次の世界へ。

 
 

[ 次の世界へ。30秒版 ]

[ 次の世界へ。60秒版 ]

CMに込めた想いとは?

どのような時代だとしても、どれだけテクノロジーが進化したとしても。わたしたち人間ひとりひとりの行動こそが、これからの世界のあり方を決めていく。いままでの常識や古い価値観を超えて、一歩先の世界へと踏み出しているキャストたちの力強い言葉が、あなたの背中を押し、そしてポジティブに前に向かわせるパワーになれば…との願いを込めました。さあ、一緒に「次の世界へ」動き出しましょう。
 

CMに登場する出演者について

 
 

Topa Onimowo aka Phenom

トパ・オニモウォ aka フェノム

ナイジェリアのヒップホップアーティスト。

特定のスタイルにとらわれず、自身の出来事を題材に愛や友情にまつわるラップを歌っている。大学で法律を学んでいたが、音楽会社 Knight HouseのTemi Gomezとの出会いをきっかけに、音楽の道を進むことを決断。18歳の時に初のスタジオ録音をリリース。

ここ数年は、多くのヒップホップアーティストとコラボレーションし、彼らのアルバムにも参加している。

 

Kylie Vincent

カイリー・ヴィンセント

アクティビスト、アーティスト。

フロリダでのスクールシューティング事件後、高校の仲間と銃規制を訴えるパフォーマンスショーを企画し、ニュース番組にも取り上げられた。NYC移住後、銃規制デモ活動March For Our Lives New York Stateのアクションディレクターに大抜擢された。近年は、銃規制団体の募金活動としての演劇プロデュースや、#HereTooプロジェクトでのパフォーマンス、アクティビストイベントスピーカーとして活躍。

 

Jeana Turner

ジーナ・ターナー

アメリカンビューティ、インフルエンサー、ファッションモデル。

養護施設で育った彼女は、自身がCEOを務めるカスタムウィッグのブランドHaus Of Anomaliを通じて、恩返しに取り組んでいる。

幼くしてモデルのキャリアをスタートし、近年はアメリカの人気リアリティ番組、America's Next Top Model シーズン24に出演、準優勝に輝いた。

 
 
 

清水 文太

シミズ ブンタ

アーティスト・スタイリスト・アートディレクター。

19歳から水曜日のカンパネラのツアー衣装や、著名人、テレビ・企業広告のスタイリング、Benettonをはじめとしたブランドのアートディレクションを手掛ける。

コラムニストとして雑誌「装苑」の連載などに寄稿。

2019/11/20にアルバム「僕の半年間」を発売。

RED BULL MUSIC FESTIVALでのDJ・ライブ出演など、多岐にわたる活躍を見せている。

 

Essynce Moore

エッシンス・ムーア

キッズファッションデザイナー、作家、モチベーショナルスピーカー。

2016年、Black Enterpriseマガジンの最優秀ティーン企業家に選ばれる。作家デビュー作6th Grade Middle School Chroniclesがアマゾンベストセラーに輝き、続編も2作出版される。ファッションブランドEssynce Couture、コスメティックラインEssynce、出版社Essynce Couture Publishingなど様々なビジネスを展開する。

 

黒川 ウェリントン 力

クロカワ ウェリントン チカラ

ORCA COMPANY CEO。

バハマで生まれ、2歳半で沖縄に移住。

2017年、某人材会社に入社し、入社後わずか3カ月で営業成績1位を獲得。

2019年9月、国内外の営業コンサルティングを行う、ORCA COMPANYを設立。

 
 
 

Obi Ndefo

オビ・エンディフォ

アクター、ライター、ディレクター、アート教育提唱者。

ナイジェリアとユダヤ系アメリカ人のルーツを持ち、数々の人気テレビドラマにレギュラー出演し、有名になる。アート教育非営利団体の設立や、画期的な多文化テレビシリーズのリードライターを務めるなど大活躍する中、2019年にひき逃げ事件に巻き込まれ両足を失った。事故を悲劇と捉えず、ヨガと自然食品を通してリハビリを成功させ、インクルージョンと団結への献身を深めながら、挑戦し続けている。

