キース・ブロックは、セールスフォース・ドットコムの共同最高経営責任者であり、取締役です。2013年6月に入社して以来、副会長、社長、取締役を歴任するとともに、最高執行責任者も務めました。社長兼COOとして、グローバルにおける売上が数十億ドル規模の営業・サービス事業、アライアンスやチャネル、業種別戦略、企業開発、企業行動、マーケティングやビジネス全般を統括し、ビジネスの急成長を実現しました。

ブロックは、30年近くにわたり、世界有数の営業、コンサルティング、エンジニアリングチームを率いて、ビジネスの変革に取り組んできました。セールスフォース・ドットコム入社以前は、オラクル社で北米地域のセールス・コンサルティング担当エグゼクティブ・バイスプレジデントとして、売上数十億ドル規模の営業・サービス事業を牽引し、在任中に記録的な成長を成し遂げています。ブロックは、Booz Allen Hamiltonの上級コンサルタントとしてキャリアをスタートさせました。

現在は、ビジネス・ラウンドテーブル、ウォール・ストリート・ジャーナルCEOカウンシル、アメリカ心臓協会CEOラウンドテーブルのメンバーです。世界経済フォーラム情報テクノロジーコミュニティのガバナーでもあり、カーネギーメロン大学評議会委員、カーネギーメロン大学ハインツ大学院諮問委員、コンコード・ミュージアム評議会委員も務めています。2019年4月には、ビジネスインサイダーにより、ビジネスを変革する100人に選ばれました。

ブロックと妻のスザンヌは、2018年2月にカーネギーメロン大学Block Center for Technology and Societyの設立に携わりました。このセンターは、最先端テクノロジーが社会の利益に貢献し、より広く生かされ、人々の生活の質を向上させるようにするための、意義のあるアクションプランの策定を目的としています。また、ボストン公立学校生徒の学業と人間的成長への貢献を目的とする非営利団体Boston Partners in Educationの活動にも積極的に携わっています。

ブロックは、カーネギーメロン大学で情報システム学の理学士号と、マネジメント・政策分析学の理学修士号を取得しています。