Salesforceの女性活躍推進 行動計画

計画期間

平成28年4月1日〜平成32年1月31日

当社の課題

当社は、男性、女性だけでなく、人種や信条の全てに対して門戸を開き、誰もが活躍でき誰もが尊敬される、Ohana Culture (家族)を全世界でのモットーにしています。日本でも、男女の差なく採用を行っていますし、スーパーフレックスやWork From Home制度を導入し、自由な働き方で両立支援を積極的に進めています。今後の、当社の課題は、女性社員の成長を支援し、より多くの女性社員に、将来、管理職として活躍して頂けるよう、全社を挙げての仕組みを作っていくことです。

目標

管理職(People Manager)に占める女性の割合を、現在の15.9%から20%にする 

取組内容と実施時期

 
 

取組1

 

職場風土に関する事項

 

取組内容

実施時期

 
職場と家庭の両方において男女がともに貢献できる職場環境とその意識啓発を行う
 

取組内容1

 
利用可能な両立支援制度に関する労働者・管理職への周知徹底 
 

(1)Program development

(2)Quarterly Manager Awareness Session

(3)80%+ Manager Participation

(1)2/1/2017〜

(2)5/1/2017〜

(3)2/1/2017〜

 

 

取組内容2

 
育児休業からの復職者を部下に持つ上司に対する適切なマネジメント・育成等に関する研修等
 

(1)Content Development

(2)1:1 with Manager 6 month prior to Maternity/Paternity Leave &  3 month prior to the return to work

(3)100% participation

 

(1)2/1/2017〜

(2)5/1/2017〜

(3)2/1/2017〜

 

 

取組内容3

 
上司を通じた男性労働者の働き方の見直しなど育児参画の促進
 

(1)Promote Paternity Leave

(2)At least 1 month PL if requested. 100% of the cases

 

(1)7/1/2017〜

(2)7/1/2017〜

 

取組内容4

 
短時間勤務制度・フレックスタイム制・在宅勤務・テレワーク等による制度の充実
 

(1)Implementation of Work from Home

(2)Program review and update

(3)WFH Participation rate over 75% of our employees

 

(1)5/1/2017〜

(2)8/1/2017〜

(3)7/1/2017〜

 
 

取組2

 

配置・育成・教育訓練に関する事項/評価・登用に関する事項

 

取組内容

実施時期

 
女性の成長を支援し、より多岐にわたったキャリアパスを可能すると同時に、マネジャーの理解と支援を強化する
 

取組内容1

 

管理職育成プログラム
(重要プログラムへアサイン、長期海外出張、サテライトオフィス勤務など)

 

(1)Program Development

(2)Program start

(3)Annual Reviews on promotion ratio Target

 

(1)4/1/2016〜

(2)6/1/2016〜

(3)2/1/2017〜

 

 

取組内容2

 

キャリアアップを動機づける施策

  • 経営陣との交流会 Round table with management
  • 女性ネットワーキング ・ロールモデルとのディスカッション Networking & Discussion with Role Model 
  • 若手女性社員のキャリアプランニング研修 (新卒 / SD)
 

(1)Planning & Program Development

(2)Quarterly Net working & guest speakers

(3)Career Planning Training for SD/New Grads

 

(1)4/1/2016〜

(2)5/1/2016〜

(3)8/1/2016〜

 

取組内容3

 
マネージャー研修(ハラスメント、女性社員の育成、登用 無意識のバイアス)
 

(1)E-Learning on Trailhead

(2)100% completion rate

 

(1)4/1/2016〜

(2)2/1/2017〜