クレイグ・コンウェイは技術業界で最も傑出し成功したキャリアを持つ人物の1人です。彼は、 BusinessWeek で「 Top 25 Managers」の一人として認められ、 Computer Business Review では「Ten Most Influential People in High Technology」に選ばれ、NetwordWorld では「Fifty Most Powerful People in Networking」に選ばれています。

コンウェイは社長兼CEOとして、多くのテクノロジーカンパニーを成功に導いていますが、その中の1つとして最近ではPeopleSoftが挙げられます。コンウェイはPeopleSoftに1999年に入社し、技術業界でもっとも劇的な再建を始めました。業界初のピュアインターネットアーキテクチャの開発、新たな製品および市場への展開、実行を重視する彼のビジョンによって、PeopleSoftは世界で2番目に大きなビジネスソフトウェアプロバイダーとなりました。 2002年に Fortune誌はPeopleSoftを「Second Most Admired Company」に挙げ、Forbes誌は「Five Overachieving Companies」に挙げています。

2003年6月2日に、コンウェイはJD Edwardsの買収を発表し、これにより、PeopleSoftは世界150カ国に12,000人の顧客を持つ29億ドルの会社となり、企業再編の波を引き起こしました。その4日後、PoepleSoft自身、Oracle Corporationの買収対象となり、長い敵対的な買収の歴史が始まりました。18ヶ月後、PeopleSoftは103億ドルで売却されました。これは、Oracleの当初のオファーより40億ドル近く高く、コンウェイがCEOとして引き継いだ時よりも70億ドル以上高い価格でした。

コンウェイは、TGV Software、One Touch Systems、PeopleSoftの社長兼 CEO の職務に就いています。また、Oracle Corporationの副社長など、大手テクノロジー企業で幹部職に就いています。