Salesforce Certification Daysは、資格に必要な知識を確認し、Tipsやベストプラクティスなど、学習のポイントが無料で学べるウェブセミナーです。

開催日時

6月13日、6月14日に開催するCertification Daysは、セールスフォース・ジャパン開催「World Tour Tokyo」で提供するプログラムの一環として実施いたします。ご視聴には、World Tour Tokyoへのお申込み(無料)が必要です。
イベントサイトにログイン後、World Tour Tokyoサイト内より、予定の時間になりましたらオンラインにてご視聴いただけます。
 
 
6月13日 (木)   13:00〜18:00

認定アドミニストレーター

 
6月14日 (金)  10:00〜18:00

認定アソシエイト

注意事項:

  • 本ウェブセミナーは有償版のコンテンツを一部抜粋した短縮アジェンダとなります。
  • 本ウェブセミナーはライブでの開催となり、事後に動画を公開する予定はありません。
  • 本ウェブセミナーの録画はご遠慮いただきます。
  • テキストやデモ組織などの提供はございません。コース中のみ、閲覧、ご利用いただくことが可能です。
  • 講師への質問は承っておりません。

資格の更新モジュールはこちら

Salesforce 認定資格を維持するためには 1 年に 1 度、認定資格者の皆様が取得済みの基本資格に対応した Trailhead の更新モジュールを完了する必要があります。期日までに更新要件を満たさなかった場合、お持ちの上位資格を含む認定資格は失効となりますので、早めのご対応をお願いいたします。
 
 

認定アドミニストレーター資格の更新 (Spring '23)

 

認定 Platform アプリケーションビルダー資格の更新 (Winter '23)

 
 
※ 資格試験割引クーポンの提供は終了しました。
 
 

参加対象者

  1. どなたでもご受講いただくことが可能です。
  2. Salesforce 認定アソシエイトは、Salesforceを使い始めたばかりの方(Salesforce 経験が0〜6ヶ月)で、Salesforce Customer 360 Platformを理解し、活用するTrailblazer向けのエントリーレベルの認定資格です。
  3. 資格対策としてはもちろん、Salesforceの基礎知識を習得、確認したい方にも役立ちます。
  1. 以下2つのコースを修了している、もしくは同等の知識があることが望ましいです
    ・「Salesforce 管理Ⅰ [前編] (ADX201-1)」コース
    ・「Salesforce 管理Ⅰ [後編] (ADX201-2)」コース
  2. 資格一覧 」ページ​の「Salesforce 認定アドミニストレーター」で受験ガイドを確認し、試験範囲を理解していることが望ましいです
  1. 「認定アドミニストレーター」資格があることが望ましいです
  2. 以下のコースをコースを修了している、または同等の知識があることが望ましいです
    Salesforce 管理Ⅱ (ADX211) 」コース
    加えて、1年以上の Salesforce 組織管理の実績があることも推奨します
  3. 資格一覧 」ページ​の「認定上級アドミニストレーター」で受験ガイドを確認し、試験範囲を理解していることが望ましいです
  1. 以下のコースを修了している、または同等の知識があることが望ましいです
    「Salesforce Platform アプリケーションビルダー基礎 [前編] (DEX403-1)[後編] (DEX403-2) 」コース
  2. 資格一覧 」ページ​の「認定 Platform アプリケーションビルダー」で受験ガイドを確認し、試験範囲を理解していることが望ましいです
  1. 以下2つのコースを修了している、もしくは同等の知識があることが望ましいです
    ・「Salesforce Platform 開発者: Apex と UI カスタマイズ [前編] (DEX450-1)」コース
    ・「Salesforce Platform 開発者: Apex と UI カスタマイズ [後編] (DEX450-2)」コース
  2. 資格一覧 」ページ​の「認定 Platform デベロッパー」で受験ガイドを確認し、試験範囲を理解していることが望ましいです
  1. 「認定アドミニストレーター」資格があることが望ましいです
  2. 以下のコースを修了している、または同等の知識があることが望ましいです
    Sales Cloud 管理アドバンス (ADX251) 」コース
  3. 資格一覧 」ページ​の「認定 Sales Cloud コンサルタント」で受験ガイドを確認し、試験範囲を理解していることが望ましいです
  1. 認定アドミニストレーター」資格があることが望ましいです
  2. 以下のコースを修了している、または同等の知識があることが望ましいです
    Service Cloud 管理 (ADX261)」コース
  3. 資格一覧 」ページ​の「認定 Service Cloud コンサルタント」で受験ガイドを確認し、試験範囲を理解していることが望ましいです

以下の知識、経験があることが望ましいです

  • Web スタック上のフロントエンドやバックエンドで使用される JavaScript アプリケーションの開発に関する知識・スキル・経験をお持ちの開発者
  • オブジェクト指向プログラミング言語を用いたアプリケーション設計・開発・テスト・リリースの経験者で、それらのスキルを JavaScript でも得たいと考えている開発者
  1. 以下のコースを修了している、または同等の知識があることが望ましいです
    Marketing Cloud によるカスタマージャーニーの作成と分析 (MKT101)
  2. 資格一覧」ページの「認定Marketing Cloudアドミニストレーター」で受験ガイドを確認し、試験範囲を理解していることが望ましいです
  1. 「認定アドミニストレーター」資格があることが望ましいです
  2. 以下のコースを修了している、または同等の知識があることが望ましいです 「Experience Cloud サイトの作成と管理 (ADX271) 」コース
  3. 資格一覧」ページ​の「認定 Experience Cloud コンサルタント」で受験ガイドを確認し、試験範囲を理解していることが望ましいです
  1. 「認定Platform アプリケーションビルダー」の資格がある、または同等の知識があることが望ましいです。
  2. 資格一覧」ページ の「認定 Integration アーキテクト」で受験ガイドを確認し、試験範囲を理解していることが望ましいです

学習コンテンツ

Trailheadで学習しよう

 
 

認定アドミニストレーター資格 対策

 

アプリケーションビルダー認定試験に向けた学習

 
 

Platformデベロッパー認定試験に向けた学習

 

Sales Cloud コンサルタント認定試験に向けた学習

 
 

Service Cloud コンサルタント認定試験に向けた学習

 

認定 Marketing Cloud アドミニストレーター 対策

 
 

認定上級アドミニストレーター対策

 

認定 Experience Cloud コンサルタント 対策

 
 

アーキテクトジャーニー:インテグレーションアーキテクチャ

その他の資格の更新モジュールについてはこちら をご確認ください。
 

認定講師によるトレーニングを受講しよう

認定講師によるトレーニングでさらなるスキルアップを目指しましょう。
こちらのトレーニングは、クラスルームトレーニングはもちろん、バーチャルトレーニング形式でも提供しています。バーチャルトレーニングでは、自宅やオフィスにいながら集合型研修と同様のインタラクティブな学習環境を実現します。
 

事例紹介セミナーを活用しよう

Salesforceの導入に成功した企業の担当者をお招きし、どのようにスキルを習得し、自社のプロジェクトや個人のキャリアに役立てているのか。トレーニング活用法や人材育成、その効果についてリアルな声をお届けします。