 

Anthony Mmesoma Madu

アンソニー・メソマ・マドゥ

ナイジェリア、ラゴスにあるバレエスクールLeap of Dance Academy に通う11歳のバレエ少年。

8歳の時バレエに出会い、それ以来、バレエの魅力に取り憑かれる。2020年6月、ネットに上がった動画の反響から一躍脚光を浴びたことをきっかけに、多くのニュースで取り上げられ、国際的なコラボレーションプロジェクトにも登場している。好きなバレエのステップはア・ラ・スゴンドとピルエット。好きなヴァリエーションはくるみ割り人形の王子。

 
 

セールスフォース・ドットコムについて

Salesforceは、デジタル化が加速する時代に企業と顧客を近づける世界No.1のCRM*です。1999年に設立されたセールスフォース・ドットコムは、あらゆる規模と業界の企業がクラウド、モバイル、ソーシャル、ブロックチェーン、音声、人工知能などの強力なテクノロジーを活用し、顧客を360度視点で見ることができるできるツールを提供しています。詳しくはこちら 。
*出典:IDC社、『Worldwide Semiannual Software Tracker』(2020年4月)。CRM市場には、IDC社が定義する、営業チームの生産性と管理、マーケティングキャンペーン管理、カスタマーサービス、コンタクトセンター、広告、デジタルコマースアプリケーションの各機能別市場が含まれる。
 
 

想像だけで終わらせないフォースを、あなたへ。当社の取り組み

私たちは、ビジネスこそがより良い未来を築くための原動力になると信じています。1999年の創業以来、お客さまや従業員、環境などあらゆるステークホルダーを考慮しながら、テクノロジーや社会貢献活動を通じて、社会により良い変化を生み出させるよう取り組んでいます。
 
 
創業以来20年以上にわたり、ビジネスと社会貢献を統合した「1-1-1モデル」を推進しています。従業員の就業時間の1%、株式の1%、製品の1%を活用して私たちが暮らし働くコミュニティに還元するこの取り組みを通じて、社会的インパクトの創出をめざしています。
平等は、私たちが大切にするコアバリューの1つであり、ビジネスにおける信条です。同一労働同一賃金のコミットメントを維持するとともに、社員主体の従業員グループによる活動や人財育成への投資などを通じて、あらゆる人が平等な社会の実現に向けて取り組んでいます。
私たちは、すべてのお客様にカーボンニュートラルなクラウドを提供し、温室効果ガス排出量実質ゼロで事業を運営しています。また炭素会計ソリューションの提供や森林再生イニシアティブ「1t.org」への参画などを通じて、地球環境に配慮した取り組みを推進しています。
 
 
地方自治体と共同し、クラウドを活用したデジタル変革支援やテレワークの啓蒙、和歌山県白浜町のサテライトオフィスで培ったノウハウの共有などを行っています。2019年には、山口県萩市と包括的連携・協力に関する協定を締結するなど、地方におけるIT人財の育成にも力を入れています。
Salesforce Venturesは、当社の戦略投資部門として、お客様企業の成功に貢献するB2Bクラウドエコシステムの発展をめざしています。23カ国で400社以上のスタートアップに出資し、SaaS市場拡大に貢献しています。2018年には日本のスタートアップ向けに1億ドルのファンドを設立しました。
IT人材不足がますます深刻化する中、当社は「Tokyo P-TECH事業」への参画や教育関係NPOへの支援、無料で使える学習ツールTrailheadの提供を通じて、誰もが必要なスキルを習得できるよう支援しています。多くのTrailblazer(先駆者)たちが、Trailheadで学び、キャリアを成功させています。
 
 
 

ともに、次の世界へ。

 

セールスフォース・ドットコムは、テクノロジーや社会貢献活動を通じて、より良い未来の実現に向けて取り組んでいます。

あなたもぜひ、その仲間に加わってみませんか?>>社員のストーリーはこちら