キース・ブロックは、セールスフォース・ドットコムのco-CEO(共同最高責任者)で、同社の取締役会への報告を担っています。ブロックは、会社の成長戦略から実行、そして経営をリードしています。

ブロックは2013年6月にセールスフォース ・ドットコムに副会長 兼 社長、そしてディレクターとして入社し、さらに2016年2月には同社のCOO(最高執行責任者)に任命されました。COO 兼 社長として、グローバルにおける売上が数十億ドル規模の営業・サービス事業、アライアンスやチャネル、業種別戦略、企業開発、企業行動、マーケティングやビジネス全般を統括し、ビジネスの急成長を実現しました。

ブロックは、お客様企業の変革に焦点を当てて30年近くにわたり世界規模の営業、コンサルティング、エンジニアリングの責任者を務めました。セールスフォース ・ドットコム入社以前は、オラクル社において北米地域のセールスおよびコンサルティング担当エグゼクティブ・バイスプレジデントとして、売上数十億ドル規模の営業・サービス事業を牽引し、10年間で記録的な売上の成長と利益率の増加を達成しました。

現在、ブロックは世界経済フォーラムのInformation Technology CommunityにGovernorとして、また、カーネギーメロン大学客員評議会メンバー、カーネギーメロン大学ハインツ・カレッジ顧問委員会メンバー、そして米コンコード美術館理事会メンバーも務めています。

2018年2月に、ブロックと彼の妻であるスザンヌは、最先端テクノロジーが社会をより良くし、クオリティ・オブ・ライフ ー1人ひとりの生活の質ー を向上するためのアクションプランを創出することを目的とし、カーネギーメロン大学にBlock Center for Technology and Societyを設立しました。また、非営利団体で、ボストンにある公立学校に通う学生の学業や1人ひとりの成長を推進することを支援するBoston Partners in Educationに参加しています。

ブロックはカーネギーメロン大学で科学修士号(経営および政策分析)および学士号(情報システム)を取得していると共に、 カーネギーメロンのハインツ・カレッジ(大学院)を卒業しています。