善への展開の道のり

講演企業:株式会社ユポ・コーポレーション

品質に関するお客様の声の収集にCX向上のキーがあると考えたユポは、IBMとSalesforceと一緒に業務革新への取り組みを開始しました。コロナ禍の影響でリモートでのプロジェクト実行を余儀なくされる中、デジタルの手法を駆使してプロジェクトを予定通り進めることができました。その舞台裏をご紹介します。
 
 
株式会社ユポ・コーポレーションは製紙業トップシェアの王子製紙株式会社(現:王子ホールディングス株式会社)と三菱油化株式会社(現:三菱ケミカル株式会社)の折半出資により設立された、合成紙のグローバルリーディングカンパニーです。

テクノプロ・グループにおける従業員エンゲージメントへの取り組み

講演企業:テクノプロ・ホールディングス株式会社

技術系人材サービス大手のテクノプロ・グループでは、エンジニアのエンゲージメントの重要性を認識し、その向上に向けて取り組んでいます。本セッションではSalesforceを活用した従業員エンゲージメント、人材採用・雇用に関わる業務効率化、さらに新たな営業スタイル変革への取り組みについてご紹介します。
 
 
 
テクノプロ・ホールディングス株式会社
タレントマネジメント推進部長
大塚 史子 氏
 
本イベントのお問い合わせは以下にお願いします。
IBM アクセスセンター
IBMGBS@jp.ibm.com