バーナード・J・タイソンは、Kaiser Foundation Health Plan, Inc. and Hospitals(別称 Kaiser Permanente)の会長兼 CEO です。Kaiser Permanente は米国有数の先進的な総合医療機関で、非営利の医療保険による事業収益は年間 650 億ドル、8 つの州とワシントン D.C. に約 1,200 万人の加入者がいます。 Kaiser Permanente 在職 33 年の間に病院管理者や部門長、オークランド地域担当組織のプレジデント兼 COO などさまざまな役職を務め、 米国および世界での健康・医療事業への取り組みに影響を及ぼしてきました。 彼によるテクノロジー導入の推進が Kaiser Permanente でのイノベーション加速と患者の医療体験向上を促し、医療の公平性や、手頃な費用で利用しやすく質の高い医療の実現に役立っています。
2017 年には、TIME 誌の「世界で最も影響力のある 100 人」の 1 人に選ばれ、 Modern Healthcare 誌による医療機関の役員を対象としたランキングでは 4 年連続で第 1 位に選ばれています。 America's Health Insurance Plans と International Federation of Health Plans の副会長、World Economic Forum の Global Challenge on the Future of Health のスチュワードも兼務。 American Heart Association の理事でもあり、Bay Area Council(サンフランシスコ湾岸地域の経済発展と生活の質向上を推進しているビジネス主導型の公共政策提言組織)のチェアマンとしても活躍しています。