サンフォード・ロバートソンは、1960年代後半、West Coast technology banking as an industryを設立し、現在業界で最も著名な参加者の1人となっています。後にMontgomery Securitiesとなる会社を設立する前は、Smith Barneyの副社長兼役員でした。1978年には、IPO、合併、買収の最も重要な引受会社の1つ、Robertson, Stephens & Coを設立しました。1998年にその会社を売却した後、世界最大の技術分野対象のプライベート・エクイティ・ファンドであるFrancisco Partnersを設立しました。ロバートソンは、m m 3Com (NASDAQ: COMS)、America Online (NYSE:AOL)、Applied Materials (NASDAQ: AMAT)、Ascend, Dell Computer (NASDAQ: DELL)、E*Trade (NYSE: ET)、Siebel、Sun (NASDAQ: SUNW)など、急 成長を遂げている500社以上のテクノロジーカンパニーの財務に深く関与しています。また、Dolby Laboratories、Pain Therapeutics (NASDAQ: PTIE)、S chwab Fund for Charitable Givingの取締役、University of Michiganの学長理事となっています。